FC2ブログ

逆さ吊り  鞭打ち

「さぁて、では変態部長の声でも聞かせてもらおうか。今度は.泣いても叫んでもいいよ。」
アカネ様は鞭先で背中を撫でる。
「ま バラ鞭だから、たいしたことないわ。尻からいくよ」 
最初は軽く、ピシャ、ピシャとお尻を2回鞭でなでられた。
「はっ、はっ・・・。」
なでられただけでも、反応してしまう。

IMG_0830.jpg

いきなり、
バシン!
と鞭をお尻に強く当てられた。
「うっ・・・あぁ・・・いっっぅ…うぅ」
痛さよりも、鞭打ちの音に、刺激を受けた。
「鞭の味でも覚えて貰おうかしら」
バシン!バシン!
左から右からバラ鞭をおとされる。
「見えない背中からは、どこから飛んで来るのか解らんから怖いだろ」
バシン!バシン!バシン!バシン!
足をよじり逃げようとしてしまう。
腰の縄が食い込み痛くなる。
鞭の当たる位置が変わる。
バシン!バシン!バシン!バシン!
太腿にあたり、いっそう身ををよじる。
「うっ・・・うっ・・・うっ」
リズム良く当てられていた鞭が、一呼吸おかれ、お尻に落とされた。
ビシッ!
「いたっ・・・い」
「痛いよね」
ビシッ!
「はぐぅっ」
「もっといい声出せないの」

明らかに打ち方が変わっている。

思いっきりの鞭を感じ始める。
(痛い)
さっきまでの甘い鞭とは全然違う。
鞭とはこんなに痛いものだったのか・・・
ビシッ!
ビシッ!
ビシッ!
無言の中、鞭が振り下ろされる。
足から臀部にかけて微妙にずれていく。

「お前はなんだ」 ビシッ!
「ど、奴隷です」
「女遊びばっかりしてるから、仕返しされてるんだろ」ビシッ!
「はい」
「お前が破った処女膜は何枚だ」
「5枚です」
「よし数えろ」
ビシッ!
「うっひとつ」
ビシッ!
「ふたつ」
ビシッ!
「みっつ」
ビシッ!
「よっつ」
ビシッ!
「いつつ」
「お前がやった女は何人だ」
「20人です」
「よし」
ビシッ!
「はっつ」
「数えるんだよ」
ビシッ!
「ふたつ」
「ばか 勝手に増やすな」
ビシッ!
「今からだ 今から」
ビシッ!
「ひとつ」・・・

20回鞭打たれた。
痛い鞭を受けているだけなのに、
少しずつペニスが硬直を始めた。
「ほぉっー、あはははっ・・・」
アカネ様の笑い声が聞こえる。
「鞭打たれて、チンポ大きくしてるんじゃないよ!!
おまえ真性のマゾなんじゃないかぁー?」
IMG_0828.jpg
前に回ったアカネ様がペニスの紐を引く。
鞭がペニスをサワサワとなでていく。
アカネ様が、少し距離をとる。
ビシッ!
今度は腹部にかけて、横に鞭を振っている。
鞭の影が見え、風を顔に感じると恐怖感と期待感が沸く。
ビシッ!

「奥歯を噛みしめろ! それっ~!」
 ビュッ!ビシッ!
腹…胸、アカネ様が鞭を真横に振り始めた。
「ヒッ! ひぃ…うぅ…ひぃぃ…うくぅ」
少しずつ力の加え方を変化させながら打たれた。
「ひぃっ! い、痛い…」
ビシッ! ビシュッ!
怖さが先にたち、アカネ様から目が離せなくなっていく。
打ち方にリズムがあり、強弱の付け方も巧みな鞭打ちが続く。
恐怖感に心地よさが加わってくる。
「ああぁ…うぐぅ」
 ビシュ! ビシィィ!
「あぁ…うぐぅ…あぁ」
 ビシュ! ビシィィ!
「鞭にお前の汁がついて糸引いたよ」
 ビシュ! ビシィィ!
「蛍光灯でキラキラしてきれいだよ」
ビシュ! ビシィィ!
「痛いと言いながら濡れているのは何故」
 ビシュ! ビシィィ!
「なんでおまえの汁が垂れてるの 言ってみろ!」
 ビシュッ!
「あぁ…か 感じているからです…」
 ビシィッ!
「そう 鞭の悦びを知り始めたんだろ」
ビシィッ!
「うぐぅ・・・あ はい」
ビシィッ!
「かっこつけててもチンポはヌレヌレでイヤらしい変態部長」
ビシィッ!
「痛いと騒いでも、汁垂れ流してチンポおっ立てる変態部長」
ビシィッ!
「変態部長に使われてる、かわいそうな部下の分もお仕置きしてやらないとね」
ビシィッ!
「部下は何人だっけ」
「20人です」
「また20か 50におまけしてやるよ 数えて」
ビシィッ!
「ひとつ」
「お前のような変態に使われている部下の分」
ビシィッ!
「ふたつ」
「お前がいやらしく見ていた女性の分」
ビシィッ!
「みっつ」・・・

リズム良く打つバラ鞭、その音に酔いしれているかのように
合間に、アカネ様から蔑まれるような言葉を投げられる。
痛みに耐えながらその蔑みを享受する。
そうすることで、恥も外聞もない反応がしやすくなっていく。
ビシィッ!
「あぁぁ じゅういち」
ビシィッ!
「ぐぁぁ じゅうに」
声にならない声をあげながら、身をよじる。
 ビシィッ!
「ぐぁぁ じゅうに」・・・

打たれ続けているうちに不思議な感覚になってきている気がした。
鞭打たれればもちろん痛い、でもそれが嫌じゃない。
痛いのが気持ちいいと感じる自分がいる。
新たな被虐嗜好が芽生えてきたと思えてきた。

鞭で打たれ、本当に痛いのは怖い。
しかし、打たれるまでの時間、それを待つ間を好きになる。
打たれた瞬間、痛みをじっと感じているのも好きになる。
苦痛の先に、肉体的な従属だけでなく、次第に精神的にも服従していくプロセスが見えてくる。
心身ともに支配されていく官能と、苦痛と屈辱の中から生まれる新たな快楽。
ビシィッ!
「ぐぁぁ ごじゅう」

IMG_0826.jpg
アカネ様が顔の上に立つ。
「このちんぽが、女を泣かせてきたんだ」
バシン!
「痛い!」
バラ鞭のいく筋かが、裏筋にヒットする。
鋭い痛みがペニスに残る。
バシン!
さっきよりもたくさんの鞭が当たる。
「ぎゃぁっ」
ひと際大きな悲鳴をあげてしまった。
鞭先がペニスから袋までを弾いた。
痛い。とにかく痛い。
「どうだ ちんぽを打たれる気分は?」
「ひ、ヒリヒリして痛いです。もうやめて下さい」
「女の子もそうやって痛い痛いって言ってたろ」
バシン!
「ぎゃぁっ」
「それをこのちんぽは、貫いてきたんだろうが」
バシン!バシン!バシン!バシン!
短く持った鞭を回し、リズミカルにペニスに当てる。
「ぎゃぁっ はぁぁ おおお」
一回一回にさっきほどの鋭い痛みはないが、痛みが引くことがなく、
紐に当たるので、弾くように引かれる紐の痛みとあいまって、いろいろな痛みをペニスに与えられる。
「いい声出る出る」


「お前の尻穴は誰の物だ」
「ああうっ、御主人様の物です」
「よし、いい答えだ」鞭を振り下ろされた。
ピシッ、「ぎゃああっ」

IMG_0825.jpg

「お前のペニスは誰の物だ」
「御主人様の物です」
「もっと大きな声で言え」
「は、はいっ、御主人様の物です」
「よし、ご褒美だ」
また、鞭が振るわれた。
「ぎゃあっ」
「なんだお前、礼は言えないのか」
シュッ、ピシッ、また鞭が振り下ろされた。
「ひいっ! あ、ありがとうございます」

「今日は、このままこれの快感を覚える。」
アカネ様が離れ、体の周りを回りながら鞭を振るわれた。
ビシィッ!
背中に
「うぐぅ…うぅ…あはぁ~」
ビシィッ!
右の腰から腹に
「あはぁ~ぅ」
ビシィッ!
腹から胸に
「はぁ~ぅ」
ビシィッ!
左横腹から背中にかけて
3周4周と位置が変わり、鞭打たれた。
「喘ぎ交じりに躰の反応が変わってきた」
「はい・・・そうです」
 ビシィッ!
「鞭の悦びを知り始めたからだろ 言ってみろ!」
「アカネ様に鞭の悦びを教えていただきました」
ビシィッ!
また鞭を落とされる。
「飲みこみがいいな 変態の才能が目覚めてきただろ?」
ビシィッ!
「あ ありがとうございます・・・うぅ・・・・熱くて・・・いたくて・・・気持ちいいです」
ビシィッ!
「そうか? 満足できそうかぁ」
ビシィッ!
「苦痛の中に快感を見つけたろ」
ビシィッ!
「ううぅぅ…はいぃ」
大きな声で答える。
傍らに近づきペニスを刺激しながら尻頬を鞭打つ。
ビシィ! ピシッ!
「うぐぅ・・・あぁぁぁ~」
「イキたいのか? もっと我慢できるだろう?」
ピシッ!
このまま、いつまでも鞭打たれていたい・・・こんな感情は初めてだ。
ピシッ!
痛いのはつらいし怖い。
ピシッ!
打たれる間に、ふわっと浮き上がるような心地よい感覚が包み込む。
ピシッ!
こういう時を、ずっと待ち焦がれていたような、懐かしいような。
ピシッ!
アカネ様の声が遠くに聞こえる。
ピシッ!
「我慢しないで、言ってごらん どんななってるのよ」
ピシッ!
「痛くて・・・体の奥から、なんか沸いてきて・・・アカネ様の鞭が待ち遠しくて」
叫ぶように声が出る。
ピシッ!
「私の鞭が待ち遠しいの」
「はい こ、こんな世界 はじめて・・・」
ピシッ!
「ほれ! もっと先にいってごらん それっ!」
ビシュッ ビシィー! 
ビシュッ ビシィー! 
ビシュッ ピシィー!

最後に何回も乱打され、厳しい鞭打ちがとまった。
「はあ すっとした」

沈黙の時間が訪れた。
アカネ様の荒い息が少しだけ聞こえた。
甘美な痛みに陶酔した。
全身の力が抜けて、アカネ様のくださった快感に支配されていた。 
心の中はアカネ様に対する服従心で満たされていた。 

この時 完全に アカネ様の鞭打ちの虜になった。

IMG_0827.jpg  
     
SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 吊り責め 逆さ吊り 鞭打ち

片足吊り 鞭打ち ペニス花瓶

頭に脂汗を感じ、何とか立ち上がる。
「あらら 泣いちゃってる?」
気がつかなかったが、右目から涙が落ちている。
楓様が手でぬぐってくださる。
「ああ 大丈夫です。ほんとに、申し訳ありません。お続けください」
「そう それじゃ遠慮なく。逃げられないようにね」
「はい」
天井に張り巡らされた梁に縄をかけ、後手と縛り、その場から動けなくする。
「もう少し縛ってみよう」
楓様は再び膝まづくと、腰に縄をまわし始める。
太股にも縄を回し、不十分ながら股縄が出来上がる。
「うーん 思ったのと違う  ま いっか」
バラ鞭を手に取られる。背中にまわり。
「えい」
立ち位置が近いので、うまく当たらない。
「楓様 少し離れていただいて、ご自分の前で体と平行に鞭を回されるとうまくいきます」
「少し離れて 自分の前で体と平行に鞭を回す」
声に出して確認されながら、鞭の風を切る音がする
ピシッ
「うっつ」
「こういうことね」
ピシッ
今度は遠かった鞭が、近づいてきて背中からお尻にいい感じに当たろはじめる。
「ああっ」
「ほんとに 男ってやつは 浮気ばっかして どうしようもない お仕置きよ」
ピシッ ピシッ 
バラ鞭なので心地よい音が部屋中に響き渡り、楓様も乗ってこられる。
時折鞭を横に振られ、体に巻きつくように鞭が当たる。
その一回が、ペニスに当たる。
「あっ つう」
本気の声が出てしまった。
「あちょっと低すぎた  はあ ちょっと疲れた 熱くなった 窓開けていい」
「はい」
まだ寒い時期ではあったが、暖房のきいた部屋。実際少し暑く感じていたのも事実。
楓様がベッドを乗り越え、窓を開けられる。
隣のビルの窓がすぐそこにある。すりガラスなので、中は分からないが、電気は付いていた。

「はあ もうちょっと縛ってみよう 足吊ってみていい」
「はい」
天井の梁に縄をかけられ、足を縛り縄を引いて持ち上げようとされる。
協力するのだが、縛る段になると落ちてしまう。
「楓様、あのイスを使われると・・・」
「なるほど 早く言ってよ」
洗面所のイスに足をかけ、上がった状態で縛り椅子を外す。
「うん できた ここ緩んじゃったけど」
片足吊りができて満足そうな楓様。

IMG_1345.jpg   
IMG_1344.jpg 

「もうちょっと」
足首にも縄かけをされ、あげられるところまで上げさせられる。
体が固いので、あまりきれいには上がらない。
「うんこういうの見た事ある」

IMG_1346.jpg

再びペニスを弄び始められる。
「そもそもこういうのがあるのがいけないのよ」
ペニスを握り、引き抜くような勢いで引っ張られる。
「うっつ」
次は玉ごと握り、引っ張る。
「あぐうぅ」
「このまま引っ張るんじゃ 気持いいだけよね 何かいい方法ない」
「縛られたらいかがですか」
責めを指定するのは、エゴマゾのようで気が引けたが、楓様の要望にこたえたかった。
「縛る!ここも!縛る!どうやって!大丈夫?」
全く想像されていなかったようで、大きな声で問われる。
「亀頭の下に縄をひっかければ、できると思います。」
「へえ やってみよう」
楓様が立て膝で、亀頭に縄をかけ
「普通に縛るよ」
軽く一重にされる。
「あ 弱いと抜けちゃいます。もう少しきつく」
「えー」
ギュウッと縄を締め縛った縄先を持ち上げる。
「これで抜けないね」
縄先を梁に回し、下に引く。
ペニスが引っ張られ、持ち上げられていく。
縄止めをされ。
「おおお すごい これは見たことない すごい 私がしたとは思えない」
新鮮な楓様の反応にうれしくなる。
ペニス縄をはじかれる。
「うっ」
「ふふ 弦楽器ね」
強く,弱く,ときに引き、上下に左右に揺する。
「あ う んぐ あああ」
「ふふ 面白い その反応いい 人間弦楽器 そうか」
楓様が何かを思いかれ、はじかれたように視界から消えられる。
もどられると手にコンドームと花。
「ここでも花瓶できるじゃん」
コンドームを被せられ、花を鈴口にあてられる。
「入るかな?入るよね」
ゴム越しではあるが、茎の痛みが尿道にあたりつつ
「ここでいけるかな」
先をすこしづつ差し込まれる。
「痛い お許しください ご主人様」
「少しくらい我慢しなさい」
ここは、定番のやり取り
「あっ」
何度か入口あたりを探っていた茎が、ズズッと深くはいってくる。
「おお 入った 入った」
満足げな楓様の声

IMG_1348.jpg

IMG_1347.jpg
ふと顔をあげると、窓の外、隣のビルの窓に人影がある。
すりガラス越しでは、男か女かは分からない。
隣がラブホテルだとわかっているのだろう、開ける様子はない。
それでも、窓の近くを行ったり来たりしている。
「何を見てるの」
顔をあげている事に気がつかれた楓様が聞いてこられる。
「あそこ 人影が」
「えっ あ ほんと」
楓様が、後ろに回られ自らは隠れるようにし、今までよりは少し大きな声で
「ここに変態がいますよ 縛られて、ちんぽに花指して、おっぱいいじられてますよ」
後ろから胸をもみながら、人影にそう語りかける。
「こんなこともされて喜んでます。見てくださぁい」
ペニスを握り、軽くしごく
「あ 中にあるのわかる へえ 先のほうが芯がある感じ あ新鮮」
そういいながらぐりぐりと竿を握る。
尿道の壁に茎が当たり痛い。
「っつ あ いたっつ」
恥ずかしいのと痛いのとで、興奮してくる。
「見てもらえるといいのにね。見られたいでしょ」
「はい 楓様の作品をご覧いただければ」
「うまいこと言う」


テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 片足吊り 鞭打ち ペニス花瓶

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部