FC2ブログ

緊縛ペニスを引かれて外歩き

金曜日の夜、会社を出ると指示された駅に行き、トイレで準備を始めた。

パンツを脱ぐ。

今日の調教を想像すると、ペニスが勃起してくる。

「ああ、Mになっていく」

と、自覚せざるをえない。

麻縄をペニスと玉の根元にまわし、一旦きつく縛る。

次にペニスの根元にきつく巻き付けて、ギュッと縛り上げた。

その縄先を、鬼頭の下で縛りつけ、引いてみる。

抜ける様子はない。

ペニスは、カチカチのまま緊縛状態になった。

もうひとつ、長いキャットテイルのアナルプラグをアナルにねじ込む。

あまり大きくないプラグはすんなりと収まる。

尻尾を上に持ち上げ、お尻で挟むようにする。

ズボンを履いて、ファスナーをあげ、ペニスと袋そして縄を引きずり出す。

縄をベルトの上で腰に巻き、尻尾を押さえつける。

ワイシャツを整え、上着を着ると普段の格好にペニスと袋が飛び出た異様な姿になる。

上から、ロングコートを羽織り、前のボタンをきっちり締める。

一見すれば、ごく普通のサラリーマンの姿に戻る。

準備ができたことをママに電話する。

「OK じゃ・・・」

方面と乗る位置の指定があり、電車に乗り込んだ。

平日の帰宅時間とはいっても、体が触れ合う程の混雑ではない。

座席が埋まり、吊り革につかまっている乗客は、隙間を空けて立っているくらいだった。

コートの裏地にペニスがこすれる。

サテン地が心地よい。

指示された駅で降りると、ホームの柱の陰でママが待っていた。

「こんばんわ」

「こんばんわ」

ママの手が差し出される。

「ここからですか?」

「そう」

こともなげに言われる。

電車を降りた一群が改札に向かい、人が減った瞬間をねらい。

コートの下から2番目のボタンをはずし、縄尻を引きずり出す。

尻尾の重みがアナルにくる。

「ちょっとだけ見せてよ」

コートの一番下のボタンも外し、軽く前をはだける。

むき出しのペニスと袋が冷たい外気にあたる。

誰かに見られているかもしれないと思うと、痛いほどに心臓がなる。

怖くて左右は見られない。

「これじゃあ、隠さないと歩けないね」

ホッとして、ボタンを二つ止める。

コートから異様な麻縄がでて、ママの手に握られている。

「じゃいこうか」

ママが歩きだす。

ママの右後ろをついていく。

麻縄は、ママの右手に巻かれ、出ているのは20cmほどだろうか、

周りからどう見えるのか、不安なままついていく。

階段を下りる。

歩いている時より、縄がはっきりと見えている。

周りを気にする余裕もなく、汗がふきだし、ツンツンとひかれるペニスの縄を

見ながら階段を下りる。

階段を下りるとママが手を変える。

左手で持たれたほうが、真後ろを歩ける感じになる。

そのまま改札を抜ける。

街へ出ると、再びママが持ち手を変え、少し長く縄を出して、少し手を振り始めた。

明らかに縄の存在が周りに見える。

時折、強く縄がひかれ、歩くリズムが作れず、変な動きを強いられる。

反対に歩いてくる人たちの中には、明らかに気づいている人がいる気がした。

恐る恐る顔を上げる。

こちらを全く気にせずすれ違う人、スマホをいじっている人とすれ違う時は、

どうということもないのだが、逆につまらない気がしてしまう。

気づいたようなOLや会社員には、目を伏せてしまう。

中には明らかに我々二人を避け、車道側を大きく膨らんでいく人がいる。

みっともなさ、恥ずかしさがペニスを硬くしていく。

繁華街を抜け、人通りが一気に減る。

ホテルにつく。

やっとかと思った時、フロントは今どきと思うような対面。

それもしっかりとオープンで、受付にはこんな場所には不似合いな若い女性が座っていた。

縄を見せつけるように並んでその前に立ったママは

「3時間ね お金はこっち」

と縄を持った手で、自分を指差した。

「はい 休日前なので・・・」

カバンから財布を取り出し、1万円をトレイに置く。

「おつりが・・・」

女性が睨むようにこっちをみた。

情けなさと申し訳なさと入り混じった感情に襲われた。

かぎを受け取り、エレベータに向かう。

「コートのボタン全部はずしなさい」

言われるままに、上から全部ボタンをはずし、エレベータの前に立つ。

「ちょっと後ろ向いてみ」

スーツのまま、縄でペニスと袋が縛られた姿をとさらした状態で、エレベータを背にする。

受付は見えないが、今入ってきた入口まで素通しになる。

誰も入ってきませんように、エレベータが早く来ますように

そんな願いもむなしく、若いカップルが入り口の自動ドアをくぐる。

女性がこちらに気づき、指差す。

男性が、驚いたように見て、二人が嘲笑の笑いを上げる。

続いて、風俗嬢らしい女性がはいり、すぐ後をスーツ姿の男性が入ってくる。

当然こっちに気づく。

女性は知らん顔しながらも男性に何かささやいている。

チン

やっとエレベータがあく。

「行くよ」

縄をひかれ、エレベータに入り、いつものように扉に向いて立つ。

ママは行き先階だけ押して、扉を閉めない。

さっきの若い二人がこちらに近づいてくる。

完全に目が合うと同時に扉がしまる。

「コートを脱いで、カバンも持ってあげるから四つん這いになりなさい」

カバンとコートを渡し、エレベータの中で四つん這いになる。

部屋の階につく。

ママが縄を引きながら、右に歩く。

その後ろを、ひかれながらついていく。

廊下の端までいくと、向きを変え、再びエレベータの前まで歩く。

早く部屋に入ってほしい

そう思いながら、黙って後ろをついていく。

エレベータ前でまたUターンすると今度は途中で立ち留まり、

部屋のかぎを開けた。

部屋に入り、ソファに腰掛けるママ。

「ああ面白かった かなりおどおどしてたね」

「そりゃ まぁ」

「外では10人くらい気づいてたね。明らかに避けてた人もいたもんね。気づいた?」

「ええ 気づきました」

「そこでは何人に見られた?」

「受付の子と後二組入ってきた人たちに」

「そう、このみっともない姿を見られたんだ。興奮した?」

「はいすこし」

「へぇ 露出プレイもまんざらじゃないんだ」

そう言いながらペニス縄を何度もツンツンとひいた。



DSC_0053.jpg 


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

全裸馬になって部屋を歩く


「じゃ 脱いで」

全裸になる。

ママが体を撫でまわす。

「ほんと 男にしては良い肌してるのよね。   薫 いす」

四つん這いになる。

「きゃあぁ かわいい尻尾。こんなのもついてたのね。これじゃアナルがうずいてたまらなかったでしょ」


DSC_0059.jpg

「うふふ かわいい ネコちゃんのしっぽ。 薫の豚のような体にはもったいない」

尻尾をいじりながらママが言う。

「こうやっていじめられると尻尾ふって喜んでほしいもんね」

お尻を蹴られる。

 DSC_0058.jpg

お尻を振って、喜びのしぐさをする。

「まあ 蹴られると喜ぶのね。」

そういいながら何度か足裏で突き放すように蹴りを入れられる。

「ふふ 良い奴隷になってきたわね」

ママが背中にまたがり、首輪をつけリードをはめる。

DSC_0056.jpg

そのまま、体を預けるように寄りかかり、奴隷の名札とアクセサリーをつける。

「ふふ 奴隷の正装  あたしの前では正装でいてくれなくちゃね」

両足が顔の前に回ってきて、閉めつけれれる。

体重がかかり、腰の辺りが重くなる。

「私が落ちないように、ゆっくりと部屋を回りなさい」

DSC_0057.jpg

慎重にすり足で、部屋を進む。

ソファの前から、入口のほうへそして部屋の中央へ

がんばっても背中が揺れる。

「お馬さん ベッドの横につけて」

ママがベッドに移る。

背中の重みと温もりがなくなることがさびしく思う。

「乗り心地悪いね かえって疲れちゃった。 マッサージして」

DSC_0062.jpg




SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

舐め奉仕

ママは当たり前のように足を投げ出す。

足をとってマッサージをさせて頂く。

DSC_0063.jpg

「今日は、朝からブーツを履きっぱなしだったから相当匂うよ。」

そういいながら鼻に足を押し付けられる。

親指を無理やり鼻を突っ込まれる。

「よーく匂って」

深呼吸させられました。

ツンとした匂いの後、甘い匂いがする。

「どう?」

楽しげに尋ねられる。

「ありがとうございます。とても良い香りです。」

と返す。

「舐めて!」

舌先を足に這わせる。

「指の間もね。」

DSC_0064.jpg

ストッキング越しではうまくいかないが、指の股に舌を差し入れるようにして掃除していく。

指を一本々口に含んで吸い取るようにしていく。

「あっ、それ気持ちいいかも。後 足の裏もね」

今度は足の裏を丁寧に舐めさせて頂く。


「今度はこっちね」

長い脚を大きく開き、自分の股間を指差した。

両足の間に座ると、ママの手が伸びて髪の毛を掴み、頭を引き寄せ、股間に押しつけられる。

パンティの股布のところに鼻を擦りつける。

「こっちの匂いはどう」

「かぐわしい ママの匂いです。」

「かぐわしいんだ。ふーん。ほら、私のアソコ、舐めたかったんでしょ。

 いいのよ、遠慮しないで舐めて。」

DSC_0065.jpg

黒いパンティごしにアソコを舐めさせられる。

布ごしにママの陰唇の形をなぞるようにして舐めあげる。

パンティが唾で濡れると、徐々に陰唇が浮き彫りになってくる。

「あ、そうよ。ああ、いい気持ち。」

ママの太腿が、頭を強くはさみ、自分の股間に抑えつける。

DSC_0067.jpg



SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店] 女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : クンニ

舐め奉仕


「私のアソコの味はどう? 言ってごらんなさい」

両足の締め付けがきつくなってくる。

「さっきみたいに、なんかかっこいい言葉で言ってみてよ」

顔の両側にあった足が、後頭部に移動し、かかとで押さえつけてくる。

口を塞がれて、思うように言葉を発することができない。

いい言葉も思いつかない。

「ほらぁ、どんな味がするか言って」

ママが僅かに語尾を強くして言う。


DSC_0101.jpg 

押しつけられるママの陰唇に抗いながらなんとか口を開く。

「うぐ・・・ふ、ふぁい、熱くて・・・とってもスケベな味がします」

「なによそれ、かぐわしい匂いがして、スケベな味って」

「う あ すいません」

ママのかかとが浮き、ゴッと頭に落とされた。

「奴隷のくせに、中途半端にカッコつけた言葉使ってんじゃないのよ」

「あ すいません」

「あなたは、変態マゾの接待奴隷なのよ。カッコつけんじゃないの」

「は はい すいません」

「あなたの口で、パンティ脱がせて。」

「あ はい」

足が緩み、顔が自由になる。

舌と唇を使い、パンティの端を咥え、少しずつ引っ張る。

お腹の辺りから右腰へ、左腰へ唇を這わす。

ママが腰を上げ、するりとお尻の部分を下げてしまう。

動かしやすくなったパンティの右左を交互に引っ張り、ひざを抜けたところで、

左肩をあげその上に両足を置き、そのまま足をなめるようにパンティを引く。

かかとまでは一気に持ってこれた。

パンティを咥え、ママの足裏を顔に乗せ、かかとを抜く。

パンティは抜けたが、ママが両足の裏を顔に押し付けてくる。

「そのスケベな味がするところを舐めたい?」

「はい・・・舐めさせてください。ご奉仕させてください。」

パンティを咥えながら、何とか口にした。

「いやよ」

足裏でふさがれ、見えないに状態で聞くママの声は、崇高な命令のように聞こえる。

「もっとスケベな言葉でお願いして」

ママがいじわるく言う。

躊躇したが、逆らうことはできず羞恥心に耐えながら言葉を発した。

「お願いします・・・濡れた、アソコを見せてください・・」

「もっと」

「う・・・」

「言うの。アソコなんて言葉 あなたにふさわしくないわよ」

左足で軽く蹴られた。

「あぁ・・・ママのオマンコを・・・いやらしく濡れたオマンコを私に舐めさせてください。」

「まだよ もっといやらしく奴隷にふさわしい言い方をしなさいよ」

「薫は変態マゾの接待奴隷です・・・どっ、どうかママの濡れたオマンコを薫の舌で、

お掃除させてください。」

「オマンコばっかりじゃなくて別の言い方もできるでしょ それで言ってみてよ」

「変態マゾ奴隷の薫にママの女性器を舐めさせてください」

「もっと 」

「変態マゾ奴隷の薫にママの陰部を秘部を女陰をオメコを、バギナを膣をワレメ を、

下の口を舐めさせてください」

普段なら絶対口にしないような、顔から火が出そうになるほど恥ずかしい言葉を、

思いつく限り口にした。言った後になっても、恥ずかしさが込み上げてくる

「その程度」

かかとであごを押さえつけ、目の辺りを押さえつけていた指が開いた。

「私の目を見て」

ママの目を見る。

「そのまま、目を見てまっすぐに」

そういいながら足が少しずつ開く。

開いた足の間を進みながら、まっすぐにママの目を見る。

股間が気になるが、目をはずすわけにはいかない。

太ももが開き、かかとで後頭部を押され、股間まで導かれる。

それでも、目を離さずにいる。

「それ、手にとって、当たってたとこ舐めなさい。目を離しちゃだめよ」

DSC_0103.jpg


黒い布地は、さっき自分で舐めた湿りと、ママの湿りと区別がつかなくなっている。

手に持ったパンティを広げ、オマンコにあたる部分をじっくり確かめ、裏地を

シミがついている部分を、無意識に鼻に近づけて匂いを嗅ぐ。

そうすると女性の匂いが鼻の奥へと突き刺さる。

舌を出し、シミの部分を舐める。

入り混じった独特の味が口に広がっていく。

DSC_0102.jpg



SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

人間ソファの上で電話


不意にママのスマホがなった。

ベッドから起きて、ママが電話に出る。

「もしもし・・・ うん 大丈夫・・・」

電話をしながらこちらに顔を向け、あごで床を指す。

口がソファと動く。

床に横たわり、ひざを曲げる。

ママが上に乗ってくる。

「うん それで・・・」

電話が続く。


DSC_0091.jpg


再びママの足裏が顔面に押し付けられ、そのまま強く体重をかけられる。

座られたまま、電話は終わる様子にない。

時折足が動き、顔の上を擦り、指が目や鼻をいじるようにされる。

DSC_0090.jpg

友人なのか、他愛もない会話がつづく。

足だけが、顔の上を行ったり来たりしながら、足を組むようにされたり、

足先が、腕を持ち上げ、支えることを要求されたり。

足だけでいろいろと命令される。

DSC_0089.jpg

「じゃあねえ バイバイ」

長い電話が終わる。

「薫」

ママの体が少し前にずれてくる。

「手で腰を抱えて」


DSC_0086.jpg

ママの腰を支えるような体勢のまま、またしばらく放置される。

メールでもしているのか、スマホをいじっているようだが、

見えないのでまったくわからない。


DSC_0085.jpg

「そうやっててね。ノーパンなんだから腰が冷えるとまずいでしょ」

全身で乗られているので、そう重くはないが、固い床で腰が痛くなってくる。

足が顔に乗ると、後頭部が痛い。

そんなことが少しずつ苦痛になってくる。

DSC_0084.jpg

「よし 終わり。 薫 手を・・・顔を上げちゃだめ」

ママが手を取り、股間に導く。

「よくがんばったから、触らせてあげる」

DSC_0093.jpg

「ここを隠して」

股間に手を置かさせられる。

きれいに手入れされたパイパンのそこは手触りもいい。

「動かしちゃだめよ。 隠すだけ」


DSC_0087.jpg



DSC_0088.jpg





SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店] 女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

新しい拘束道具 扉磔と鞭


「そうそう 忘れるとこだった」

ママが跳ね起きる。

瞬間 お腹を押され「ウッ」とうめき声が出てしまう。

「新しい拘束道具もらったの。試さなきゃ」

ママがかばんから手枷を出してくる。

他にショルダーストラップのようなものを手渡された。

「これをあの扉の上にかけて  扉を閉めて」

との外にストラップが折りたたんで引っかかり、ジョイント部が内側に残る。

そこに手枷を引っ掛ける。

「あ うまくいくね」

DSC_0070.jpg
 

「一回手枷をはずして   薫につけて」

手枷をされ扉の前に立ち、ママが背伸びをするように手枷とストラップをつなぐ。

「あ いい感じ いい感じ」

DSC_0071.jpg

「これなら 」

ママが鞭を取り出してきて、一回振り下ろす。

「あっ」

前面からまともに鞭を受けたのは初めてのような気がする。

正面に見ながら振るわれる鞭は、かなり恐怖心を起こさせる。

バシッ バシッと2度3度鞭を受ける。

「ここはちょっと狭いからあれだけど いいね。 薫 動けないのよね」

「はい まったく抜ける感じはないです。」

「じゃあ今度は足もね」

一度拘束を解き、扉を開け、上と下にストラップを通すと、手枷足枷で扉に

拘束された。


DSC_0075.jpg 

「これだと大して重くもないし、どこでも拘束できるし、いいね」

かなり気に入ったように、満足げにつぶやきながら、鞭を振るう。

目の前を鞭の風圧がとおり、お腹からペニスに鞭が当たる。

引っ込めたくても、扉でできない。

むしろ顔に当てられたくなくて、突き出すような姿勢になる。

何回目の鞭が突き出したペニスにまともに当たる。

「はぁ あ」

覆わず下を向き、腰を引いてしまう。

「今のうまく当たったね。 ちんぽ取れちゃった?」

そんなことをいいながらママが近づいてきた。

「大丈夫みたいね」

ペニスをつかみながら、ママが微笑む。


DSC_0077.jpg

SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

鞭打ちとペニスチェック


「先走りも出てないね あんまり感じてもいないみたいね」

ママがベッド脇に戻ると脱ぎ捨てたパンティを持ってきて、顔にかぶせられた。

「パンティ泥棒が捕まって、お仕置きされるなんて。いいストーリープレイになりそうね」

DSC_0078.jpg

再び鞭を受ける。

右から袈裟懸けに、左から袈裟懸けに振りおろされる鞭。

バラ鞭だけに音のほどには痛くはないが、それでも何度も受ければ、

ジィンとした痛みを感じてくる。

何より、目の前で振るわれる恐怖心が大きい。

「さぁ どうかな」

再びペニスチェック


 DSC_0081.jpg

「お ちょっと 垂れてきてるじゃん」

鞭先をペニスにたらしくすぐるように動かしながら、

「薫 がんばって立たせてよ そこだけうまく当ててあげるから」

そう言いながら、軽くしごくようなしぐさをしてから、

また鞭打ちのポジションに戻っていった。

「さあ 変態パンティ泥棒薫は、女王様の鞭で興奮できるでしょうか?」

鞭を受ける。


DSC_0079.jpg 

「ほら、ちゃんとたたせなさい」 バシッ

「私の鞭じゃや興奮しないって言うの」 バシッ

「そんなことじゃいい奴隷になれないでしょ」 バシッ

股間を突き出し、ペニスで鞭受けやすいようにするが、勃起するには至らない。

何度か、腰をつくような動きをし、こっそりとパンティを舐めてみたりしても、

勃起はできなかった。

むしろ何回か当たる鞭が、勃起することの怖さを与えている。

「ほんと役たたずなちんぽ」バシッ

最後の鞭打ちをすると、三度ペニスを握り締め、ペッとつばを吐きかけられた。

DSC_0080.jpg

「役立たずには、これくらいのご褒美しかあげられないわね」

そう言い、着ていた上着を脱ぎ、ポイと顔に放り投げてきた。

「まあ この道具が使えることがわかっただけでもよしと」
 
DSC_0082.jpg

ママはソファに戻り、またスマホをいじりはじめた。


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

赤い花瓶 アナルロウソク責め


また放っておかれる。

扉に磔のまま、かろうじて見える左目でママを追う。

またメールを打っている様子。

上半身は、ブラ1枚。下はミニスカートだけという出で立ち。

ふだん家にいる時もこんな感じなんだろうなぁと、ぼんやり見ている。

さっきのソファの時と違い、重みもぬくもりも感じない放置

それでも長い時間こちらに目も向けてもらえないまま、まるで本当に扉と一体化したように、

ただ部屋に”ある”感覚は、眼隠しで放っておかれた時よりも、屈辱感や寂しさがすごい。

なんでもいいからかまってほしくなる。

「さあて そろそろ」

ママが顔をあげ、こちらに歩いてくる。

顔の服とパンティをとり、首輪も外す。

もう終わりかと少し寂しくなる。

手枷足枷を解かれる。

ママがくるりと向きを変え、部屋の中央へ戻る。

一瞬、扉の前で、立ちつくしてしまう。

すぐに四つん這いになり這って、ママの足元へすり寄る。

今はママの命令がほしいと心の底から思う。

また座ってもらえないかと思い、足元に待機する。

「部屋がさ 暗いのよね」

意味がよくわからなかった。

「薫 そこに横になって」

ベッドを手で示された。

仰向けでベッドに横になる。

「そうそのままね」

ママが何かを取り出してきて、横に腰掛ける。

「絶対落としちゃ駄目よ。火事になるから」

ろうそくを口に咥えさせられた。

そして火をつけられる。

DSC_0112.jpg 


「はいそのままそのまま」

ママが足元に回る。

両足を抱え、チングリ返しにされる。

足の間から顔と手を出しろうそくをとる。

「今日は赤い花瓶がいいなぁ」

そう言いながらアナルにまともにロウを垂らしてくる。

「あっ あ」

かなり鋭い痛みがアナルに走る。

「平気平気」

そう言いながら容赦なくロウが垂らされる。

完全に抱えられた体勢で、逃げるも避けるもしようがなく、ただロウを受け入れることしかできない。

ロウが、袋の裏側にもたれてくる。

こちらも鋭い痛みで、普段のロウの気持ちよさなどない。ピリピリとした痛みがある。

「このまま刺しとこうか」

アナルにロウソクが突っ込まれる。

チングリ返しの状態では、腹圧が強いのかうまく受け止められず、抜けてしまう。

「駄目よ ここで落としちゃ」

何回かロウソクを固定しようと奥まで刺し入れるママ。

なんとかアナルで咥えようとするが、ズルズルと抜けていってしまう。

「この体勢がだめなのか、薫のお尻の穴がガバガバになっちゃたのか」

そう言いながらママがベッドから降りて行った。

DSC_0107.jpg
DSC_0109.jpg

DSC_0111.jpg

DSC_0108.jpg



SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

赤い人間花瓶


写真をチェックしたのか

「やっぱりここが寂しいわ。薫にはこれがないとね」

首輪を改めて巻かれた。

「ガバガバのお尻の穴ならこのまま入るわね」

ママが花束を抱えて戻ってきて、目の前に見せつける。

DSC_0106.jpg

「上のお口で大きさを確かめて」

口に咥えさせられる。


DSC_0105.jpg


「どう薫 ロウソクよりは太いけど、これくらい入るでしょ」

「ふぁい」

花束を咥えた口で答える。

DSC_0104.jpg


「さあ もう一回よ」

再びチングリ返しの体勢になる。

「入るかな」

そのままアナルにねじ込むように押しつけられる。

ロウでこわばった入り口が無理やり押し広げられる。

ほんの少ししか受け入れらない。

「うっそでしょぉ」

ママはあきらめきれず、力ずくで押しつけてくる。

それでも入る様子がないとみて、包装を解き、茎を露出させると

一本一本をねじ込んでくる。

「あああ せっかくきれいに包んでくれたのに」

端から一本ずつアナルに差し込まれる。

肛門に茎が擦り、傷ができるような痛みとともに、何本かの花が体に入ってくる。

押しいれられる感触を久しぶりに感じていた。

周りを入れられると真ん中にぐいと差し入れられ、アナル全体が大きく広がり、

腸壁を刺す痛みとともに、気持ちよさがわいてくる。

体の中に異物を入れられ、押し広げられる快感を覚えてしまっている。

「花があっちこっちになっちゃったけどなんとか収まったわね」


DSC_0113.jpg

「もっと広くロウソク垂らさないとだめだったね。」

尻タブを大きく音を耐えながら叩かれる。

一度叩いた尻をなでまわしながら、また叩く。

「うーん いい音」

また叩く。

DSC_0114.jpg
 
「やっぱり薫にはこのスタイルがよく似合うわ」

「でもプレイとしては、1本1本行けたほうが楽しいわね」

また叩く。

「これから花瓶プレイする時は、そう言っておねだりするのよ。1本1本活けてくださいって」

「はい」

「だいぶお客も付いてきたし、プレイの制限も外していくから、これからもっと過激になっても

がんばってね」

「はい」


DSC_0116.jpg 


ママがベッドから離れていく。

「薫 今日は暇つぶしにつきあってくれてありがとね」



SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 人間花瓶 アナル花瓶

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部