FC2ブログ

フラワーアレンジジャーの女王様

「…ほら、出来たよ」

今日の主である女性は、瞳を冷たく光らせ、語りかけてくる。

声に反応し、嬉しそうに返事をしてしまった。

「ありがとうございます…ご主人様」

とても、今の状況には似つかわしくない様子に見えたようで、

エリ様は苦笑しながら尋ねてきた。

「どうだい? 縄は痛くない?」

「はい…っ。ちょうど良く絞め付けてきて」



自ら望んで、縄での緊縛を施されたペニスは、

数十分前に会った主人へ淫らな肉体をさらけ出していた。

「そうか、それは良かった。エッチな奴隷君の為に、

 縛り方を勉強した甲斐があったみたいだね」

「んぁっ!」

IMG_0070.jpg

自由を奪われ、それを悦んでいる縄尻をぐいと引かれた。

エリ様に縛られる前から快楽を知っていたペニスは、

堪らない悦楽にむくむくとふくらんでくる。

「全く、奴隷君は本当にエッチだね。私に縛って虐めて欲しいなんて」

「あうぅ…それは」

「こら」

「あぁぁっ!」

IMG_0067.jpg 

強くペニスを引き上げられ、硬く張り詰めたペニスから快感が

ジーンと腰に波打ってくる。

「それは、じゃなくてわがままを言って申し訳ありませんでしょう?」

「んぁっ、わがままを申し上げて、申し訳ございません」

「どうして、申し訳ございませんなのかな?」

「あぁ…奴隷の私がペニスを縛って責めてほしいとお願いしたからです。」

ペニスのみを刺激されているだけで、一気に汗が噴き出す。

IMG_0068.jpg

縄はギリギリと擦れて音を立てているが、気持ち良さが腰に来る。

「駄目、許さないよ。罰として、その恰好でお部屋をお散歩だよ」

「あ、あぁぁ」

IMG_0069.jpg 

「何か言う事があるだろ」

「うぅぅっ! ありがとうございます。わがままな私にたっぷり罰をください。

 エリ様好みに躾をしてください。」

「あぁ、躾けてあげる。私のこと忘れられないようにね…」
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

ペニスで綱引き

「ほら行くよ。しっかり引いてあげるからちゃんとついてくるんだよ」

落ち着いた声と毅然と命令される様子が心地よい。

黒いボンデッジに身を包んだエリ様は女王様然として、有無を言わさず、

縄尻を肩にかけ部屋の中をグルグル歩き出す。

背は高くないが、さすがに肩にかけられると、縄が上に向く、

腰を突き出すような格好になる。


IMG_0073.jpg 

エリ様が毅然とした態度で、コツコツと響かせるハイヒールの後を、

腰を突き出し、ついていく。

みっともない格好が自覚できるだけに、羞恥を感じる。

それでも、ためらいのないはっきりとした縄の引き方は、

ペニスに程よい緊縛感があり、快感をもたらす。

「ハイこっち」

IMG_0074.jpg 

向きを変え、腰の辺りに縄を持ちかえエリ様が引いていく。

金髪まではいかないが、薄い茶色の長い髪が揺れている。

セクシーなお尻を見ながら、後をついて行く。

このまま、引かれ続けたいような、忘我の思いにかられる。

部屋の入り口のほうに歩いていく。

「このまま外に出ようか」

「う うぅ それは・・・」

さすがにためらいが出る。

エリ様が扉に手をかける。

シリンダーを回したようだが、開かない。

「あら 開かないんだ よかったね 奴隷君」

あっさりとあきらめ部屋の中に戻っていく。

「それじゃあ 綱引きでもしようか」

お尻を蹴られ、ベッドに上がらされる。

膝立ちでいると

「四つん這いになりなよ」

エリ様にお尻を向け、四つん這いになる。

IMG_0076.jpg 


「よおし 運動会の季節だしね よおい ドン」

IMG_0075.jpg 

エリ様は、縄を後ろに引く。

引かれないように、耐えている。

前に引かれているほどの痛みも快感も無く、

なんとなく物足りなさを感じながら、前へ行こうとしてみる。

「おっ 生意気に逆らうじゃん」

エリ様は縄を上下にゆすりながら、引いている。

引かれている縄が、上に上がっている様子を感じ、

エリ様が縄を手繰っているとわかる。
IMG_0077.jpg

かまわず前に進んでいく。

「おぉ 強い 強い」

ベッドの中ほどまで進むと、エリ様がベッドに乗ってきた

反動があった。

「奴隷君の勝ちぃ」

グイと縄を一回、上に引くとぽいと縄を離したことがわかった。

IMG_0078.jpg






テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

ご褒美は人間花瓶

「勝った奴隷君は、素敵に飾ってやるよ」

エリ様は、そういうと縄とは別に、紫のロープを持ってきた。

「仰向けになりな 両手は頭」

指示に従うと、両足をグイと広げ、ひざの上で、ロープを掛けた。


IMG_0081.jpg  

エリ様はベッドの上を歩き回りながら、カメラと自分のスマホに写真を収めていく。

IMG_0082.jpg


「それから」

ベッドに上がり、頭のほうに回ると、両手を縛り、その端を膝のロープに結んだ。

膝が上がり、自然と足が開き、宙にとどまることができるようになった。

IMG_0083.jpg

アナルを晒すには、いい縛りだなと、そんなところに感心してしまう。

「ほらまず、ピンクのからな」


何本かの花の挿入感覚が、アナルにあった。

多少の痛みがあったが、だんだん慣れてきている身体は、比較的すんなりと受け入れる。


IMG_0085.jpg

体勢に無理が無いせいか、アナルに受け入れることに集中でき、

エリ様のはっきりとした命令と、あいまって、安心している自分がいる。


テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 人間花瓶

花瓶たるもの・・・

「さあ やるよ きれいに飾ってやるから」

容赦ない勢いで、アナルに花が突っ込まれる。 

「うーん どう飾り付けるかな」

まったく見えていないので、何がなんだかわかっていないが、

花が抜き差しされながら、右に左に動かされている。

尻奥の肉がグリグリと刺激され、今までに味わったことのない感覚が

下半身を襲う。

太いもので、押し広げられる感覚とは違う。

穴の中をかき回される感覚。

快感を感じるまでにはならないが、心理的な被虐感は、ましてくる。

IMG_0088.jpg

全くの他人に自分の体の奥を、弄ばれている。

自分は縛られているし、仰向けで動くことはできないし、

見ることもできない。

ただエリ様の納得する位置に花が来るまで、

受け入れるしかない。

ただそれだけ。

その妙にマジな声と試行錯誤する花の動きを、

本物の花瓶になったようにただ受け入れる。

「左側に飾ってみるかな」

IMG_0086.jpg

 ただ受けれてしまうことの諦めというよりも、

もう少し積極的な一体感。

責め手にはじめて感じるものだった。

 IMG_0084.jpg

エリ様の落ち着いた低い声と時間をかけながらゆっくりと進む生け花行為。

「こっちから見てるからダメなんだよね 奴隷君 お尻上げて」

「ハイ」

腹筋に力をいれ、お尻を持ち上げる。

いまさらながらに、アナルを上向かせることに羞恥を感じる。

「ああ やっぱり 上向くと 位置変わっちゃうんだよね」

IMG_0089.jpg

「そんじゃあ こことここを広げて」

花の感覚を広げられると、尻奥の先が肉壁にあたり、

入り口よりも奥を広げるという感覚を始めて実感する。

   IMG_0090.jpg

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

なりきる


「次は色の強弱で見せるんだよ 奴隷君知ってるか」

いったん体勢を戻されて、次の花が差し込まれる。

今までのものより、ずっと深く体の中に入ってくる。

体の奥が押し開かれる感覚。

IMG_0091.jpg 

「どこまでいける」

エリ様のクールな声。

人間の体を扱っていることを感じさせない。

ゾクゾクする。


IMG_0092.jpg 

花が一本おさまり、動かなくなる。

アナルの開きが、痛みを受け入れ痛くなくなる。

尻奥の広げられた感覚も、普通に受け入れてしまう。

そうなると次の花や動きを期待してしまう自分がいる。

IMG_0093.jpg 

写真に撮られる。

その行為自体には、もう慣れもある。

きれいにと思うのは、今日が初めて。

自分のペニスや肛門が晒されることよりも、

きれいに飾られた写真を見たいと思う。

IMG_0094.jpg    

「一方向から見て、行き詰まったら、別なほうから見るんだよ」

IMG_0095.jpg 


 





SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

押し込まれたり、引き出されたり

腕の縄をほどかれ、

「自分で足を抱えなよ」

エリ様はそう言いながら頭のほうから戻ると、新たな花が入ってくる。

アナル口に長く刺激があり、ある瞬間、どの先端よりも奥、

へそのすぐ下まで到達しているような感覚を覚える。

「奴隷君なかなかいける口じゃん もうちょっとしっかりと咥えこめそうだね」 

IMG_0096.jpg 

「それじゃあね」

花の全部を握り、一気に押し入れてくる。

「んぁ ぐぁ あぁ」

いきなりの荒業、クールにされていただけに驚きと激痛が走った。

「いい声だせるじゃん それぐらいのBGMがないとね 

 というか私が優しすぎたのか」


IMG_0097.jpg  

IMG_0099.jpg 

「こっちもちょっといじめとくか」

ペニスの縄を思いっきり引く。

「押し込まれたり、引き出されたり、忙しいねぇ」

IMG_0100.jpg 

「花も出てきちゃってるじゃん また押し込んでほしいんだ」

問答無用の挿入。

右手で花を押し入れ左手で縄を引かれる。

花束は時折引かれ、位置を探るようにまた深く押し込まれる。

先端が腸壁のあちこちに鋭くあたり、削るように押し入ってくる。

「あいたいいたい」

「花瓶なんだ 花を活けられて痛いはないだろ。黙って受け入れろよ。」



IMG_0101.jpg 

エリ様が指で、アナルを直接確認してくる。

思わず力が入り、肛門を閉めてしまう。

「それでもこれ以上は入んないか 狭い口だねぇ」





女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

完成

「さぁそろそろ仕上げと行こうか」

エリ様がベッドに乗り、鼻をつまみ口を大きく開けさせた。

「ほら後は、こっちの穴に飾ってやるよ」

小さな花束を、口に突っ込まれた。

IMG_0108.jpg

「しっかり咥えてろよ。落とすんじゃないよ。」

 IMG_0109.jpg

花の位置をくるくる回しながら、これもベストポジションを探している風だった。

そのまま喉奥を突かれ、嘔吐感を覚えるが逃れる術は無い。

「よし ここ さ 足を抱えて 思いきり、チングリ返ししろよ」

IMG_0107.jpg

体の奥深くまで入っている花が、腸壁にどう当たるかビビりながら、

思いっきり反動をつけて、足を振り上げる。

花の先が、アナルに奥深くまで突き刺さり、内部の敏感な肉を擦った。

痛みとグリグリとした刺激がある。

重心を肩甲骨あたりに移し、可能な限り体を折る。

「おぉ できるねぇ 奴隷君 いい感じだよ」


  IMG_0110.jpg



IMG_0111.jpg 


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]








女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」





テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

フラワーアレンジの完成」


「いいね いいねぇ」

エリ様は大喜びで、ベッドから飛びおり、

「も一回縛ってやるよ そのほうがもつだろ」

そういい、一回ほどいた縄を足と腕に結びなおした。

完全に、二つ折りになった体は、抗うすべもなく、

もとにも戻れず、苦しい体勢のまま、固定されることとなった。




「かなりきれいじゃん 私のセンスが良いんだね 奴隷君 いいかっこだよ」

そう言いながら、ベッドの上を歩きまわり、さまざまな方向から

写真に撮る。


IMG_0113.jpg



「うれしいだろ 綱引きに勝ったご褒美にたくさん花もらえてさ
 
 きれいに飾ってもらえてさ いっぱい写真に撮られてさ

 いっぱい晒されるんだよ 奴隷君のそのみっともない姿」

 IMG_0115.jpg

「ほら戻っちゃてるよ もっとがんばりなよ あんたの一番得なプレイなんだろ。

 お花をもっときれいに見せろよ 花瓶の役割なんだからさ」

IMG_0114.jpg 

「なんだよ 勃起してないのか あんなに刺激してやったのに。

 まだマゾのなりきれてないのかねぇ もっと調教が必要だね」

エリ様は納得するまでカメラに収めると、ベッドを下りた。

「奴隷君 しばらくそのままで楽しませてね」

そういうとソファに腰掛ける様子があり、タバコを吸い始めた。






SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

家畜落ち

「ブフー ブフー」

かなりの時間、放置され、口に咥えていることにも疲れがあり、

何より、二つ折りの体のつらさは、呼吸を制限し、豚のような

鼻息を余儀なくされてきた。

「奴隷君 苦しそうじゃん そろそろ限界?」

遠くからエリ様の声がする。

「ハイ 限界です」

花を咥えては、ちゃんと言葉にできない。

コツコツと足音がし、頭にの上で止まった。

「しょうがないなぁ ブヒブヒ 家畜になっちゃったみたいね」

手足のロープを解かれ、ゆっくりと足を下ろすことができた。

「上のも下のも落としちゃダメよ 豚ちゃん 
 
 今度は四つん這いになりな」

とくにアナルに力を入れ、落とさないように、体を回す。


IMG_0117.jpgIMG_0116.jpg 

「きれいな花瓶が実はみっともない豚でした。 ほら花を咥えてこっちを向いて」

IMG_0118.jpg 

エリ様は急にまじめな感じで

「あんたさぁ ほんとに恥ずかしくないの こんな格好 人に見られて

 豚よ その腹といい 白い体で 花束咥えて みっともない」

そう言われると、そういうことをしているんだと自覚させられ、

情けなさや屈辱感が一気に襲ってくる。

ここで現実に戻してほしくはないタイミングでの、最悪の最高の蔑み

IMG_0119.jpg 

「豚に言ってもしょうがないか 豚は豚らしく 人に仕えてりゃ良いってことか」

「おい豚 散歩に連れて行ってやるよ」

エリ様がペニスの縄を引き、ベッドから降ろされた。

そのまま、後をついていく。

「豚の散歩」

部屋の中をグルグルと引き回される。

そして玄関へ向かう。

IMG_0120.jpg 

「そうか出れないんだったねぇ 悲しいねぇ豚 外に出て みんなに
 
 見てもらいたかったのにねぇ 僕は醜い豚です。 
 
 お口とお尻をきれいに飾ってもらいました。 どうですかってねぇ」


IMG_0121.jpg


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

恥辱行為

「豚 そこで立ってみるか」

玄関で、立ち上がる。

「豚から人間になりました。 人間なのに素っ裸で、花咥えて

 お尻に花突っ込まれて、みじめな格好」

エリ様の言葉責めが続く。

「ほらその扉一枚向こうに、いろんな人がいるよ。

 ホテルの人かなお客さんかな あんたがそのみっともない変態姿さらしたら

 なんて言うかな 笑ってくれるかな 逃げていくかな」


IMG_0124.jpg 

「豚そこで腰使えよ 両手を扉について 腰をクイクイうごかしてみろよ」

言われるままに、アナルの花を締め付けるように腰を動かす。

「ほんとにやってるよ ほんと 変態豚だな お前」

IMG_0122.jpg


「ほらもっと尻すぼめて もっと尻の花束締め付けろよ

 尻が気持ちいいんだろ 豚のお前にふさわしいエアセックスだよ」


IMG_0123.jpg


大きな声を出すわけでもなく、あくまでクールに淡々と出される

エリ様の命令。

羞恥と恥辱を耳に与え、心を折る。

それでも不快を感じず、従えてしまう自分を自覚するにつけ、

自分のM性に気づかされていく。




SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]








女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
417位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

聖水 複数プレイ 女装撮影 射精 強制射精 セルフ飲精 鞭打ち オナニー命令 格闘技 初女王様 おしおき 股縄歩き 言葉責め 吊り責め ヒール踏みつけ クンニ 潮吹き 強制オナニー アナルセックス フェラ ペニス縄 アナル責め 異物挿入 調教 股縄 アナルオナニー 人間椅子 顔面踏みつけ お掃除フェラ 下着女装 見せつけオナニー 女装外出 ロウソク責め ペニス花瓶 睾丸責め 奴隷宣誓 ペニス飾り 洗濯バサミ アナルバイブ 女装  アナルビーズ 人間花瓶 パンティ 足舐め 連続射精 アナル指姦 女装メイド メイド服 逆さ吊り 奴隷紹介 アナル花瓶 マゾ奴隷 アナルチェック 口枷 顔面騎乗 手こき 晒し者 ペニバンファック 羞恥撮影 聖水飲み ディルド アナル アナル露出 パーティー オナニー鑑賞 野外女装 舌奉仕 片足吊り 奴隷誓約書 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部