FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての女王様   顔面騎乗

クリスマスパーティーの時にお会いした楓様との時間。SMの経験は少ないとのこと。
「ちゃんと導いてさしあげるのよ。」
ママから念を押され、一人ホテルへ。テーブルにいくつかの調教グッズを並べ、全裸になり待つと、ほどなくノックの音。玄関先に土下座してお迎えする。
いきなりの全裸の土下座男に、少し足をひかれたが、すぐに入室された。
「御主人様、先日はパーティーにお越しいただきありがとうございました。あわせて、ご指名ありがとうございます。お相手をさせていただきます薫です。本日はお楽しみくださいませ。」
あらためて挨拶をする。
「よろしく・・ね。このすごいことが書いてある名刺の人」
楓様は名刺を取り出され、あらためて目を通された。
「はい」
「あまり経験がないから、よろしく」
「はい 承っております。」
楓様に従い、部屋の中に入り、ソファに座ろうとする楓様に声をかけた。
「人間椅子におかけになりませんか」
「人間椅子?座ってみようかな」
「お命じください」
楓様は命令口調で言われた。
「人間椅子になりなさい」
「かしこまりました」
そこで四つん這いになる。
「重いよ」
背中に楓様が腰掛ける。
「タバコ吸ってもいい?」
「もちろんです。どうぞ」
テーブルの灰皿を背中におかれ、タバコ火をつけられた。
足を組まれ、ゆっくりと煙草を吸われる。
「貴方も、もとからマゾ?」
「もとからというか、女性にお仕えする事に、喜びを感じるよう躾られました。」
「ということは、Sの経験もあり」
「はい、ございます」
「私は元々Mだったけど・・・だんだん、女王様になりたい願望が強くなって」
「そうなんですね。」
「今日が女王様デビュー」
「光栄です。女王様の恰好がご希望と伺ってます。ご用意がございます。お着替えされますか?」
「手伝って」
「かしこまりました」
立ち上がり、楓様の後ろから脱衣を手伝う。
洋服を脱いでいただいて、ハンガーに掛ける。
白いブラのホックをはずし、腕から抜き取る。胸を隠す楓様。
後ろからスカートを下し、ストッキングを丁寧に脱いでいただき、お揃いのパンティをおろす。
大きな白いお尻が目の前に現れる。
黒いボンデージのボディスーツを、足元から吐いていただき、腕を通していただく。
前のファスナーはご自分であげられて、お着替え完了。
豊満な体が、ボディスーツに覆われて、きれいに盛り上がっている。
「人間椅子、他のイスある?」
「もちろんです。ソファがございます」
床に横になり、ひざを曲げた体の上に手で示しながら、
「ご主人様 足を背もたれにして、顔の上に足を置いてください。全身を預けて。おくつろぎください。」
「えーっ」
驚きながらも、うれしそうに体を乗せてこられる。
「重いでしょ」
「いいえ全然、どうぞ足を延ばしてください。顔の上に」
顔に足を置くのは少しためらわれたが、それでも足裏を乗せていただいた。
「臭いよ」
「いえ、いい香りしかしません。ありがとうございます」
「わりと良い座り心地。あったかいし、やわらかいのがいい。それからどうしたらいい?」
顔面騎乗されますか?」
「ええっ それはまだちょっと恥ずかしいかな」
「それでは、その一歩手前まで。」
「一歩手前?」
「はい 胸に座って太ももで顔を挟むようにするんですが・・・」
「胸に座って、太ももで顔を挟む」
楓様が体を起こし、胸にお尻をずらし、両太ももを耳の横にして正座する。
完全に顔を合わせられる状態になる。
「こうなると、主従の関係がはっきりする体勢かと」
「わかる気がする。なんか乗ってる感じがはっきりして、私が上って気がする。これいい!」
「ありがとうございます。ご主人様本日の調教をお決めください」
両足が開き気味なので、圧迫感が物足りないが、支配されている感じは十分にある。
「じゃあ、したかったこと言うね」
楓様は道具を見ながら、思い切ったように言われた。
「犬みたいに連れて歩きたい。縛ってみたい。それと鞭 使ってみたい。この間のパーティでできなかったし・・・後あなたの得意な花瓶も」
「かしこまりました。縛れますか?」
「この間のパーティで、縛られていたやつ。ママに教えてもらったから」
「それでは、奴隷を縛って逃げられなくして、鞭、最後に花瓶という流れでいかがですか。」
「その順番でいい。」
喜ばれた様子で、その場で少し身体を揺すられる。
「このまま少し前に行くと、口がふさがれるよね」
言いながら、前にずれてくる。股間が初めて口にあたり、ふさがれる。
「わあ 恥ずかしいぃ」
あまり体重をかけてこられないので、かすかに呼吸ができる。
「鼻息が生あったかい。生きてる椅子って感じね。これで体重かけるのはあり?」
首をかすかに動かし、うなずく。
前後に身体を揺すられながら、ベストポジションを探すように少しずつ前に動かれる。
口が塞がれ、だんだん息が苦しくなる。かろうじてできる鼻で荒い息使いをする。
「熱い 熱い息がかかるわ。苦しい?」
首を横に動かす。もう少し我慢できる。
「まだ大丈夫そう?そろそろやばいかな。向きかえる。」
だんだん積極的に、やりたいようにふるまい始められた楓様。
「ン…」
言葉を発する間も与えられず、ドンと顔の上にお尻を下してこられる。やわらかなお尻。
たっぷりとした肉の感触が顔を覆う。顔に重みが加わり呼吸ができなくなる。
「これだとぴったりはまるのね。」
今度は太ももで強く顔を挟まれる。
「アハッ 苦しい?でも、どいてあげない」
クスクス笑いながら言われる。
太ももで挟まれ、上から潰される。重みで頭が床に押しつけられる。
心地よい太ももとお尻で四方からの圧力により顔が全く動かせない。
それでも座られてまだ数秒、いきなりの顔面騎乗で呼吸を整える間もなかったから、早くも息苦しくなってくる。
「熱い 息が熱い これ生でやられたらすごい・・・  死んじゃう前に」
楓様が下りてしまわれた。
「じゃ まず この前みたいに犬の散歩」
「はい」
楓様は立ち上がられ、首輪とリードを手に取られる。
立膝でお待ちすると、楓様がかがみこまれ、甘い息を吐きかけながら首ををつけられた。
カチャッと金属の鎖のリードもつけられる。
「いこうか」
「はい」
四つん這いになり、楓様の後をついてあるく。
「わあ ドキドキする」
やわらかそうな大きなヒップをゆすりながら、楓様が前を歩く。
今日はこのお尻につかるんだなぁとぼんやり見ていた。
視線を感じたのか、楓様が振り返り、ちょっと微笑みながら
「お尻を見られのが恥ずかしいけど、それもいい刺激。こんなとこから視線感じたことがないから、ほんとすごいことしてる気になる」
楓様がだんだん饒舌になってくる。
部屋を一回りした後、強くリードを引き、もう一周。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 初女王様 顔面騎乗

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
9767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
473位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

セルフ飲精 アナル責め 奴隷宣誓 股縄 アナルチェック 吊り責め ペニス花瓶 初女王様 パーティー アナル露出 アナル花瓶 足舐め 鞭打ち 聖水 口枷 フェラ 女装メイド 羞恥撮影 聖水飲み 舌奉仕 アナルビーズ 野外女装 調教 逆さ吊り 格闘技 ペニバンファック 顔面騎乗 奴隷紹介 ディルド 見せつけオナニー ペニス飾り アナルバイブ アナル指姦 顔面踏みつけ 異物挿入 言葉責め オナニー命令 オナニー鑑賞 女装外出  クンニ 洗濯バサミ 人間花瓶 股縄歩き 晒し者 ロウソク責め 睾丸責め ペニス縄 手こき メイド服 複数プレイ 下着女装 アナル おしおき 人間椅子 パンティ 連続射精 女装 アナルオナニー 女装撮影 射精 強制射精 片足吊り 潮吹き ヒール踏みつけ お掃除フェラ 強制オナニー アナルセックス マゾ奴隷 奴隷誓約書 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。