FC2ブログ

三人目のお客様


この日の相手は仕事終わりに、ヴィヴィアンで待ち合わせ。

30代と見えるケイコ様。

今まで相手してきたお客さんの中では若い。

「私ね女装させるのが好きなの

 だから、はい、コレ着て」

ドサッと服と下着を床に投げ捨てられた。

「今ここでですか」

「そうよ 何か問題?」

カウンターにママが座り、ニヤニヤとこちらを見ている。

「わかりました」

普通の姿の女性の前で、素っ裸になり、

「これ着て」って指示されながら女ものを身につける。

それらを着るところを見られる状況は、

本当に屈辱以外の何ものでもない。

全裸になり、下着を手に取る。

パンティはTバックで、股間には紐しかない。

かろうじてある前部の三角の布は、ベージュ地に黒のレースがあしらわれている。

なんとかペニスを納めるが、袋がはみ出す。

お揃いのブラジャーは肩ひものない、フロントホック。

胸にかぶせ、自然に両脇の肉をカップに納めホックを止めた。

「さすが、下着会社の部長 よくご存じ」

ケイコ様の声が飛ぶ。

次にブラウス。

逆合わせのボタンをはめる時、

『自分は女の子にさせられてる。』って強烈に感じた。

透け透けの白のブラウスは、ブラジャーが完全に透けて見える。

ミニスカートは、上のほうはストライブの柄のしっかりした生地だが、

裾は紫のレースのフリフリが付いている。

スカートを履いてしまうと、お尻への風通しがよく、

まるで、履いていないように感じる。

「ここに座って」

ケイコ様の横のスツールに腰かける。

茶髪のストレートロングのウィッグを被せられた。

「薫さん なかなかいけるじゃない。

 彫りが深くて、目が大きいからお化粧したらきれいになるかもね」

ママがそう言いながらカウンターにたくさんの化粧道具を出してきた。

二人がかりで、化粧を施されていく。

「これくらいでいいんじゃない。 ね ママ」

「うん いいわね。 わたしよりきれいなんじゃない。はい鏡」



IMG_0001.jpg



赤く塗られた唇と頬、長い付けまつ毛。

自分で見ればきれいとは思えない。

男が化粧しているとしか見えない。

透け透けのブラウスに、着ていないかのような短いスカート、

アウターが、着ていないような感触の分、

胸がブラジャーで股間がパンティーで締め付けられ、

下着だけでいるような意識になる。

「薫 はいパンスト これも履いて」

パンストを丸め、足先から通し、スカートをまくり上げ、

お尻を納める。

ハイヒールを履かされ、

「薫 そこでくるっとまわってごらんよ」

言われるままに、二人の前でくるりと回る。

スカートが翻る。

「あらぁー お尻丸見えになるわね。」

二人の笑い声がみじめさを誘う。

ママがお手拭きを床に投げる。

「薫 それでそこのテーブル拭いて」

わざと二人に背を向け、膝を折らないように手を伸ばし、

お手拭きを拾う。

「キャー ハハハ 全開」

そのまま、テーブルを拭いていく。

「もっとお尻振って見せてよ」

左右に振る。

「もっと楽しげにさぁ、踊るようにテーブル拭いていってよ」

指示に従い、リズミカルにお尻を振り全てのテーブルを拭き終えた。

「女の子の仕草が板についてる感じね。 ケイコさん 楽しみね」

「そうね じゃ 薫さん行こうか」

「いつものとこね」

「薫さん先に行って待ってて。私後から行くから」

「えぇ」

この格好で外に出るのは、相当ためらわれた。

それでもキャリーバッグを持たされ、

押し出されるようにヴィヴィアンをでる。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

女装外出

ケイコ様は出てこない。

エレベータのボタンを押し、ヴィヴィアンの扉を見ている。

扉が開き、ケイコ様が顔をのぞかせた。

「下で待っててね。」

エレベータがきた。

幸い誰も乗っていなかった。

1階で降りる。

ビルの中とは言え、通りからは丸見えだ。

平日の夜、薄暗くはなっているが、人通りはそれなりにある。

外を見られず、ひたすらエレベータの動きだけを見ている。

いったん最上階までいったエレベータが、再び降りてきた。

どこかの店の女性が降りてきた、立ちつくす自分を驚いたように一瞥し、

通りへ消えていった。

ケイコ様が続いて出てきた。

「見られちゃった。」

ビルの前に止まっている車に乗り込み数分走ると、

いつものホテルのかなり前で

「ここから歩くわ」

ケイコ様がそう言い車が止まる。

しょうがなく、車を降り、すぐ後ろにケイコ様がきて、

押されるようにして前を歩く。

前を見られない。

下を向き、行きかう人と目を合わさないように歩く。

ハイヒールが歩きづらく、時折吹く風がお尻をなでる。

お尻が常に見えているようで、恥ずかしい。

大きなキャリーバッグをゴロゴロ引きずっているので、

経験のある人なら、風俗関係者だとわかるかもしれない。

顔を上げる。

若い女性たちが、こちらへ歩いてくるのが目に入ってしまう。

汗が拭き出てくる。

すれ違う。

「いまの・・・変態」

笑い声が聞こえる。

こめかみに汗が流れ始めた時、やっとホテルに着いた。

自動ドアを入ると

カップルの背中が、エレベータに向かっていた。

エレベータに乗り、二人が身体の向きを変えた時、

目が合ってしまった。

扉が閉まる何秒間かに、女性が男性をつついているのが見える。

馬鹿にしているんだろうなと思えてしまう。

フロントに電話していつものように鍵を手に入れる。

早く部屋に行きたくて、焦っている自分がいた。

エレベータの前で待つ。

ケイコ様が入ってきた。

エレベータが降りて来る時間が長く感じる。

ケイコ様がスカートをまくり、お尻をなでまわす。

ヴィーン 自動ドアの音がして、人が入ってくる様子がした。

振りかえれない。

ケイコ様はお構いなしにお尻をなでている。

エレベータの扉が開き、逃げるように中に入る。

行き先階を押すために振りかえる。

瞬間女性と目が合ってしまった。

相手が、そしらぬ風に目をそらした。

ケイコ様は、振りかえらずじっとこちらを見ている。

「見られた?」

「はい たぶん 目が合いました」

「うふふ」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

プレイ開始

部屋に入るとまずベッドに乗せられて、

下半身をむき出しにされた。

ケイコ様はボンデージのスタイルに着替え、

細い麻縄でペニスと睾丸を縛って、ペニスを花で飾られた。

「こういうのもいいと思わない」

IMG_0011.jpg  

IMG_0010_2015090219315052b.jpg   

「それでおねだりしてみて 薫のお尻の穴にもくださいって」

「薫のお尻の穴にもください」

「もっとセクシーに、女の子がほしがるようにぃ」

両足を掲げ、お尻の穴をさらして、

「ケイコ様 薫のお尻の穴にもお花を生けてぇ」

IMG_0012.jpg 


「黄色いお花好きだよねぇ、自分でしてごらん」

 
IMG_0014_201509021931517a9.jpg  

「だめじゃない。うまくいけなきゃ、私がやってあげる。」

いきなりケイコ様のお尻が顔に

両足をかかられ、チングリ返しに  

IMG_0016_20150902193154479.jpg  


深く活けられた。 

「すごい ほんとに花瓶 わぁ ぞくぞくする。」 

IMG_0015_20150902193152a09.jpg  

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

立ち花瓶

 「やっぱり私はピンクが好きなんでこっちのにしようかな」

うまく体勢が取れていないので、花を支えられないでいる。

「ほらもっとお尻締めて」

「しょうがないわね、ちょっと手伝ってあげる。」

ピンクの花束をアナルに深く挿入される。

何度か上下させながら、ゆっくりと少しづつ深く挿入させてくる。

花束をバイブ代わりにしているような動き。

ミキ様に花瓶にされたときに感じた太いものが、

アナルを広げてくる快感とは違う感覚。

細くても、濡れたアナルを上下している茎が、

徐々に体に馴染んでくる快感を教えてくれた。



IMG_0018_20150902193535fe0.jpg 


IMG_0019_20150902193536b1c.jpg

「そのまま立ってみて。落としちゃだめよ」

「スケスケのブラもいやらしい」 

IMG_0021_20150902193601d78.jpg


「ミニスカートからお花がのぞいてかわいい」
IMG_0020_20150902193600d1b.jpg



「いやらしくてかわいいミニスカート、下からのぞいてあげる」 

IMG_0022_20150902193603e04.jpg  


「おちんちんもお花で飾られてきれいねぇ」

IMG_0023_20150902193604f88.jpg  


テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

顔面騎乗でアナルに

 「今度はブーケで飾ってあげるから、落とさないようにね」 
IMG_0027.jpg
    

「ほらもっとお尻締めて」 

IMG_0024.jpg 
IMG_0025.jpg IMG_0025.jpg   
IMG_0026.jpg
 

「だめな娘はおしおきね。ちゃんと活けるまで息できなくしてあげる」

女王様の柔らかくて甘い匂いのするお尻で顔面をスッポリ埋められた。 
IMG_0032.jpg


「このままおちんちんも写してあげる」

IMG_0029.jpg 

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
417位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

聖水 複数プレイ 女装撮影 射精 強制射精 セルフ飲精 鞭打ち オナニー命令 格闘技 初女王様 おしおき 股縄歩き 言葉責め 吊り責め ヒール踏みつけ クンニ 潮吹き 強制オナニー アナルセックス フェラ ペニス縄 アナル責め 異物挿入 調教 股縄 アナルオナニー 人間椅子 顔面踏みつけ お掃除フェラ 下着女装 見せつけオナニー 女装外出 ロウソク責め ペニス花瓶 睾丸責め 奴隷宣誓 ペニス飾り 洗濯バサミ アナルバイブ 女装  アナルビーズ 人間花瓶 パンティ 足舐め 連続射精 アナル指姦 女装メイド メイド服 逆さ吊り 奴隷紹介 アナル花瓶 マゾ奴隷 アナルチェック 口枷 顔面騎乗 手こき 晒し者 ペニバンファック 羞恥撮影 聖水飲み ディルド アナル アナル露出 パーティー オナニー鑑賞 野外女装 舌奉仕 片足吊り 奴隷誓約書 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部