FC2ブログ

最初のお客様

ヴィヴィアンのママからメールが来た。

次の土曜日の昼 12時 ヴィヴィアンに出勤 その後ホテルへ移動 

1時から接客、プレイが終わるまで。 

プレイの内容についても、書いてある。

そこに自分の意思はなく、選択のチャンスも無い。

見ず知らずの相手に買われたということが、

ジワリとしみてくる。



当日、逃げ出したい気持ちを抑えるだけで精一杯。

今なら辞められる。

決心がつかないまま店のビルまで来た。

震える足をなんとか動かし、エレベータを上がり、部屋の入り口についてしまう。

扉にあるのは会員制高級クラブの文字。

ただし、美しく着飾ったホステス達がお酒と笑顔を振舞うクラブではない。

実態は「S女性専用SMクラブ ヴィヴィアン」である。

扉をあける。

「失礼します。」

ママがいた。

ホテルのスイートルームを思わせるような高価な調度品の数々。

しかしながら、ごてごてとした派手さはない。

本当に上質な物の重厚感を持ち、気品をかもし出している。

「薫さん 御苦労さま。いよいよデビューね。

 今日のお客様は、会社の社長さんよ。

 たまのご利用だし、あまりマニアックな方じゃないから、

 あなたの最初のお客様にはちょうどいいと思うわ。

 あなたの花瓶プレイにとっても興味をお持ちだから、

 がんばってね。

 はい、これプレイ道具。これから少しづつ自分で用意してね。

 あなたのプレイ代は、お伝えしてあるから、ちゃんといただいてね。

 あと花ね。 」

キャリーバッグと花束を渡され、奥から出てきた体格のいい男と

ホテルに行くよう指示された。

男と二人車に乗り、無言のままほんの数分でラブホテルへ連れて行かれた。

「ここ うちの指定ホテルだから」

車を降りて部屋のパネルの目で男がぼそっと呟いた。

横の電話をとり、

「ヴィヴィアンの予約  はい」

消えていた部屋のパネルがひとつ付き、男がボタンを押す。

ガチャンと鍵が落ちてくる。

「702号室 エレベーターそっち 帰りはそっちね」

そういうと男はさっさと帰ってしまった。

一人取り残された。

デリヘルを利用した経験はある。

その女性たちがどんな思いでホテルの前に来ていたのか、

その立場が今自分だと思うと、申し訳ないような情けないような気になる。

駐車場に新しく車の入ってくる気配がして、あわてて部屋にあがって行った。

「失礼します」

誰もいないとは思いつつ、ゆっくりと鍵を開け中に進んだ。

きれいに清掃された広い部屋。

自分が女性を呼んだ時なら、かなりリラックスできるのだろうが、

今はそんな余裕がない。

キャリーバッグを開け、テーブルの上に並べ中身を確認する。

バイブ、パール、ディルド、エネマグラ、ペニバン、綿ロープ、手枷&足枷、手錠、蝋燭

バラムチ、エナメル鞭、ガラス浣腸器、イチヂク浣腸

アイマスク、口枷、ペンライト、乳首クリップ、ペニスリング。

どれも使われたことがあるような玩具。

落ち着かないまま、とりあえずシャワーを浴び、改めて腸内をきれいにする。

全裸のまま、ソファに座る。

指示された通り、首輪にリードを装着し、

名刺の入った名札をつけ首に巻く。

チェーンの先に丸いアクセサリーを付け、穴の部分に鬼頭を通す。

もう一方の先を名札の横につけると、立ち上がるとペニスが体に直角に立つ、

丸いアクセサリーが、目立つだろう。

煙草を吸っていいものか、お客様は臭いを気にするだろうか。

そんなことを考え、灰皿を持って浴室に戻り、換気扇を回して煙草を吸う。

手が震えてくる。2本灰にした時、少し落ち着いた。

準備ができたのを見透かすように部屋の電話が鳴った。

「お連れ様がいらっしゃいました」

「はい」

声が震え、受話器を持つ手が汗ばんでいるのがわかった。

カチと錠のあく小さな音が聞こえ、心臓にキンと痛みが走る。

玄関に行き、正座する。

扉があくまでの時間が長かった。

ガチャと扉があき、初めてのお客様が入ってきた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

来客

玄関に全裸で手をつき頭を下げている。

扉が開き、ヒールの音がコツコツ進み、と頭の前に立ち止まる。

「ご主人様 お越しいただきありがとうございます。

 本日の調教よろしくお願いいたします。」

床に頭をつけるようにして、挨拶をする。

女性がもう一歩進み、目の前にヒールの足指がくる。

「リードを頂戴」

女性に促され、顔を見ないように、

床に伸びたリードを、頭の上に差し出す。

女性がリードを手に取ると一気に引き上げた。

首がぐいと引かれ、顔が上を向く。

同時に女性がもう一歩、歩を進め、廊下に上がる。

紺のタイトスカートのすそが顔を掠める。

女性の左手がスカートをまくり、

リードを持った右手が頭を股間に押し付けた。

赤地にエンジでバラの刺繍が縫い付けてある。

前身ごろには裏地がついているようで、

透けていそうで透けていない。

ハイレグのようなある、フルバックのショーツは、

大人の女性のセクシーな雰囲気を十分に感じさせた。

ショーツの上部のバラの刺繍をダメにしないよう、

下から顔を沿わせるように上を向き、

鼻で割れ目の上のクリトリスの位置を探るように当て、

舌で陰唇を探る。

かなり首を後ろにそらす苦しい体勢だが、

ショーツの無地の部分を安心してなめることができる。

履き替えてきたのだろう。

暑い日なのに、ショーツは湿った様子もなく、

いやな臭いもしない。

配慮に感謝しつつ、残念な気がする。

しばらくのクンニ奉仕。

ショーツの横を舌で探り、直接触れていこうかと思い始めたとき、

女性が一歩下がり、ご挨拶が終わった。

「奴隷の応対が板についているじゃない。

 一流企業のエリート社員だったとは思えないほどね。じゃ行こうか」

リードを引かれ、部屋に入っていく。

大きなお尻を、頭の上にながめながら、

四つんばいでついていく。

女性がソファに腰掛け、足を組む。

「名刺いただける」

名刺を差出し、女性の前に正座した。

初めて女性と目が会った。

いわゆるアラフォーと言われるくらいだろうか。

首までのショートヘアー。

やや太めの眉と少し細めの目が、きりりとした印象を与えているが、

ピンクに塗られた唇がとてもナチュラルな印象に変えている。

赤のTシャツのインナーに紺のスーツがとても鮮やかに映えている。

「ヴィヴィアンの薫と申します。」

再び土下座し挨拶をした。

女性は名刺を受取り、足を目の前に投げ出す。

ハイヒールの足の甲から丁寧に「そのペニスの飾りはなに]

「はい 調教していただいたご主人様の数にはずしていただくものです。」

「ふーん いろんなものがあるわね。ちょっと見せて。」

立ち上がり、女性の前に股間をさらす。

右手で、ペニスを支えるように下から持つと、

「へぇー ちょうどいい穴が開いているのね。
 
で、どうするの」

「はずして首輪につけていただければ」

首輪の名刺が下がっている横を指差した。

「あ そういうこと ふふ 1枚目ね 光栄だわ」

女性はペニスからアクセサリーをはずすと、リードを強く引いた

首から崩れ落ちるように膝をつき、顔が女性に近づいた。

アクセサリーが、首輪につけられた。

「ありがとうございます。あ・・・」

「ミキよ ミキ様とお呼び」

「ありがとうございます。ミキ様」

再び床に頭を擦り付けた。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

足指舐め奉仕

ミキ様は立ち上がり、服を脱ぎ始めた。

後ろからジャケットとTシャツを受け取り、

床に脱ぎ捨てられたスカートを拾い、ハンガーに掛け、

その下にハイヒールをそろえて置いた。

上下揃いの赤い下着。

光沢のあるサテンに浮き立つバラが、なまめかしい。

ぴったりとフィットしパッドでバストをボリュームをアップさせ、

キレイな谷間をメイクしている。

再びソファに腰かけると、

「ここよ」

左足の前を指さされた床にかかとを着け、指先だけ上げている。 

正座し、両手を床につけ頭をさげ、

左足の親指から口に含みなめ始めた。

まずは爪の辺りに口付け。舌を使って親指の上部を舐めた。

「両手で持って指の間まできれいにして」

「はい」

両手でミキ様の足を持ち、親指の裏に舌を這わせた。

自然に舌が動く。

きれいに赤く塗られ、唾液で濡れた親指の爪を見て、さらに気持ちが高まる。

そして、いつの間にかミキ様の親指を咥えている。

息が荒くなる。そして、指と指の間に舌を移動させる。

「うん」

ミキ様も感じ始めたようだ。

人差し指へ、中指、薬指へ そして小指へ

ぴちゃぴちゃ…と音を立てながら、丁寧に舐めていく。

そんな姿を見て、

「本当の犬みたいね」

足だけを見てを舐めているので、ミキ様の表情はわからない。

それでも楽しんでくれている様子が伝わってきて、興奮した。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

見せつけオナニー







「足を舐めさせるの、気持ちいいのよね」

両足へのご奉仕が終わると、頭を脚で挟むようにして、股の間へと導かれた。

両の踵が後頭部を押さえつけ、ソファの縁に押しつけられる。

顔の前に、赤い下着一枚

「そのままよ」

ミキ様はそう言うと、クリトリスを指でさするようにしてきた。

何度か、指が上下しグイと押さえつけるようにすると、

ビクンと足に力が入る。

足がソファの縁に下ろされる。

両肩を少し上げて、足を支えるようにする。

膝が両耳の横に来て、足が真っすぐになってくる。

「うん」

鼻から声が出てくるのがわかる。

下着の中心部にシミがついてくる。

こちらの鼻息も荒くなってしまう。

両手で膝から足を愛撫し始めると、

「駄目よ。手はソファについて」

言われたとおりに両手をソファにつく、

「うん」

声を出しながらお尻を上げると、自らパンティを脱ぎ始めた。

頭の上で足が交差し、目の前にミキ様の秘部が現れた。

「しょっと」

体勢を整えるとまた先ほどの用に足を肩に乗せ、

指で直にいじり始める。

恥丘の部分だけ毛を残し、秘部の周りは、綺麗にお手入れされている。

右手の中指が、割れ目をなぞり、下まで大きく動いてくる。

途中指輪舐め濡らしながら下から上へ撫で上げる。

クリトリスの位置で指が止まり、小刻みに震わせたかと思うと、

2~3度タップする。

左手で陰唇を開き、右手で円を描くようにしたかと思うと、

右手の中指がスッと体内に入っていった。

中指が折れ、ピチャピチャと音を立て始める。

いつの間にか、秘部はグショグショに濡れている。

初めて、目の前でオナニーを見る。

ソファに置いた両手がもどかしい。

口を閉じ鼻息が荒くなり、目を見開いている。

ミキ様の両脚がソファに置かれ、秘部を突き出すような体勢に変わる。

「クリちゃんすごく硬くなってるのよ。ほら見える。」

そういいながら両手で陰唇を広げる。

「はい 見えます」

「そうよく見えるの」

そううと右手が秘部から愛液を掬うように動き、

トロリと一筋ついてきて延び、プツンと切れる。

「よく見てるのよ」

そういうとミキ様は、再び中指をツルンと挿入すると、

激しく動かし始めた。

「もう一本いれちゃお」

中指に続いて、薬指が挿入された。

秘部から、白い液がトロリと出てきた。

二本の指が体の中で折られ、小指と人差し指が陰唇をなぞるように上下する。

「あぁ気持ちいい 気持ちいい」

二本入っていた指が、再び中指だけになると、

足を閉じ、身をよじるようにしはじめ、

「あぁ いきそう」

何度か足を閉じたまま左右に振り、

大きく開いたかと思うと、

ペチャペチャグチャグチャと音を立てながら、激しく指を動かし、

「いく いく あはぁいく」

クンとお尻が持ち上げられると、グイと指が押さえつけるように止まり、

「ウンフウ フウ ハァ」

呼吸が変わり、動きが止まった。

指が抜かれ、秘部全体をなでるように愛撫し、

ビクビクッと動くと

「あはぁ~ いっっちゃった」

息をするのも忘れていた自分も、やっと口で呼吸をし始めていた。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

クンニ責め

「ハァ~気持ちよかった」

ミキ様はそう言うと、見せつけるように、ソファの端に腰かけ、

肩に太ももが乗り、手は使えない。

「きれいに掃除して頂戴」

愛液と唾液でベトベトの指を額から瞼、頬で拭ってくる。

髪の毛をつかみ髪で、指を拭うようにし、後頭部を押さえつけた。

顔の真ん前に腰を突き出してきた。

両手をソファの上に置き、完全に口だけでするクンニは、

自分が本当に奴隷として奉仕する感覚にさせた。

ベタベタの秘部に舌を這わせる。

酸っぱいような味がし、舌と鼻ををツンと刺激したが、

かまわず、お尻のほうから秘部に向かって、

舌全体を使って溢れ出た愛液を舐めとりはじめた。

舌のお腹を使い、ゆっくりと秘部にご奉仕する。

舌を秘部の中に入れて、くちゅと愛液をかき出すように舐めとる。

垂れてくる愛液は、ちゅる…と吸い取る。

ゴクリと喉が鳴る

「おいしい?」

「はい…とても美味しいです…」

濡れた花びらの外側に沿って、舌を這わせていく。

いったばかりの女性が敏感になっていることを考え、

長い時間をかけながら、ゆっくりとねっとりと舐め上げる。

左側右側そして中心とその形いつくしみながらなぞっていく。

ゆっくりゆっくり舐めていると、ネチャネチャした秘部の奥から

温かいサラリとした愛液が流れてくるのを感じた

柔らかい感触と愛液が唇から下を濡らし、

ミキ様と本当のキスをしている錯覚に陥る。

左右の陰唇が繋がる上部の辺りに舌が触れると、ビクッと身体を反応させる。

「あ…ん…ん…気持ちいい… 上手ね。

 私の好きな舐め方を教えてあげる…」

ミキ様から指示が飛び始めた。

「もっと優しく…」

「ん…そう…そのまま続けて…」

「軽く吸うようにしてみて…」

「んっ…それ…気持ちいい…」

「舌先で転がすように…」

「あんっ…」

まさに、クンニ調教。

舌を休めないように、股間に顔を埋めたまま、ミキ様の指示に従い舐め続ける。

ご奉仕を開始してから、長い時間が経ち

徐々にミキ様の息遣いが荒くなり、声が大きくなってきた。

「ぁあ…んっ…あっ…」

ミキ様はソファにのけ反り、快感に身を委ねているようだった。

太腿が、頭を挟むようにして強く締め付けてくる。

太腿で耳を塞がれ、感じている声が遠くに聞こえはじめ、

視界がなくなりかろうじて呼吸だけは確保できていたが、

首を動かす自由もないまま必死に舌を伸ばして、なんとかご奉仕を続けた。

舌がつりそうになる。

「フン グ いく」

一瞬の静止の後、顔を締め付けて太腿から力が抜けていくのを感じた。

ぺロりと舌を這わすと、ミキ様は手で軽く押しのけた。

「くすぐったい。 いっちゃたから」

股の間から見上げたミキ様は、すこし紅潮し、

満足感な表情をしていた

ミキ様は、体を離すと何かを確かめるように、下を覗き込んだ。

ソファの前、ペニスの下に我慢汁が垂れて、小さな山になっていた。

「あらあら床を汚しちゃだめじゃない。それもきれいにしなさい。」

一瞬体が動かなかった。

手で拭いていいはずはない。

舌で自分の汁を舐めとるなことは、躊躇した。

「舌を使うのよ。手なんか使っちゃだめよ」

お見通しのようなミキ様の言葉に促され、

自分の我慢汁を舌で舐めた。

「自分の味はどう。」

「味は・・・しません」

「あらおいしくないの」

答えられない。

後頭部に足をのせられ、顔が床に押し付けられた。

「よ~く味わいなさいよ。おいしいから」

舐め取ってしまい、何もなくなった床を舐め、

「ごちそうさまでした」

何とか終らせようとしてしてしまった。

リードをおもっきり引かれ、ミキ様が床に降りてきた。

股間に手を延ばされ、まだ我慢汁を垂らしているペニスを絞られると、

「ほらこれは」

汁のついた手を、口に押し付けられた。

反射的に口を堅く閉じてしまったが、

すぐに思い直し、ミキ様の指を舐め

「ありがとうございます。おいしいです」

やっとのことでそう答えると、

「私が与えたものは、みんなおいしいって受けとるのよ。わかった。」

そう言われ、右頬を張られた。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部