FC2ブログ

足舐め


「わたしをきれいにするのはあなたよ」
シャワーから戻ると、ベッドに横倒しにされ、マヒル様に見下ろされる。
「ほら」
ぐりぐりと親指の下の拇指球を使って口を踏まれ、閉じた唇が押し開かれる。鼻は足の親指で踏みつぶされた。
「ほら、早く舐めなさい」
返事をする代わりに口をあけると、親指から突っ込まれた。

DSC_1036.jpg
DSC_1035.jpg
DSC_1034.jpg
改めて嗅ぐとかすかにツンとした刺激臭が鼻に広がる。しかし嫌悪感を超えて、嬉しく思いながらその指を口に含んだ。
「ん、んちゅっ ちゅッ、んふ、むぐっ んっ」
 一本一本を丁寧に。指と指のすき間まで入念に舐め挙げていく。時折ぐいぐいとマヒル様の指が舌の上で暴れ、唇の端を挟んだりと戯れ、口が支配されていく悦びに気持ちが高まる。
DSC_1037.jpg
次に足の裏を舐める。唇をあて、舌で舐め取るように、奴隷らしく舌を這わせる。下から足を見上げて舐めているので、マヒル様と目が合ってしまった。微笑、その被支配感にが震えた。
「ふふ、よくできました。今度は反対の足ね」
片足を舐め終えると、マヒル様がよしよしと舐め終えた左足で頭を踏みつぶす。
(もう少し強く踏んでもらたい)
マヒル様が体の上に乗ってきて、右足を顔の上に投げ出される。
同じように足裏に舌を這わせる。指間も残さず、一本ずつ丁寧に。
DSC_1017.jpgDSC_1018.jpg
DSC_1016.jpg
DSC_1019.jpg
DSC_1021.jpg
「さっきここは掃除してもらったかしら」
左足のかかとから土ふまずを上下され、キチンと拭き掃除をさせていただく。

DSC_1022.jpg
DSC_1023.jpg
DSC_1024.jpg
DSC_1025.jpg
DSC_1026.jpg
両足の裏で顔をいじられ、頬を挟まれ、左足先で器用に口を開けられ、右足を突っ込まれる。
足が顔から離れたかと思うと、左右交互に蹴られるように足の甲で振られる。
右足が顔に沿って上がってくると、閉じた目をグリグリと押さえつけてくる。
続いて左足、右足が頭を押さえ同じように目の上に。
両足の裏で顔の両側を挟まれると、マヒル様の体が前にずれてくる。
「薫の舌なかなか気持ちいいわ。この辺もやって頂戴」
ふくらはぎを顔の上に置かれる。
やわらかな肉が心地よく舌を跳ね返してくる。
DSC_1030.jpg
「私の足であなたの舌が掃除していないところがないように全部きれにして頂戴ね」

DSC_1029.jpg
ひざの裏。
DSC_1028.jpg
太もも。
DSC_1031.jpg
両足を全部、味あわせていただいた。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 足舐め

アナル責め   アナルビーズ アナルディルド

マヒル様がポジションを変える。手袋をして、指にローションをたっぷり塗った。
予告も躊躇もなく、お尻の穴に指を突っ込みほぐし始めた。
「うっ」
グチュグチュグチュグチュ
言葉もなく、右に左に上に下に指が動く。
冷たかった手袋が、すぐに温かく心地良い刺激を与えてくる。
直線的な動きから、ゆっくり円を描きながら指がアナルのすぐ裏側をなぞっていく。
お腹側にとまった指が、何かを探るように裏側をほじり始める。
「どのくらい入っているかわかる?」
「あっ けっこうしっかりと・・・」
「まだ、ほんの入り口よ。しっかりっていうのは」
指が腸壁を擦りながら深く入ってきて、他の指がお尻に当たる。
「こういうことよ」
「ああ はい わかりました」
深く入った指が、出て行こうとしては止まり、また入ってくる。
「あああ」
何度も往復をされる。
「ああああ ああ あ」
「大きな声 そんなに気持ちいいの?」
「あああ はい すごく気持ちいいですぅ」
指の動きが速くなる。
「あああ あああ あ あああ ああ あっ」
だんだんどうなっているのか分からなくなる。
DSC_1055.jpgDSC_1053-1.jpg
ふいに指が抜かれる。
「だいぶやわらかくなったから、もう大丈夫よね。今度はこれね。」
黒いアナルビーズを見せつけられる。
「全部入っちゃうかなぁ。まずは細いほうから。数えて」
「ひとつ、ふたつ」
クリンクリンとアナルを超えて丸い球が入ってくる。
「よっつ、いつつ」
DSC_1057.jpg
DSC_1058.jpg
「ここまでは余裕ね。ここから大きくなるわよ」
「むっつ」
「あら これも余裕ね」
「ななつ、やっつ」
「あらあら全部入っちゃいそうね」
「とう」
「全部入ちゃった」
マヒル様は少しわざとらしく驚いたように言うと、
「えい」
一気に全部を引き抜いた。
「うぁっ」
瞬時の快感がアナルの内側にはしる。
「どう?」
「はい すごい感じました」
「そう じゃもう一度」
今度は大きいほうから、さっきよりも早いペースで入れられると、再び一気に引き抜かれる。
「はぐうぅ う」
腰が跳ね、太ももに快感のしびれがはしる。
「あ 面白い もう一回」
三度目の挿入、そして引き抜き。
「は ぐぐう」
またも腰を突き上げ、ぴくぴくと太ももが痙攣する。
「なかなかいい反応するじゃない。楽しいわ。もっと太いの入れたら、どうなるかしら」
白いきれいな形のディルド。ローションでぬらりと光っている。
先端はゆで卵のように楕円で、竿は波打っている。
アナルの入り口に先端が触れる。
そのままくるくると愛撫されると、もどかしいような感触で腰が動く。
「欲しがるわねぇ」
弄ぶようにアナルを刺激した後、
「あ、んぁ、あぁ……」
グプ、と卑猥な音を立てて、アナルにディルドが挿入される。
アナルの入り口が、押し広げられ、戻りまた広がり波の一つ一つを越えていく。
「入る 入る」
「いたっ」
アナルの奥に棒の先っぽが当たった時、はじめて痛みを感じた。
「ここが限界 でもほとんど全部入ってるわね」
たぶん少し向きを探ってもらえたらもう少し・・・そんなことをふと思うが、痛みが口に出させなかった。
DSC_1054.jpg
アナルに嵌まったディルドが前後に動き出して、腰がびくんと跳ねる。
引かれるときは波がちょうどアナルをめくりあげて抜けていく快感。
突かれる時は、丸い球が腸壁をすり、過敏になった腸内をグチュグチュと蹂躙していく。
どこも拘束されていないので、逃げ出せるのだがそうしたくない。
それだけにもどかしいような快楽が、アナルから太ももへ、そして足先へ伝わっていく。
中を押し拡げるディルドの形と大きさを感じながら、ぎゅんぎゅんと締め付けてしまう。
「そんなに締め付けたら、動かせないじゃない」
マヒル様の楽しげな苦情。
「あ 、すいません。でも気持ちよくて!」
「気持ちよくて?」
「気持ちよくって、締まっちゃいます。ごめんなさいぃ」
「そんなに気持ちいいの。それじゃあ仕方ないわね」
冷たいローションが垂らされる。一層ヌルヌルになったディルドとアナルは摩擦が減り、締め付けができなくなる。
「さあ もっと激しくいくわよ」
ディルドの激しい突き上げが始まる。
何度も何度も、入り口付近までズルルルッと引き抜かれたかと思うと、直後に奥深くまでズリュウと突かれ、またすぐに内壁をズルズルと擦られながら引き抜かれる。
「あああああ」
時折前立腺を擦り上げられ、絶叫。
「すごい 叫ぶ 叫ぶ」
結腸の入り口に太いカリを突き込まれる。
強制的に快感を与えられ、そこから降りられないというのに、射精は出来そうもない。
快楽のレベルの針は振り切れそうになるが、臨界点で止まったまま、振り切る事は出来ない。
そのままの状態で、再び延々と刺激が続いた。叫び続けてノドも枯れ初めていた。
DSC_1056.jpg

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : アナル責め アナルビーズ アナルバイブ 異物挿入

ペニバンファック

「それじゃあ 薫をいただこうかな。こんな細いので満足してもらえるかな」
ペニバンを付けたマヒル様が、乗ってきた。そして顔に赤いペニバンを押し付けてくる。
ジンジンとしたアナルを感じながら、ペニバンを口に含む。
DSC_1061.jpg
DSC_1060.jpg
DSC_1059.jpg
DSC_1063.jpg
DSC_1064.jpg
「体勢を変えて。バックでやられるのが好きなんでしょ。薫の好きな体位で犯ってあげるわ。お尻をこちらに向けなさい」
マヒル様に言われるままに、ペニパンから舌を離し、ゆっくりと体を回しマヒル様にお尻を向け、四つん這いになる。
「もっと、お尻を浮かせて」
「はい」
お尻を上に…
「そうそう。さあ 穴はどこかなぁ」
「うっ、あっ」
マヒル様の指が、いやらしくお尻の穴を撫で回す。
自然に声を出してしまう。そして、全身から力が抜けていく
「あらっ、そんなに気持ちいいのかしら。ほらっ、ちゃんと何をされてるか見なさい」
「あっはい」
両腕の間から顔を後ろに向ける。
「ふふっ」
マヒル様と目が合い、少し微笑んだと思った瞬間、指がお尻の穴に入った。
グニュグチュ
DSC_1045.jpg
DSC_1046.jpg
「あはぁ うん」
大きな声を出した。
「ははっ、薫のお尻の穴が私の指を飲み込んでいくわ」
大きな声を出し、息を大きく吸ったり吐いたりすればするほど、お尻の穴の筋肉が緩み、結果的にマヒル様の指を自ら飲み込むことになる。
マヒル様はゆっくり指を、呼吸に合わせるかのように、お尻の穴から出したり入れたりした。
さっき散々広げられた穴には、もう物足りない細い刺激。それでもマヒル様の体温と柔らかさが、さっきの激しい硬い刺激の逆となり、緩やかに穏やかな快感を与えてくれる。
「もう、いいかしら いれてほしい?」
マヒル様はそう言うと、再び目を合わせてきた。
「あ はい 入れてください。マヒル様のおちんちんをください」
「言う言う いやらしいさ全開ね」
その通りだった。今までにないくらい、羞恥もなにも通り越した素直というより、性欲に正直な自分を出していた。
「薫 入れるわよ」
「は、はい」
マヒル様に腰を手で押さえられる。
「んっ」
お尻の入口に、ペニバンがあたる。
「んっ」
DSC_1053.jpg
クチュ グチュウ
「あんううっん」
ペニバンがお尻の穴の中に入ってきた。止まることなく、ゆっくりとさらに奥の方まで入ってくる。
最奥まで入った後、ゆっくりと引き抜かれていく。
「すっごい吸いついて、穴がめくれ上がってるわよ。いやらしい。」
またゆっくりと入ってくる。
柔らかいシリコンの先端が穴を広げ、襞を掻き分けてペニバンが入ってくる。さっきものよりも細いから、痛みもないし圧迫感もない。むしろ少し物足りないような気さえする。
それだけにしっかり咥えようとしていることに気がつく。
「すっごい今度は飲み込んでく。自分からどんどん受け入れていくじゃない。薫のお尻の穴が、おまんこになっちゃうのね。」
DSC_1050.jpg
DSC_1066.jpg
「ほら、何をされてるか、実況中継しなさい」
「はいっ。お尻を突き出して、腰をマヒル様に持たれ、マヒル様のおちんちんで犯されてます」
「薫のおまんこはどうなってるの」
「おまんこの中の奥まで、おちんちんが入って、クチャクチャっていやらしい音をたてて、感じてます」
「クリはどうなってるの」
クリから、透明な汁が糸を引いて、垂れていた。
その透明な糸は、球を作り垂れてきて、腰を振るたびに揺れ、切れて落ち、また垂れている。
「薫 クリからお汁が糸引いて垂れてます。垂れて揺れて落ちてまた垂れてきてます。」
「恥ずかしい子。薫、感じてるなら、もっと可愛い声出しなさい。女の子なんでしょ」
お尻を叩かれる。
「ああ あんあん あ気持ちいい もっと もっと奥までください」
「奥までガンガン入れてあげる。薫 さっきみたいに、狂って見せて」
「あ~ん、あっ、あっ、もっともっと下さい。ああ気持ちい」
「いいわよぉ。もっと楽しみなさいよ。入れてほしかったんでしょ」
「ああ~ あ あ」
「ほら、もっといやらしく腰を振りなさいっ!自分から私のペニスを奥まで突きなさいよぉ」
「は、はい」
自分でも腰を後ろや前に動かしマヒル様のペニスを出し入れした。
もう、自分の意志なんかない。ただ、ただ、身体が勝手に動いている。
DSC_1051.jpg
DSC_1068.jpg
どんどんマヒル様の腰の振りが早くなる。グッチュグッチュグッチュグッチュ
音に合わせて、自然に腰を振っていた。
「あ~んっ、あっ、あっ、すごい すごい 奥まで入ってくる。気持ちいいですぅ」
「ふふっ、薫 可愛いっ」
「ああ~、あ~んっ、あ~」
恥ずかしい声を出す。それがさらに感じさせる。
「ああああ~んっ」
腰がビクンと、反応してしまう。
DSC_1069.jpg
DSC_1052.jpg
「すっかり気持ちいいの覚えちゃったね。ほら、もうこっちだけでも気持ちいい」
「ひはぁっ!あああ……っ」
腰を掴まれ、ガツガツと突き上げられる。
「あぁっ、はああ、ああ、うぁあああ……!」
もう尻以外どこも責められていないのに、快感は治まるどころか膨れ上がる一方だった。
腰が勝手に揺れ、ぎゅうぎゅうにペニバンを締め付けているのがわかる。
「はぁっ、あぁっ、あーー…っ」
ベッドのスプリングが、ギシギシと大きな音を立てている。両手でシーツを握り締めて、与えられる刺激に耐える。
激しく犯され、 羞恥も屈辱も快楽と混じりあって、わけがわからなくなっていく。
腰をつかんでいるマヒル様の小さな手が心地よく、突き上げられたときに当たる太股からも快感が伝播してくる。
浅いところを行き来していたものが、ぐっと奥まで押し込まれる。
前後の動きに、回転が加わる。
マヒル様を全部、体の中に飲み込みたいくらいの感覚になる。
このままもっと奥まで、押し広げられて入ってきてほしい。細いペニバンが物足りなくもどかしい。
(もっとあそこを満たしてほしい)
そんな思いにとらわれていく。
(中を・・・奥を・・・満たしてくれたら)
マヒル様が射精することなどあり得ない。それが切なくもどかしく。
「もっともっと突いて もっと頂戴」
めちゃくちゃに突かれて、矜持も何も吹き飛んだ。あられもなく叫ぶ。
今までで一番大きな、快楽のままの、声を上げ続ける
もう、いくこと以外何も考えられなかった。
「お尻、気持ちいぃっ、も、がまんできなっ ああ!はぁあっ、いきたい、いかせてっ、いかせてくださいぃっ」
「あぁー、すごいかわいい、最っ高っ」
息を荒げたマヒル様が、パンパンと高い音を立てて、いっそう強く腰を打ち付けてくる。
「はぁ、あぁあっ、もう、いきたい、いきたいっ ううっ、うぅ―っ もうダメぇ」
「ふふ、今、いかせてあげる」
汁をたらし続けていたものを握られた。ほんのひとこすりかふたこすり。快感が電流のように下半身に駆け巡った。
「いく、いくううぅっ、はぁあああああっ」
腰を跳ね上げ、ペニバンが抜ける。戻った腰が、がくがくと痙攣する。
「あぁあっ、はぁっ、はっ、くうっ、ふぅうっ」
「すっごい暴れようね。そんなによかったの?」
激しい絶頂の余韻に痺れて、コクコク首を振る以外、指一本動かす気にもなれなかった。まだ時折ピクッと腰が跳ねる。
「ホントの女の子みたいね」
マヒル様がお尻から足を撫でる。
「あっ」
また腰が跳ねる。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : ペニバンファック

アナル花瓶

ぐったりとベッドに横になっている。
立ち上がったマヒル様がガサガサと紙を破いている。
(花瓶か)
ぼんやりとそんなことを思う。
「さ いつまで休んでるの。犯していかしてあげたんだから、ちゃんとご挨拶して」
花束を抱えたマヒル様がベッドに上がってくる。
体を起こし、そこに正座する。
「下よ。ご主人さまと同じ所にいようっての。奴隷は下」
まだ何となくだるい体を床に下ろし、正座する。
その前に、マヒル様が大きく足を広げてベッドのわきに腰掛ける。
肩に花束を乗せている。
「本日の調教、ありがとうございました」
「それだけ?」
「マヒル様はご満足いただけましたか?」
「まあ楽しかったけどね。私はあなたの感想が聞きたいの」
「下着を買いに行って、とても恥ずかしい思いをさせていただきました。それでも興奮して・・・させていただきました。」
「うん それから」
「下着の試着では、十分にポーズも取れず申し訳ありませんでした。」
「そうねぇ。もっといやらしい写真撮れればよかったわね」
「下着も私の粗末なちんぽの汁で汚してしまい申し訳ありませんでした」
「いいわ。あれはあなたにあげる。自分の汁のしみ込んだパンツ大事にするのよ」
「はい ありがとうございます。その後、聖水をいただきとてもおいしかったです。」
「あ そうだったわね。忘れてた。おいしく飲んでくれたならうれしいわ」
「とても、おいしく頂きました。ありがとうございます。その後おみ足を掃除させていただけて、とてもうれしかったです」
「そう」
「お尻の穴を調教いただけたことは、たぶん一生忘れない出来事になりました」
「一生忘れないって・・・初めてじゃあるまいし」
「いえ こんなに気持ちよくさせていただいたのは、初めてです。あの なんていうか 女になれたような、ホントの女性とは違うんでしょうが、穴に あそこに もっと太いもので満たされたいような、奥にまで突いてほしい感覚は初めて味わいました。ありがとうございます」
「ああ そう 女の子みたいに感じてたもんね」
「はい マヒル様にお買い物に連れて行っていただいたところから、女性として扱われていたことが、関係していたのか・・・はじめて女性として受け入れられた・・・いえ犯された気分でした」
「へぇ そんな風に思ってくれてたのね。うれしいわ。それじゃあ、私からも楽しませてくれたお礼をしてあげるわ。ここにちんぐり返しの体勢になって」
マヒル様が両足の間を指差す。
頭をベッドの側面につけ、両足をあげ、マヒル様にアナルを晒す。
両足でマヒル様が支えてくださる。
「楽しかったわよ薫」
一本花を抜き取るとアナルにさしこんでくる。
「うっ ありがとうございます」
「かわいい女装姿も見せてくれたし」
次の一本
「かわいい喘ぎ声も聞かせてくれたし」
次の一本
「あっ ちょっとこっちが先がいいかな」
差し入れた花を抜き、周りの草を先に配置し再び二本差しこまれる。
「乱れに乱れた薫も見せてもらえたし」
三本目
「最後にきちんと感想も言ってもらえたし」
残った花を位置とりしながら差し入れる。
ザラザラとした茎の感触が、さっきまでのペニバンの感触を打ち消す。
それでも押し広げられるアナルの感触にまた少し、アナルからペニスに快感が伝わってくる。
DSC_1076.jpgDSC_1070.jpg
DSC_1073.jpgDSC_1074.jpg
DSC_1072.jpg
「また指名するね」
そう言い残し、マヒル様はシャワーを浴びに行かれた。
何となく、今日の余韻を味わいたく、苦しく我慢が出来なくなるまで見る人のない花瓶のままでいた。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : アナル花瓶

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
417位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

聖水 複数プレイ 女装撮影 射精 強制射精 セルフ飲精 鞭打ち オナニー命令 格闘技 初女王様 おしおき 股縄歩き 言葉責め 吊り責め ヒール踏みつけ クンニ 潮吹き 強制オナニー アナルセックス フェラ ペニス縄 アナル責め 異物挿入 調教 股縄 アナルオナニー 人間椅子 顔面踏みつけ お掃除フェラ 下着女装 見せつけオナニー 女装外出 ロウソク責め ペニス花瓶 睾丸責め 奴隷宣誓 ペニス飾り 洗濯バサミ アナルバイブ 女装  アナルビーズ 人間花瓶 パンティ 足舐め 連続射精 アナル指姦 女装メイド メイド服 逆さ吊り 奴隷紹介 アナル花瓶 マゾ奴隷 アナルチェック 口枷 顔面騎乗 手こき 晒し者 ペニバンファック 羞恥撮影 聖水飲み ディルド アナル アナル露出 パーティー オナニー鑑賞 野外女装 舌奉仕 片足吊り 奴隷誓約書 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部