FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての潮吹き


「…………」

体がほんのすこし前にずれて、狭い穴に入れられているような抵抗があり、
その時に目が覚めた。射精の後、少し眠ってしまったようだった。

(アナルか)

余韻に浸っている場合じゃない……と

「こっちは満足したからこんどはそっちね 経験者だからいきなりで大丈夫よね」

そう言われた時、一番狭いとこをつるんと抜け、アナルに挿入されたのがわかった。

アナルの指が抜き差しされている。

「どこがいいか教えてよ」

「どこって」

「ほら 気持ちいいとこがあるんじゃないの」

「たぶん 上のほう」

「上って奥ってこと?」

「じゃなくてお腹の方っていうか」

そう言ったとき、ミドリ様の指が“そこ”を刺激した。

「あ やばい」

「え ここ」

「ああ あ あ そこ」

体をずらして逃げてしまう。

「駄目だよ逃げちゃ」

元に戻され、再び指が入ってくる。

「このへんだったかな」

「ああ 」

「あれさっきと違う? なんかプクッとしてるよ」

「ああ あ うううぐ ぐぅ」

「ここがいいんだ 盛り上がってきた」

右足がつま先立ちになり、腰が浮く。
 
ミドリ様が股間に体を置き、両足を足の下にもぐらせている。

「今日一番したかったこと。普通のSEXするよりも、私も男性のようにチンポを持って犯したいの」

「今日が私の初体験よ 童貞をあげるんだから満足させてね」

ぐっと腰を押しつけられ、ペニバンが入ってくる。

「今どうなってる 入ってるのわかる?」

「入ってきてます。 わかります。」

「フッ」

いきなりぐんと腰を使われた。

「はぁう」

多分それほど太くはないペニバン 受け入れるのに難はない。

それでも深いとこにつきいれられると腸壁をこする感じが痛みとも快いともいえぬ感覚を与えてくる。

何度か腰を引き突きいれピストン運動がされる。

ペニスの奥、下半身の深い所に快感の塊がたまっていく。

「ふふ ちゃんと大きくなってくるのね」

ミドリ様がペニスを握りしごき始めた。

逝った後のペニスにはまだ刺激が強すぎる。

「あ まって まだ 痛い」

「なによ 大きくしといて 」

こちらの声など斟酌してはもらえない。

腰がリズミカルに動き、ペニスのしごきも連動するように一定の動きを繰り返している。

「ああ うう ああ ああ ああ」

「ペニバンが引き抜かれるとき、肛門がめくれ上がってきて超エロイ」

2度も射精しているので、そんなに簡単に逝ける感じはしない。

グチュグチュグチュグチュ

それでも淡々と手こきが繰り返されると、快感が高まってくる。

グチュグチュグチュグチュ

「ああ はぁ はぁ ああ う お はぁ~ 」

腰が動き始めてしまう。

両足を高く抱え込まれ、もはや逃げることも避けることもできないような体勢になる。

「ほら カチカチになってきた 逝くときは言ってね」

「あ はい 逝きそうです。」

「もう逝くの いいわよ 逝かせてくださいってお願いして」

「あぁ ミドリ様逝かせてください」

「いいわ 逝きなさい」

ミドリ様が一気にはやく激しく手を動かしてきた。

「あ あ く ぐ あ 逝く く」

3度目の射精。

「ほうぅ でたぁ 意外とまだ出るわね」

そう言いながらミドリ様の手は止まらない。

「あ もう いや だめ 止めてください」

体をよじらせ逃げようとするがうまくいかない。

「なに 逃げようとしてんのよ まだまだ逝くのよ」

「え く あ もう無理です 無理です」

「無理じゃないの まだ逝けるわよ」

「へ あ く あ お おう」

体が意思ではなく、快感と苦痛に支配されて動く。

右に左に体をひねらすが、ペニバンは抜けても、手からは全く逃れられる感じがしない。

手が、ミドリ様の手を止めようしても拘束されていて、とても届くものじゃない。

肩をあげ体を起こそうとしても、無理。

体が飛びはねなんとか逃げだそうとする。

「わぁ すごい暴れよう ふふふ もっともっと悶えなさい」

「ああ あ もう 許してください は はぁ」

「だめって言ってるでしょ」

「もう無理です 無理です あ 痛い 苦しい」

もはやペニスがどういじられているのか全く分からない。

ただただ 鬼頭と尿道口に痛みと快感がある。

「うぐ う あ お願い もう 許して」

「もう許してって 女の子みたい」

「はぁ あ うぐ ぐ」

「もっと女の子みたいに言ってみてよ」

「へ あ もうお願い 許して 許して」

「あはは いい感じ もっと悶えて もっとかわいく言ってよ」

体はもうどう動いているのか自分でもよくわからない。

何を言っているのかもよくわからなくなてきた。

「あう あ うぐ ふう うう あ」

「あらあ ますます女の子みたいに高い声になっちゃって」

「あ あ ぐぐ ぐう いぐぅ」

「あら 逝けそうじゃない」

そういいながら手は止まらない。

「ひぃ~ お願い もう止めて もう止めてください もう無理です」

ミドリ様は何も答えず、手が動く。

「はああああ」

大きく腰がはね、チングリ返しに近い体勢になった。

体勢が横向きになり、ミドリ様の手から一回逃れられた。

それでもすぐに元に戻され、またしごかれ始める。

「ああああ もう止めて 止めて お願い お願い もういや もういや お願い」

「あと一回 あと一回だけ逝ってごらん そしたら止めてあげる」

「もう無理です 無理です は は は ああ あぐう」

ひたすらな手こきの刺激から逃れたくて、必死に腰を動かす。

前後に振れる動きがペニスへの刺激と相まって、何かが出そうな感覚があり

「だめだめなんか 漏れそう!むりむり!」

「だーめ」

ミドリ様は、手の動きを止めてくれない。

射精時以上の快感があり、全身に鳥肌が立ち、体全体がゾクゾクして頭が真っ白になる。

「いく時はいくって言うのよ」

体のあちこちに力が入り、それが下半身に伝わっていく、両足が激しく痙攣して、突っ張ってしまう。

ペニスは、敏感過ぎで触って欲しいような触って欲しくないような感覚が続いてくる。

催した感じになってくる。

気持ちよすぎて意識が薄くなり、ただ際限なく気持ちよくなりそうな恐怖感がわいてくる。

「あ あ あ こわい あ 気持ちいい あぐ ぐ」

「怖いって処女みたいにはじめてってわけじゃないしょ」

「こんなの は じ めて うっ ぐ っつ」

「はじめてなんだ 初めての喜びってうれしいでしょ」

「あ あは はっ  はっ うれし っつ」

「もう声も出ないか いいよ 集中して悶えてよ もっと淫らにすごいとこ見せて 大きな声出して」

射精後の敏感になった亀頭を無理矢理撫でつけられ、かなり強引な激しすぎる快感。

「ああ あ あ はあ はあ ああ」

耐えているというより、ただただ高められている。

「ぐうぅう ああ もういや いや だめ だめ」

「う ふ は はあ はっ はっ はっ」

快感より、もう苦痛に近い刺激、どこまで高められるかわからない恐怖。

「あ 出ちゃう 出ちゃう 出ちゃう あああああ」

ぴょっとなんかあったかいさらさらの液体が吹き出てくる。

「でた」

一気に鬼頭に強い刺激を与えられた。

ビシャァッーと音がして、体に生温かいしずくが飛び、

股間におもらしをした時の感覚がくる。

「わぁ すごい なにこれ しっこしちゃったみたい」

ミドリ様が驚いている。

「先っぽから 精子と違うサラサラした感じ」

快感よりも、お漏らしをしたような恥ずかしさがあった。

とその後に途轍もない疲労感が襲ってくる。

「出るときうわあああああああああって叫んじゃったね」

「あ はい」

「気持ちよかったの」

「はい すごく」

「いっぱい吹きかけられたんだけど」

「はぁ はぁ すいません はあぁ」

「私もかけるから 少し出るわ」

ミドリ様が顔にまたがってきた。

「口あけて」

言われたまま口を開けて待つ。

生臭いような匂いがしたかと思うとビュッと聖水が口に入ってきた。

すぐにジョジョジョと続き降り注がれた。

さっきまで大声をあげて喘いで乾いていた喉には、ほんとに渇きをいやす聖水に思えた。

口を閉じるのが惜しく感じるほど、おいしささえ感じながら2度3度飲み込んでいた。

口の周りのしずくも舌で拭いとっていく。

「ふふ 全部舐めとってるの そんなにおいしかったの」

「はい とても」

「変態」

ミドリ様の遠ざかる音がする。

ぐったりして動けない、両手を広げていることすらきついような疲労感があった。




「おい 大丈夫か」

男の声がした。

「あ はい」

いつの間にか手かせは取られている。

すぐに立てない。体を回しうつ伏せから、ベッドの高さを利用し、何とか立ち上がる。

腰に力が入らず、けだるい倦怠感が全身を覆う。

「ひどくやられたみたいだな」

「ああ 参ったよ」

「待ってるからシャワー浴びてこいよ」

「ああ 悪い」

シャワーを浴びながら、今まで体験した事のない気持ち良さを、女性の絶頂感に近いように感じた。

以前お店でサトシに犯されて感じたことを思い出し、だんだん女性のようにされることを求める自分を自覚してしまった。





SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 連続射精 潮吹き

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
13362位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
608位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

アナルオナニー ペニス花瓶 羞恥撮影 アナルセックス ロウソク責め アナル花瓶 ヒール踏みつけ 人間椅子 アナル 睾丸責め 強制オナニー フェラ 顔面騎乗  射精 アナル露出 連続射精 オナニー命令 パンティ 女装 片足吊り 晒し者 格闘技 口枷 奴隷宣誓 鞭打ち 女装メイド 足舐め 異物挿入 下着女装 女装撮影 ペニス飾り おしおき パーティー お掃除フェラ 野外女装 ディルド 手こき オナニー鑑賞 聖水飲み 言葉責め 聖水 複数プレイ 逆さ吊り 奴隷誓約書 奴隷紹介 メイド服 アナル責め 人間花瓶 強制射精 ペニス縄 女装外出 アナルビーズ 股縄 洗濯バサミ 調教 初女王様 顔面踏みつけ アナルチェック マゾ奴隷 潮吹き アナル指姦 ペニバンファック アナルバイブ クンニ 見せつけオナニー 吊り責め 股縄歩き セルフ飲精 舌奉仕 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。