FC2ブログ

奴隷ペット化

日曜の午後、いつもと違う普通のホテル。

出張に来ている一見の女性と聞いた。

指定された部屋をノックする。

扉が開き、女性が立っている。

一歩部屋に入り、扉を閉めて、足もとにうずくまる、

「ご主人様 お越しいただきありがとうございます。

 本日の調教よろしくお願いいたします」

女性は、驚いたように、足をひっこめてしまった。

「こんにちは」見下ろされながら、笑顔で挨拶された。

「こんにちは」見上げながら笑顔を返した。

「本当に普通の人なのね」

「普段はそうです。」

鮮やかなブルーのシャツに白の細いラインが入っている。膝丈の白いスカート。

黒いハイヒール。シンプルなファッションだが、良いものなのは一目でわかった。

「どうぞ」

女性は部屋の奥に入っていく。

その後ろを入っていった。

広いツインの部屋。

窓際に椅子と小さなテーブル。

かけられたので足元に土下座した。

「御主人様、ご指名ありがとうございます。 

 本日、お相手をさせていただきます薫と申します。

どのような事でもご命令下さいませ」

名刺を差し出した。

「薫さんね よろしくね サトコと呼んで もちろん嘘の名前だけど」

サトコ様は名刺を受取り、声に出して、読み始めた。

「責めどころ前立腺ペニスの裏筋 虐げるにはチングリ返しバック 

 嬲りものに人間花瓶アナルファック ふーん 」

真正面から顔を見られながら読み上げられると、

改めて恥ずかしさがこみ上げてくる。

「いろいろと聞いていい?」

「はい、サトコ様。答えられることなら」

「ここの、お客さんはどんな人が多いの?」

「はい、普通の方だと思います。

 ご主人様のプライバシーにはあまり触れませんので・・・

 30代から50代の人が多いです。」

「何回も来る人いるの?」

「常連の方はいらっしゃるようです」

「私は常連にはなれないけど」

「一度だけでも、一生懸命ご奉仕いたします」

「一度、女王様の格好をしてみたかったんですけど。

恥ずかしいわね あるの」

「可能ですよ。 こちらにご用意がございます。」

テーブルにいくつかのSMグッズを並べ、その上に衣装を取り出して見せた。

「フロントが編み上げデザインの黒いテディと、

 胸元のVがセクシーな赤いミニドレスのご用意がございます。」

少し迷われて

「赤いのにするわ」

「かしこまりました。お手伝いさせていただけますか?」

「ううん だいじょうぶ」

「では シャワーを浴びてまいりますので、お着替えを」

「はい」

自分用の巾着袋から1枚の下着を手に隠し持ち

廊下を戻り、シャワーを浴びる。

バスルームから声をかける。

隠し持ってきた赤いTバックを身につける。

「もういいですか」

「どうぞ」

赤いTバック姿で、サトコ様の前に戻る。

胸元のVが大きく開き、乳房の丸みが見えている。

ミニスカートから太腿がきれいに伸びている。

「あら おそろい 赤いTバック そういうの好きなんだ」

「はい サトコ様 赤いドレスにあわせました」

「恥ずかしいけど ドキドキするわね」

立ち上がり、近づいてこられた。

Tバックの上をつまんで離し、パンとおなかに当てて音をさせ

「これからどうしたいの」

聞いてくる。

「ご主人様のペットにしてください」

足元に正座する。

テーブルの首輪とリードを渡す。

「この首輪をつけていただけますか。」

 サトコ様は、首輪とリードをつけ

リードを手に取り、目の前に立ち言われた。

「犬の散歩みたい」

「それをアナルに入れたら尻尾が生えます。」

テーブルの上の黒い長い尻尾がついたアナルプラグを示した。

「これ猫の尻尾よね」

「あ 」

いわれるまで犬か猫かなんて気にしていなかった。

思わず顔を見合わせ笑ってしまった。

「でもこれをつけてほしいのよね」

「はい 尻尾を着けてくださいご主人様」

四つん這いになりお尻を持ち上げ、

Tバックをずらし、お尻の穴を広げながらいった。

サトコ様は尻尾を手に取り、矢印のような先をアナルの中心にあてた。

「ここに入れてほしいのね」

「はい 入れてください」

「見える限りでは、こんなものが入る余地はないんだけど・・・」

そう言いながら、少しづつ力を入れられてくる。

アナルが広がり受け入れていく様子を感じた。

途中で止まり、また押し付けられる。

「一番広いところになると抵抗が大きくなり、入らないわよ」

「大丈夫です 押し込んでください」

「力づくでいいの」

「はい」

力を込められるとニュルと、アナルが受け入れた。

「うっ」

「どうなった」

「入りました」

「そう?どこに」

「アナルに」

「何が」

「尻尾が」

「ちゃんと説明して」

「サトコ様の手で、アナルに尻尾を入れていただきました」

「そう つけてほしかったのよね」

「はい」

「それからどうしたい」

「え お散歩に・・・」

「そう お散歩したいんだ」

サトコ様は再びリードを手に取り、前に立たれた。

赤いミニスカートがピッタリ張り付いた腰に、つい見入ってしまう。

「じゃつれてってあげる」

リードを引かれ部屋の扉まで行く。

見上げるとお尻の下、大腿との間を水平に走る溝がチラチラ見える。

「そうだ」

何かを思いついたような声を上げ、

おもむろにパンティを脱ぎだした。

ピンクのパンティがするりと足先から抜かれた。

扉を開け、部屋の陰から手だけ出してポイと放った。

「あれを拾ってきて」

「えっ」

「犬がご主人様の物を取ってくる時には、どうするんだっけ」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

ホテルで廊下で露出

「四つん這いでいって、口で咥えて取ります。」

「そうね。ほら、とってきて。」

おそるおそる四つん這いで廊下へ顔を出す。

突き当り側へ二つ向うの部屋のドアの前。

廊下に体を出す。

誰も出て来ないように祈りながら、四つん這いで進む。

鎖がチャリチャリと音を立てる。お尻の尻尾が気になる。

なんとか口に咥えて、振り返ると

サトコ様は部屋から出ず、扉を開け顔だけだしてこちらを見ている。

サトコ様の足元を通り抜け部屋の中まで戻る。

「オリコウサン 良く出来ました。」

部屋の中で頭をなでながら、そう言われ、

咥えたパンティを受け取られた。

「あっち向いて」

部屋の奥のほうを指差されたので、サトコ様にお尻を向けるように

部屋の中へ向いた。

サトコ様に、Tバックをペロンとめくり膝まで落とされた。

「足を上げて」

片方ずつ膝を上げ、Tバックを抜かれ全裸になった。

「ほらっ、もう一度 今度は自分のね」

サトコ様は扉をあけると、今度は反対側、エレベーターホールのほうに放り投げた。

扉を開け、出て行くのを待っている。

「あなたがペットになりたいって言ったのよ。

 あなたがお散歩したいって望んだのよね」

勇気を出して四つん這いのまま、廊下へ出る。

日曜の昼間、ホテルの廊下に人の気配はない。

突然、後ろで『バタン』という音がした。

恐る恐る、振り返ると目の前にあるのは、閉ざされたホテルのドア。

「えっ そんな・・・、ちょっと・・・」

こんなところで捕まったら、会社にばれたら、家にばれたら

羞恥より恐怖が先立ち慌てて立ち上がり、ドアをノックし、

声を押し殺しながら呼びかけた。

「まずいです 開けて・・・、開けてください」

オートロックのドノブを捻っても、ガチャガチャと虚しい音が響く。

ドアが僅かに開いた。

押し開けて中に入ろうとする。

しかしドアチェーンが掛けられ、わずかな隙間が出来ただけ。

その隙間の向こうで、サトコ様の声がする。

「取ってきたの」

「いえまだです」

「じゃ駄目よ 早く行って取ってきて。」

「なっ・・・」

とにかく、そうするしかないと心を決め、

何も言われないように、やり直しをさせられないように。

四つん這いで、赤いTバックのところへ急ぐ。

(誰も来ませんように)

それだけを願い、遠くを見られず、ただ赤いところだけを見つめ

両手両足を動かす。

顔を廊下に擦り付け、舌で廊下を舐めるように、強引にくわえる。

もう後ろは振り向けない。

ここで誰かに見られても、もはや尻尾の生えたお尻だけなら

そう思い頭から廊下に突っ込みそうになりながら戻る。

扉が閉められているので、一瞬部屋を見失う。

顔を上げ部屋番号を確認し、四つん這いのまま、ドアをノックする。

ふたたび『ガチャッ』という音と共にドアが僅かに開いた。

上のほうで声がする。

「取ってきたの」

「はい」

一度閉じたドアが静かに開いた。

部屋に入ろうとしたが、サトコ様の足がそれを阻んだ。

「犬の返事じゃないわよね」

「わん」

「ちんちん」

そう言われ、手を前にチンチンの恰好をとる。

赤いTバックを咥え、チンチンの恰好でサトコ様に見せる。

恐ろしくて左右は見られない。言うとおりにして早く部屋に入れてほしい。

まっすぐ部屋の中だけを見ている。

「へえ、ちょっと意外」

サトコ様の呟きが耳に入ってきた。

何を「意外」と言っているのかわからず、見上げていた。

サトコ様はパンティを受け取り、2枚を目の前で、ひらひらさせた。

「どっちがいい」

「サトコ様のピンクのを」

まだ廊下にいる興奮と焦りのままに、反射的に答える。

サトコ様は顔に被せてきた。ステッチの部分が正面に来て、

顔が隠れる。

「かわいいっ ピンクのパンティ犬。

 そこでおちんちんしごく姿を、皆さんに見てもらいなさい。」

「恥ずかしいです。お、お願いします。部屋に入らせてください」

いつ誰が来るかもわからない場所で全裸で尻尾をつけて、下着を被っている。

その状況から逃れたい一心でいた。

「今度は閉めないから、誰か来るまでそこでしごくの」

リードを持ったサトコ様が中にいる。

膝立ちの状態でペニスをしごく。

興奮はしていても、耳は異常なほどに左右の音を気にしている。

集中できない。起たない。

それでも、一生懸命に握りしめ大きくなっているように見せる。

部屋の中で、サトコ様は赤いドレスの前をたくしあげ、

自らの指で自慰を始めた。

黒い陰りがまさぐられ、光り、濡れているのがわかる。

目が離せなくなる。

チンと遠くでエレベータの着いた音がする。

あわてて中に飛び込む。

「なに」

「エレベータが」

「そう 興奮して飛びついてきたのかと思った」

そう言いながらパンティをとると

「全然いけそうになかったわね」

サトコ様が声をかけてくる。

顔は見えないがさげすむように笑った声。

屈んでリードを手に取ると、端をクローゼットのバーに結ぶ。

四つん這いのまま、奥に行くサトコ様のお尻を眺めている。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

見せつけオナニーと潮吹き

サトコ様はベッドの端に腰かけると、足を組む。

今はノーパンなのだと思うとその奥が気になる。

「どこまでこれる?」

四つん這いで進む。

ベッドの端、サトコ様の足元まではいける。

「ちょうどいい感じね 一歩下がって ちんちん」

両手を前に出し、足を広げ、 しっぽをふる。

サトコ様は右足を伸ばし、ヒールの先で勃起するペニスの裏筋を

下から上へとそっと擦る。ひんやりとした硬い感触が訪れる。

縮みかけていたペニスが、大きくなる。

「はぁ・・・ぁぁ・・・」

吐息を漏らす。

「先が濡れているわよ」

サトコ様の言うとおり、ペニスの先からは愛液が少し溢れていた。

ヒールの裏で立ち上がっている亀頭をこすられる。

愛液がヒールにつく。

「ふふ ついちゃった  伸びる 伸びる」

「う、うう・・・」

屈辱か快感か 判断のつかない思い。

しかし(もっと・・・)という懇願の思いが目に浮かんでいたと思う。

「ふふふ・・・」

サトコ様は再びヒールの先で、ペニスを突付く様に弄ぶ。

「こんなに硬くしちゃって・・・。出したいの?」

「ぅぅ・・・・。はい・・・」

「それなら自分でやりなさい」

優雅に足を組みかえる。

「いつもやっているように、して見せて。私がじっくり見ていてあげるから」

言われるままにおずおずと右手でペニスを握り、

愛液を手につけながら上下にこすり始めた。

「く・・・んん。」

隠されて見えないノーパンの秘部、ちらちら見えたお尻、見せ付けられ続けた太もも。

だんだんと手の動きが早くなる。

ジュルジュルチャプチャプと音が聞こえてきて

握る手に力を込めてしごき続ける。

太さも増してくる。

「はぁ、ぁぁぁ・・・・・。くぅぅ・・・っ」

お尻を床に着け、一心不乱にしごき、夢中になり始めた時。

「手を離して」

あと一息というところでサトコ様に動きを止めさせられた。

「このままあなたが逝ってしまったら、つまらないじゃない」 

口元を楽しげにゆがめてベッドから立ち上がった。

そして近づいてくる。

そう言って足元にバスタオルを敷き、射精寸前のペニスの根元に輪ゴムをはめてくる。

「ぐぅぅっ。あ、ああっっ・・・!!」

吐き出したくてたまらないのに、突然せき止められてしまう苦痛に顔がゆがむ。

「いい顔ね・・・。そういう顔 好き」

満足そうにサトコ様は微笑んだ。 

「サトコ・・・・さ・・・まぁ・・・」

目の前に立ち上がられたサトコ様を切ない思いで見上げる。

「何、その目は? 文句でもあるのかしら?」

クスクスという笑いがこぼれる。

「はぁ・・・・・・。うううう・・」

どうすることもできない苦しさにうめき続ける。

「本当は嬉しいくせに・・・。」

つま先でそそり立つペニスを下から上になぞると、

ヒールの裏側で亀頭を押さえ踏みつけるようにしてくる。

力はかなり加減されていた。

しかし、限界直前まで追い上げられたパンパンのペニスへの刺激は、

痛みと心への被虐快楽を与えてくる。

「くぅぅっっ・・・・」

刺激の波をこらえる。そして再び見上げる。

「なぁに?   私のおまんこ見たい」

「見たいです」

サトコ様は身を翻し、ベッドにあがる。

膝立ちで後ろを向き、それでも見せ付けるように赤いミニドレスを脱ぐ。

大きなお尻がはじめてすべて見える。

手で股間を隠しながら、振り向いてくる

「見られると興奮しちゃう」

人差し指 中指 薬指が股間を覆っている。

指が上下に動き始める。

中指が折れていく。

クチュクチュと音がし始める。

「ほら 大好きなおまんこよ 」

少しだけ体を後ろに反らせ、おまんこ を見せつけるように広げた。

「オナニーしてるとこ見せてあげる じっくり見て」

左手でクリトリスをむき出しにして、本格的にいじりだした。

「濡れてきちゃった 薫もしごきなさい あなたの音も聞かせて」

右手でペニスをしごくと体の外が濡れた音と中が濡れた音が、

二人のため息とともに部屋にひびく。

「いやらしいでしょこの音 指はいっちゃた あ~ん、入っているとこ見えるぅ?

ああ・・・ああ・・・私のクリトリス気持ちよくておっきくなってるのよぉ?」

目の前でクリトリスをこすりながら、オナニーをしてる。

興奮して、ペニスに全神経が集中しだしてきた。

手が自由であることがもどかしい。

いっそ拘束してくれれば、むしろ見ることと聞くことに集中できるのに、

しごきながら、逝くことは許されず、セーブをしながらのこの状態は、

真に拷問といえた。

「薫 入れたそうな顔してる 我慢できない?

「なんか、すごい足モジモジしてぇ。 腰も振って。

 私の おまんこ見て興奮してちゃってるのね。やらしい。

 もっとちゃんと見て。私のおまんこ きれい?」

「おまんこ すごいきれいで・・・す。ああんっ・・・。」

サトコ様はベッドの端に座り、指でいじりながら、おまんこを広げた。

できる限り鼻とおまんことを近づけた。

思いっきり息を吸い込んだ。

(おまんこの臭い・・・。)

興奮が高まり、同時に最高に幸せなひとときを感じていた。

サトコ様はピンクのバイブを取り出してきた。

両方のひざを曲げたM字開脚の体勢で、

バイブを含み、出し入れし始める。

バイブは先の挿入にほんの少し間があったが、

いったん受け入れてしまうと後はスーッと奥へ吸い込まれていく。

「ハア、ハア、ハア……」

すぐに息が荒くなっている。

バイブのローター部分をクリにあてがい、小刻みに足が震える。

ローターの舌が、振動してクリを刺激している。

「う、うっ、うっ! ハア、ハア……、あっ!」 」

イッてしまったような声。

それでもおまんこはヒクヒクしてて、更なる快感を求めていく。

バイブの音が変わり、ブーンと咆哮を上げました。

中をかき回吸すような愛液の音。

「ああっ――!」

たがが外れたように、叫びはじめる。

ググッと、バイブをいっぱいまで押し込み、ローター部分をクリトリスにあてる。

「いい! イク! イク!! イッちゃう!!!」

四つん這いに体勢を変え、お尻から突き出たバイブがくるくると回っている。

こちらにお尻を向け、腰が振られている。

「見て! イヤらしいおまんこ見て! バイブをくわえたおまんこ見て!」

大きな声でイヤらしい気分が増長されて、

バイブを強く締め付けられているのが、音の変化でわかる。

「ダメ! また! あああ、またイク! イッちゃう!!」

全身が痙攣して、一気に力が抜けていく。

それでもバイブは容赦なく暴れ回っている。

「あぁぁー またいく またいく またいく」

同時に体を起こし、ベッドの端で大きく足を開きこちらに向けて、

全開になる。
 
「くふぅぅっ、い、いく・・・。あっ、あっ、あっ、だめぇ、イッちゃうぅ・・・ うぐ」

グンと体がはねたかと思うと、サトコさまはベッドから飛び降りるようにしてきて、

突き倒し、顔の上にまたがる。

「くはっ、出ちゃう……!」

昇天と同時に、バイブが抜かれ凄い勢いで潮が噴き出した。

ビシャ――!!

痛いくらいに顔にあたりる。

再びバイブをおまんこに突き刺すと、

「イヤァ―!」

何回か一気に動かし、一気に抜く

ビシャ――!!

と潮を吹く。

三度バイブをおまんこに突き刺すと、

一気に動かし、抜き

「いく!」 ビシャ――!!

快感の波の周期が短くなっていて、立て続けにイッた様子。

「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ……」

ほっぺたをお腹にに押しつけられた。

顔をまたいでいた股間が下りてきて、

ベチャベチャで開ききったおまんこが鼻のあたりに来る。

完全に体を預けられ動きようもなく、ただその誘惑に耐えている。 

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

チングリ返しで顔面騎乗

しばらくぐったりと体を横たえていたサトコ様。

「気持ちよかった。」

一度膝たちに立ち上がったサトコ様は、顔の上にドンとお尻がおろしてきた。

勢いのついた思いは、丁寧さを保てず、夢中でむしゃぶりつく。

愛液で濡れた股間に、舌と 鼻と 顔のすべてをこすりつけ、

自分の顔をベタベタにする。

「足を上げて」

言われるままに両手をつきと両膝をあげる、

両足をサトコさまが抱え込み、チングリ返しの状態になる。

「刺激をあげるわ。ありがたく思いなさいね」

そう言うと尻尾を抜き、右の中指をアナルに差し込んだ。

「はぅっ・・・」

ビクンッと大きく反応してしまった。

「おとなしくしなさい」

一喝が飛び、お尻と両腿に力が込められ、拘束感が高まり、両足を深く抱え込まれる

身動きが取れなくなる。

股間のベタベタした感触と熱い体温で息苦しさが増す。

「は・・い・・・・・」 

それでもその声に答え、こぶしを握り締めて耐える。

中指を差し込めるだけ奥まで突っ込まれる。

ヌプ、ヌプと言う音を立てながらアナルをじっくりほぐされる。

「はぁぁ・・・っっ」

ため息を漏らし、腰が指の動きに合わせ上下に動いてしまう。

サトコ様の指先が前立腺をグリグリと刺激してくる。

「ああぁっっ・・・」

大きく声を上げる。

「ふふふ。気持ち良い。だいぶ開発されてるみたいじゃない」

少しずつ前立腺を刺激する指に力が込められていく。

与えられる快感に酔いしれたい。

ただ、ただブルブルと身悶える。

快感を感じることで更に大きくなったペニス。

額に汗まで浮かんでくる。

しかし、苦しい状況でも、うっすらと微笑が浮かんでしまう。

「このマッサージはいかが。気持ち良いでしょう?」

「は・・・い。サトコさ・・・ま 気持ちいいです」

身体をくねらせ、もだえる。

くるしいが、この快感のすべてを受け止めたい。

「素直でかわいい。・・・じゃぁ、もう一本」

そういうと女は中指に続いて人差し指も差し入れられる。

「あああっ・・・・!」

おもわず声を出し、体が反り返る。

足を突っ張ったが、アナルへの刺激が薄まると、

自らお尻を開き、突き出すようにしてしまう。

それに気をよくされたのか、2本の指を少し左右に広げるようにして出し入れする。

アナルに与えられる刺激が、大きな波となって押し寄せる。

頭には汗がながれ、床のカーペットを湿らす。

体がガタガタと震え始める。

「そろそろいいかしらね・・・」

さっき自分のおまんこに入れたバイブを、アナルに挿入してきた。

サトコ様の一方的な攻撃が開始された。

左手でバイブを上下させ。

右手でペニスをしごく。

腰が引け、突き出し、左右に振り、指の動きに翻弄され

逝きそうになる。

「あぁ・・・ 逝かせてください。逝くぅ」

その直前で手が止まり、苦痛が与えられ、 引き戻される。

「あ あ あ ぁっ お願いします。 もっと 」

後ろから手が伸びアナルから背中への筋を触れるように腕が動きバイブが操られ、

ペニスは激しく責められ、いつの間にか上向きにされていることに気づく。

「限界かしら」

艶っぽく声をかけられ、腰をつかまれ体勢を整えなおす。

バイブが抜け落ち、ゴンと床で大きな音を立てる

サトコ様の腰が前後に激しく動き、甘い声が響きだす。

舌を出し、舐めようと思うが、激しく動く腰は鼻から口のあたりを大きく早く前後し、

やわらかい陰唇の感触がわずかにあたるにすぎない。

いきなりグイと腰を押し付けられ、動きが止まり、

「あぁ 逝く 」

生暖かい液体が顔中に流れ出してくる。

鼻と口に流れ入り、鼻の奥がツンと痛くなるが、むせかえるほどにはならなかった。

耳にも流れ入ってくる感触がくすぐったく、生暖かい感じが気持ち良くもある。

「薫、イッてもいいわよ」

サトコ様の手がペニスをしごく。

「あ・・・ありがとうござい・・・・ます。サトコさま・・・いきます」

溜まりに溜まりった精液が堰を切って飛び出した。

射精の瞬間サトコ様は体を離した。

だらりとお腹から胸に垂れた次に、喉から顎にザーメンが垂れた。

足を離され、どんと床に伸ばすと、サトコさまの手が顔を覆ってきた。

思わず舌を出す。手が唇で止まる。

舌を挟み一本一本をぬぐうように舌と唇が使われる。

どろりとした自分のザーメンの苦みとビシャビシャのサトコ様の愛液の

感触が舌先を刺激する。

手が顔をなでまわすように動き、それを追うように顔を動かし舌でなめとろうとする。

「自分の精液も舐めれるんだ。ほんとにプライド無い奴隷なのね」

下半身全体を覆う快感と痛みに酔いしれながら、

サトコ様の言葉に、まだ少し恥じ入る自分がいた。


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部