FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制射精

今度はミドリ様の全身が乗ってきた。

うつ伏せになった股間は、顎に押し付けられ、舌の奉仕を求めるように、動かないでいる。

首を曲げ、精一杯舌を伸ばし、柔らかい、肉ひだに分け入ろうとしてみるが、十分に届かない。

とにかく届く範囲だけに舌を使う。

見えていれば目の前に、割れ目が広がっているのだろうが・・・

ミドリ様は、右手でゆっくりとペニスの裏側を撫で上げ、左手で玉袋をゆすっている。

「ふふ 私のちんぽ」

そういうと口にくわえてきた。

ズリュッといきなり唾液たっぷりな音がする。

体を預けられ、重みと柔らかい胸の感触と温かみが興奮を促してくる。

「あぁ ひさしぶり ほしかった あぁ おいしい 久しぶりすぎてドキドキする。」

さっきの店でのこともあり、咥えられグングンと硬さを増す。

「うふぅ 硬くなってきた。うれしいぃ」

ミドリ様のうれしそうな声がする。

左手をベッドについて、何度もなめまわしながら

ズリュ チュッッポ グチュグチュっと様々な音を立てながらペニスがしゃぶられる。

「これこれこういうの 久しぶりぃ おいしい」

右手でペニスを持ち、口が何度も上下に動く。

もはやミドリ様の股間は顔から離れている。

できることもなく、ただ舐められるに任せるしかなくなってくる。

口が離れ、手のひらでペニス全体をなでまわし、頬ずりをしているような柔らかな肌の感触。

硬い舌がペニスの右横左横を這っていき、張ったカリの下を舐め回し、

ペニスの先をチロチロと舐めていく。

ブジュボッと吸い取るような音がする。

「我慢汁もおいしい こんなのほしかったぁ、毎日しゃぶりたい。」

69の体勢でしばらくペニスをしゃぶった後、

ミドリ様が体から降り、足の間にポジションを変えた。

右手でペニス持ち上げ、玉袋から舌を這わせてきた。

べっとりとした感触の後、右の玉、左の玉と口に含むような勢いで、吸いつかれ鈍痛がくる。

「玉玉もおいしい ああ ほしい わたしのものにしたい ああ 食べちゃいたい 
ああ おいしい」

先ほどのクンニでいってしまったせいか、箍が外れたように、いやらしい言葉を吐きながら、玉に吸い付いてくる。

いったん体が離れると足枷がとられた。

ぐいと両足を持ち上げられると、再び玉袋の下から真ん中をなぞる様に舌が通って行く。

股間の真下から袋まで指で摩りながら、ペニスを根元からカリまで舐め上げた。

そのまま上にくるかと思ったら、アナルに舌を這わせてきた。

アナルをぺロぺロとなめてくる。

アナルの口襞の感触を確かめるように、舌の裏表がはっきりとそれを弾くようになめあげる。

右手がペニスを掴むと、口はアナルから会陰をとおり。

ブゥッ ブシュッ

再び袋ごと吸いつかれ、玉に鈍い痛みが来る。

そのまま玉が持ち上げられるような感触があり、

ジュルジュルジュル ジュポン

と音とともに解放される。

2度3度同じような玉への吸付きが繰り返される。

そこからぐるぐると舐めまわされペニスの先まで舌が上がってくる。

一気に口の中に銜え込む。

ブチュ ブチュっと鬼頭が唇に吸い込まれる。

「やっぱがまんできない こっちがいい 私のちんぽ あぁ 太い 硬い 私の」

「全部舐めたい 全部舐めるの 」

右手がその硬さと大きさを逃さないように根元を押さえつけ、口がゆっくり深く銜え込んでくる。

ジュルジュル ジュゥ~

亀頭が口の最奥に当たり、温かい壁を感じる。

(気持ちいい)

動き続け舌がその感触を楽しむように全部を舐めまわしてくる。

風俗でのフェラのようにいかせようとする一辺倒なそれではなく、

ミドリ様が本当に好き勝手に楽しむフェラチオが長く続く。

ジュポ ジュポ ブッ ブッ

とペニスから玉の先アナル方へも唾液が垂れてくる様なフェラ。

手が離れ、再び口だけが玉を含み持ち上げ離す。

ペニスを深く銜えジュルジュルと音を立てて吸われている。

手が離れたので、勃起状態が維持できなくなる。

それでももはやお構いなしに、玉にペニスにジュルジュルと吸付き、

口に含むような行為が続く。

両手が拘束されていなければ、頭を押さえつけ、腰を振りたい衝動に駆られる。

ペニスを銜えられるとき、その動きに合わせて腰を浮かせて見る。

ミドリ様の両手が腰に周り抱え込むように、少し浮いた位置が維持される。

そのまま、また深く銜え込まれ、口の際奥への感触がくる。

お尻の穴にクンと力が入り、その力がペニスに伝わると再び勃起していく。

口に中で舌が、裏筋を刺激する。

「あぁ ミドリ様 もういっちゃいます いっちゃいます」

「いいよ いって いって 全部飲んであげるから」

そう言われるといそう激しく口が動いた。

手が再び、ペニスの根元を押さえつけ、強く押さえつけ硬く高く立つペニスを絞り出す。

「うあ あ いきます」

グウンと腰を浮かすと玉のほうから一気にペニスの先に紐が抜かれるような流れを感じ、

そのままペニスの先に放出させた。

「うぐう」

ミドリ様は一気に口を深くにペニス押し込みまるで一滴ももらすまいとするように

ペニスの根元から絞り出すように口と手を動かすとクチュウと先を絞りだす。

いったん口を離し、ペニスを口に含み残ったザーメンを絞りとられる。

ドンと顔の横に手をつき、熱い息とともにキスされてきた。

苦いザーメンが口移しに唇に舌に塗りこまれてきた

瞬間いやな感じがしたが、何とか受け入れ、されるがままに舌を動かし、

ミドリ様の甘い唾液と苦い自らのザーメンをなめ取った。

「あぁ おいしかった いっぱい出したね 一気に飲んじゃった あんた平気なんだ 自分のザーメンでも」

「一応調教されてますから」

「苦いでしょ」

「そうですね」

「ふふ」

ミドリ様が、口の周りを何度も舐めまわし、舌を絡め、まるで渡したザーメンがもったいなかったかのように、舌で拭い取っていった。





SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 強制射精

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
13362位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
608位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

アナルオナニー ペニス花瓶 羞恥撮影 アナルセックス ロウソク責め アナル花瓶 ヒール踏みつけ 人間椅子 アナル 睾丸責め 強制オナニー フェラ 顔面騎乗  射精 アナル露出 連続射精 オナニー命令 パンティ 女装 片足吊り 晒し者 格闘技 口枷 奴隷宣誓 鞭打ち 女装メイド 足舐め 異物挿入 下着女装 女装撮影 ペニス飾り おしおき パーティー お掃除フェラ 野外女装 ディルド 手こき オナニー鑑賞 聖水飲み 言葉責め 聖水 複数プレイ 逆さ吊り 奴隷誓約書 奴隷紹介 メイド服 アナル責め 人間花瓶 強制射精 ペニス縄 女装外出 アナルビーズ 股縄 洗濯バサミ 調教 初女王様 顔面踏みつけ アナルチェック マゾ奴隷 潮吹き アナル指姦 ペニバンファック アナルバイブ クンニ 見せつけオナニー 吊り責め 股縄歩き セルフ飲精 舌奉仕 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。