FC2ブログ

女子会の嬲り者1

勤務中、内線が鳴る。

番号を見て、ドキッとする。

受付から。

「部長 今よろしいですか」

詩織の声。

「ああ 大丈夫だよ」

平静を装い答える。

「今日の夜 空いてます?」

「あ ああ」

「じゃあ この間の場所で」

「わかった」

再びの詩織からの呼び出し。

いままで1か月近く何もなかったので、ちょっと安心していた。

前と同じように会社から少し離れて落ち合いタクシーに乗る。

そしてラブホテルへ。

「部長 もうお客は取ったんですよね」

「う うん」

「どんなことされました?」

「いろんなことだよ」

「いろんなことって  と その前に 裸になってください」

こうして裸になることに慣れてきているのを感じながら、

スーツを脱ぐ。

詩織が受け取り、ハンガーにかけていく。

全裸になるとペニス十字架が垂れ下がる。

「ちゃんとつけてるんですね それ」

「う ああ 会社を出るときにつけたんだよ」

「うふふ かわいい」

ペロリと右手で撫で上げる。

「部長 ちょっと目隠し」

詩織が持参した赤いアイマスクをつけるよう渡された。

「それでちょっとこれでも聞いて、横になってて」

彼女のスマホから、イヤホンを渡され、耳に入れ、

聞いたことのない激しい洋楽をうるさく思いながら、言われるままに

ベッドに横になる。

いまさらながらに、女性の言葉に従い動く自分に慣れを感じ、

それが会社の女の子であることに違和感を感じた。


IMG_0001.jpg 


体の回りを動く空気で、なんとなく詩織の気配を感じたが、

すぐにそれがなくなり、少々の時間がすぎた。

(シャワーでも浴びているのか)

そんなことをぼんやりと感じていた。

すると、頭の横のマットが大きく沈み、人が乗ってきたのがわかった。

両耳の横に大きく沈む感じがあり、イヤホンを抜かれると、そのまま

頭を両手で押さえ付け、跨がってきた。

レースの下着をはいていると思えるお尻が顔の上に降りてきた。

真正面から陰部を押し付けられ、一瞬心を奪われる。

連続的に擦り付けられる陰部に鼻を蹂躙され、息苦しさに必死で顔を振るが、

片手で頭を掴まれ振る事が出来なかったし呻く事しか出来なかった。 

IMG_0003.jpg 


「部長 今日は私のお友達を接待していただきます。

 いつもお店でやってるみたいに、」

足元から詩織の声がする。

一瞬 頭の中がパニックになった。

当然詩織であるはずのこのお尻が、別の女性。

二人だけのはずなのに、なぜ。

瞬時にまとめ切れなかった。

体を起こそうと一瞬力を入れたが、顔に完全に体重をかけられていて、

動けない。

「まずは今日の主役にご挨拶してください 部長」

顔の上で前後に腰が振られる。

お尻を揺すって鼻先に秘部にあたる部分を擦り付けてくる。 

鼻先に触れた部分は蒸れており、汗の匂いを醸し出していた。 

口元には押し付けられなくなり、口の自由がきくようになった。

詩織に責められるだけでなく、詩織の前で

客を取っている自分を見せなければいけないこと

情けなさと恥いる思い、何よりことが公になれば

会社にいられない一大事なること。

まずいまずいまずい そんな言葉だけが頭の中をよぎる。

「ほら部長 早く」

足元から詩織の声がする。

意を決してとりあえず、いつもの挨拶を口にした。

「ご主人様 お越しいただきありがとうございます。

本日、お相手をさせていただきます女性専用接待クラブ

ヴィヴィアンの薫と申します。

本日の調教よろしくお願いいたします。」

「ふふふ」

顔の上ではしゃぐように腰を揺らされ、楽しげな笑い声がする。

顔のお尻がつっと上がると、クロッチ部を手でよけたのだろう

まだ濡れてもいないアソコを露出させ、容赦なく押し付けてきた。 

そしてグリグリと擦り付けてくる。 

更に増したツンとする匂いをモロに受け思わず呻く。 

だが容赦なく押し付けて顔面を蹂躙された。

生暖かいやわらかい陰部が直接口に当たってきた。

瞬時ためらったが、舌を出して舐め始めた。

少ししょっぱい味が、舌を刺激した。

「部長があたしのオマンコ舐めた。」

思わず声に出てしまったような、大きな声。

「おいしいですか?部長」

答えるまもなく腰を前後にゆすられ、十分に声にできない。

「おいしです」

「おいしですって・・・ じゃあもっと味あわせてあげるね」

顔に跨った彼女
はぐいぐいと顔に股間
を押し付けてくる。

性器が、口に鼻にこすり付けられ、ツンとした匂いがずーっと続き、

やがてなれていく。

「匂いを嗅ぐの 好い匂いでしょ」

と言いながら笑みを浮かべいるような軽い声がし、私の顔を覗き込んでいるようだった。

股間を口のあたりに強く押し付けられる時は、舌を使う。

何度か腰が前後に動き、よけられたクロッチが元に戻る。

「さぁ 部長 このオマンコは誰でしょう」

グリグリと押し付けられていると、詩織が聞いてくる


IMG_0004.jpg

まったく想像できないまま返答に困っている。

「わからないよね」

「私は、材料管理部のまことでしたぁ」

まことが、アイマスクをはずした。

太ももの間から、陰になった丸い顔が見えた。

以前一時おなじ部署にいた女性であることを

顔を見て思い出した。

「私のこと思い出しました」

「あ ああ 前に同じ部署だった それよりも なんで君が?」

「大丈夫大丈夫 まこっちゃん体育会系だから口固いし、

何より部長にあこがれてたんだって」

「かっこいい部長だと思ってたのに変態だったんですね」

「まことちゃん 今日は部長がおもてなししてくれるから楽しもう」

「わーい 楽しみ」



SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 顔面騎乗

顔面騎乗からの聖水

ブラを外され、仰向けになると、ドンと胸の上にマヒル様が乗る。
両足を持ち上げられると、するりとパンティも脱がされる
「凄いなぁ。またパンツの中はグチョグチョ。これも新品だったのに」
愛液で濡れたおちんちんは、マヒル様の手をスムーズにしごかせた。
どう持たれているのかわからないような手の動きで竿をしごかれる。
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ
男の全てを知っているかのような手の動き。
「あ あん ダメ いきそう」
「まだ、だめよ」
手が離れる。腰が動く。
「まだダメ」
再び手コキ始まる。
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ
「あ あ あっ」
手が離れる。
「きもちいい?ねぇ 薫」
「はい 気持ちいいです」
「まだ大丈夫ね」
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ
「あああ あ あ」
手が離れる。
「ああん あ」
「そんな声出しても逝かせないんだからね」
DSC_1012.jpg
お尻がずり上がってきて、顔の上に。
そして、体が乗ってくるのがわかる。
「薫は、いつもちゃんとお毛毛の手入れしてるんだね。つるつる」
「こんなにクリちゃんを大きくしちゃってぇ、いやらしい。こんなに大きなクリちゃん持ってるなんて羨ましいなぁ」
ジュッポ チュポン
マヒル様の口がペニスを含んだのがわかる。
竿を縦に横に舐めあげ、口に含みしごきあげる。
「うあああ ああ あ 気持ちいいですぅ」

DSC_1013.jpg
DSC_1014.jpg
マヒル様の体が離れ、服を脱がれ、再び顔の上に。
「間違ってるわよね。あなたの仕事は、私を気持ちよくすることでしょ」
マヒル様の茂みが、ヌルヌルしたあそこが顔全体を犯す。
顔の凹凸が、気持ちがいいらしい。腰を振りさらに顔を濡らす。
「ほらっ舌を出して舐めなさい」
「はい」
どこを舐めているのかわからないが、口の上を通るあそこを舐めた。
「もっとちゃんと舐めなさい もっと もっとよ」
息が出来ないぐらい、押しつけられても舐めた。
顔がびちゃびちゃになってくるのがわかる
マヒル様のあそこを直接舐められる喜びと、自分の顔がマヒル様の汁で汚される喜び。
そんな喜びが、ペニクリにも伝わっている。
「ダメダメダメダメいっちゃう」
「ふあだ、だめ」
ペニスを咥えたまま、マヒル様が言い、腰の動きも速さと強さが増してくる。
この顔をつかわれる感じを久しぶりに味わいつつ、舌の表裏を這わせる。
「うっ」
マヒル様が立ち上がるようにし、顔全体に乗ってきた。
胸に手がおかれ、両足が耳の横でぐいと締め付けられ、顔が固定される。
呼吸ができないくらい密着される、それでも舌だけはわずかな割れ目の間を動かし、突起をつかむ。
マヒル様の腰が前後に動き、
「ぐうううう うっ」
ぐうっと締め付けられ、まったく動けなくなり呼吸もできなくなり、かすかに首を上下させる。
「んふうう」
大きな息をしてマヒル様の足がゆるむ。
「はぁあ」
やっと息ができた。そこでマヒル様の両足をかかえ再び舌を使う。
「あっ あ やばい」
マヒル様が体の向きを変える。
「出るよ」
シャー
DSC_1082.jpg
伸ばしていた舌の上に、マヒル様の股間がハマったかと思うと聖水が飛び込んできた。
生温かいしょっぱい、濃い味がする。
舌をだしていたので、うまく受け止めきれず、口の左右にこぼれ頬をつたう。
それでも体勢を整え精一杯口に入れ飲み干す。
DSC_1077.jpg
DSC_1078.jpg
DSC_1079.jpg
DSC_1081.jpg
DSC_1084.jpg

「薫 お掃除もよろしく」
「はい」
顔をあげ、マヒル様を舐める。陰毛についたしずくが鼻につく。
性器のほうにいかないよう舌を使い、できるだけきれいになめとる。
「もういいわ、一回シャワー浴びてきて」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 顔面騎乗 聖水

初めての女王様   顔面騎乗

クリスマスパーティーの時にお会いした楓様との時間。SMの経験は少ないとのこと。
「ちゃんと導いてさしあげるのよ。」
ママから念を押され、一人ホテルへ。テーブルにいくつかの調教グッズを並べ、全裸になり待つと、ほどなくノックの音。玄関先に土下座してお迎えする。
いきなりの全裸の土下座男に、少し足をひかれたが、すぐに入室された。
「御主人様、先日はパーティーにお越しいただきありがとうございました。あわせて、ご指名ありがとうございます。お相手をさせていただきます薫です。本日はお楽しみくださいませ。」
あらためて挨拶をする。
「よろしく・・ね。このすごいことが書いてある名刺の人」
楓様は名刺を取り出され、あらためて目を通された。
「はい」
「あまり経験がないから、よろしく」
「はい 承っております。」
楓様に従い、部屋の中に入り、ソファに座ろうとする楓様に声をかけた。
「人間椅子におかけになりませんか」
「人間椅子?座ってみようかな」
「お命じください」
楓様は命令口調で言われた。
「人間椅子になりなさい」
「かしこまりました」
そこで四つん這いになる。
「重いよ」
背中に楓様が腰掛ける。
「タバコ吸ってもいい?」
「もちろんです。どうぞ」
テーブルの灰皿を背中におかれ、タバコ火をつけられた。
足を組まれ、ゆっくりと煙草を吸われる。
「貴方も、もとからマゾ?」
「もとからというか、女性にお仕えする事に、喜びを感じるよう躾られました。」
「ということは、Sの経験もあり」
「はい、ございます」
「私は元々Mだったけど・・・だんだん、女王様になりたい願望が強くなって」
「そうなんですね。」
「今日が女王様デビュー」
「光栄です。女王様の恰好がご希望と伺ってます。ご用意がございます。お着替えされますか?」
「手伝って」
「かしこまりました」
立ち上がり、楓様の後ろから脱衣を手伝う。
洋服を脱いでいただいて、ハンガーに掛ける。
白いブラのホックをはずし、腕から抜き取る。胸を隠す楓様。
後ろからスカートを下し、ストッキングを丁寧に脱いでいただき、お揃いのパンティをおろす。
大きな白いお尻が目の前に現れる。
黒いボンデージのボディスーツを、足元から吐いていただき、腕を通していただく。
前のファスナーはご自分であげられて、お着替え完了。
豊満な体が、ボディスーツに覆われて、きれいに盛り上がっている。
「人間椅子、他のイスある?」
「もちろんです。ソファがございます」
床に横になり、ひざを曲げた体の上に手で示しながら、
「ご主人様 足を背もたれにして、顔の上に足を置いてください。全身を預けて。おくつろぎください。」
「えーっ」
驚きながらも、うれしそうに体を乗せてこられる。
「重いでしょ」
「いいえ全然、どうぞ足を延ばしてください。顔の上に」
顔に足を置くのは少しためらわれたが、それでも足裏を乗せていただいた。
「臭いよ」
「いえ、いい香りしかしません。ありがとうございます」
「わりと良い座り心地。あったかいし、やわらかいのがいい。それからどうしたらいい?」
顔面騎乗されますか?」
「ええっ それはまだちょっと恥ずかしいかな」
「それでは、その一歩手前まで。」
「一歩手前?」
「はい 胸に座って太ももで顔を挟むようにするんですが・・・」
「胸に座って、太ももで顔を挟む」
楓様が体を起こし、胸にお尻をずらし、両太ももを耳の横にして正座する。
完全に顔を合わせられる状態になる。
「こうなると、主従の関係がはっきりする体勢かと」
「わかる気がする。なんか乗ってる感じがはっきりして、私が上って気がする。これいい!」
「ありがとうございます。ご主人様本日の調教をお決めください」
両足が開き気味なので、圧迫感が物足りないが、支配されている感じは十分にある。
「じゃあ、したかったこと言うね」
楓様は道具を見ながら、思い切ったように言われた。
「犬みたいに連れて歩きたい。縛ってみたい。それと鞭 使ってみたい。この間のパーティでできなかったし・・・後あなたの得意な花瓶も」
「かしこまりました。縛れますか?」
「この間のパーティで、縛られていたやつ。ママに教えてもらったから」
「それでは、奴隷を縛って逃げられなくして、鞭、最後に花瓶という流れでいかがですか。」
「その順番でいい。」
喜ばれた様子で、その場で少し身体を揺すられる。
「このまま少し前に行くと、口がふさがれるよね」
言いながら、前にずれてくる。股間が初めて口にあたり、ふさがれる。
「わあ 恥ずかしいぃ」
あまり体重をかけてこられないので、かすかに呼吸ができる。
「鼻息が生あったかい。生きてる椅子って感じね。これで体重かけるのはあり?」
首をかすかに動かし、うなずく。
前後に身体を揺すられながら、ベストポジションを探すように少しずつ前に動かれる。
口が塞がれ、だんだん息が苦しくなる。かろうじてできる鼻で荒い息使いをする。
「熱い 熱い息がかかるわ。苦しい?」
首を横に動かす。もう少し我慢できる。
「まだ大丈夫そう?そろそろやばいかな。向きかえる。」
だんだん積極的に、やりたいようにふるまい始められた楓様。
「ン…」
言葉を発する間も与えられず、ドンと顔の上にお尻を下してこられる。やわらかなお尻。
たっぷりとした肉の感触が顔を覆う。顔に重みが加わり呼吸ができなくなる。
「これだとぴったりはまるのね。」
今度は太ももで強く顔を挟まれる。
「アハッ 苦しい?でも、どいてあげない」
クスクス笑いながら言われる。
太ももで挟まれ、上から潰される。重みで頭が床に押しつけられる。
心地よい太ももとお尻で四方からの圧力により顔が全く動かせない。
それでも座られてまだ数秒、いきなりの顔面騎乗で呼吸を整える間もなかったから、早くも息苦しくなってくる。
「熱い 息が熱い これ生でやられたらすごい・・・  死んじゃう前に」
楓様が下りてしまわれた。
「じゃ まず この前みたいに犬の散歩」
「はい」
楓様は立ち上がられ、首輪とリードを手に取られる。
立膝でお待ちすると、楓様がかがみこまれ、甘い息を吐きかけながら首ををつけられた。
カチャッと金属の鎖のリードもつけられる。
「いこうか」
「はい」
四つん這いになり、楓様の後をついてあるく。
「わあ ドキドキする」
やわらかそうな大きなヒップをゆすりながら、楓様が前を歩く。
今日はこのお尻につかるんだなぁとぼんやり見ていた。
視線を感じたのか、楓様が振り返り、ちょっと微笑みながら
「お尻を見られのが恥ずかしいけど、それもいい刺激。こんなとこから視線感じたことがないから、ほんとすごいことしてる気になる」
楓様がだんだん饒舌になってくる。
部屋を一回りした後、強くリードを引き、もう一周。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 初女王様 顔面騎乗

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部