FC2ブログ

初めての吊り責め  逆さ吊り

「私はね、小さいころから男の子をやり込めるのが大好きだった。高校に入って最初に付き合った彼がマゾで。最初は普通にセックスしてたんだけど、すぐにアナルをいじってくれとか言われて、ビンタしたり手を縛ったり、聖水かけてってとこまではついていけたけど。黄金を欲求されて、ついていけなくて,,それで別れた。就職してから給料が安くて、SMクラブでアルバイトして、女王様になった。今は普通に仕事してるから、たまに遊んでるだけ。」
急にアカネ様が雄弁になられたのに、ちょっと驚いた。
それでも話しすぎたと思ったのか、立ち上がるアカネ様が座る場所を変えられた。
顔の上に柔らかいお尻が乗ってくる。

IMG_0845.jpg 

「この粗チンじゃ何人満足したことか」
足先がぐりぐりとペニスを踏みつぶす。

IMG_0846.jpg


「私がしっかりとSMを躾けてやるよ。こっちおいで。暴れてもいいようにベッドの上」

立ち上がり、キャリーバッグから大量の縄を取り出し、ベッドに置く。
やや意地悪く笑いを浮かべ、縄を手に手招きをされる。
おずおずとベッドの上に立つ。
「跡つけるなと言われてるから、これで我慢してやる。手袋して、手を後ろに回して」
後ろ手にきっちりと縛られる。
(うまいな)
そう感じた。
たいして痛くなく、それでいてきっちりと緊縛感がある。
(ああこんなこともわかるようになったか)
さっきの堕落感を噛み締めながら、拘束されていくことへの期待と心地よさを意識してしまう。
両手の自由が利かなくなると、むしろ心が開放される気がする。
縛られたほうが、覚悟ができる。

腰にきつく何本かの縄が巻かれ、左右の股にも通される。
「ここは特別」
赤い紐がペニスに縛り付けられる。

IMG_0808.jpg

腰の左右に縄を通すと、天井の梁に引っ掛けまず右側から体重をかけ引きおろす。
右の腰が浮く。
吊られることはわかるが、最終的な自分の体勢が見当つかない。
同じように左を吊られる。
少しだけつま先立ちになる。
足首を高い位置で縛られるとその縄も梁を通す。
アカネ様がかがんで足を肩に担ぐようにする。
少しずつ立ちあがられる。
「えっ ちょっと」
頭が後ろに下がっていく。
後ろに何もないと、下にベッドがあるとわかっていても恐怖感がよぎる。
「大丈夫 大丈夫」
立ち上がりつつ、足首の縄尻を引いていかれる。
上に足が見え、ベッドに頭がつく。
右の腰の縄がずれる。
「あ ちょっと失敗 何でかな」
まぶしい天井の照明の中に自分の両足とペニスが見える。
心臓が痛いほどにうつ。
IMG_0810.jpg 

「で これっと」
ペニスの赤い紐を梁に通し引っ張る。
「出来上がり、ちょっと失敗だけど」
アカネ様がベッドから下りる。
IMG_0812.jpg 

吊りも初めてなら、いきなりの逆さ吊り
初めて見上げる自分の下半身。
被虐感とも恐怖感とも判断のつかない興奮がある。
IMG_0817.jpg

アカネ様が戻ってくる。
「残念だね。お前の姿見えないよな」
ベッドの頭のカーテンを開ける。
壁一面が鏡になっている。
自分の目に自分の姿は映らない。

IMG_0830.jpg

アカネ様が後ろから足を指でなぞる。
こそばゆさで体を揺らす。
お構いなしの指がお尻なぞる。
逃れようもない快感が下半身を襲う。
前に回ると、ペニスの紐を容赦ない勢いで引かれる。
「あれ 先走りがたれてる。興奮してんだ変態部長」

IMG_0815.jpg  

「ほんとに変態だなぁ。」
アカネ様がベッドに寝転び、耳元でささやく。
「お前がこの後どうなるかわかるか。」
バラムチが顔の上で振られる。
「このムチで、思いっきり叩かれるんだよ。お前が泣かしてきた女の分。お前が破ってきた処女の痛みの分。お前に命令されてる部下の分。幾つ叩かれるんだろうねぇ」
アカネ様の足が伸びる。
ペニスを踏まれる。

IMG_0813.jpg

「興奮してるちんぽも叩いてやるからな。いい声だして鳴くんだよ。ここが縮みあがるくらい痛い思いをさせてやるから」
グリグリと足が回される。
ペニスが捩じれる。
「あ ぐ」
「こんなもんじゃないよ」
足に力がこもる。
IMG_0814.jpg 

「さあ 覚悟はできたかな。 ショータイム 変態マゾ部長の逆さ吊り鞭打ちの始まり」


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 吊り責め 逆さ吊り

逆さ吊り  鞭打ち

「さぁて、では変態部長の声でも聞かせてもらおうか。今度は.泣いても叫んでもいいよ。」
アカネ様は鞭先で背中を撫でる。
「ま バラ鞭だから、たいしたことないわ。尻からいくよ」 
最初は軽く、ピシャ、ピシャとお尻を2回鞭でなでられた。
「はっ、はっ・・・。」
なでられただけでも、反応してしまう。

IMG_0830.jpg

いきなり、
バシン!
と鞭をお尻に強く当てられた。
「うっ・・・あぁ・・・いっっぅ…うぅ」
痛さよりも、鞭打ちの音に、刺激を受けた。
「鞭の味でも覚えて貰おうかしら」
バシン!バシン!
左から右からバラ鞭をおとされる。
「見えない背中からは、どこから飛んで来るのか解らんから怖いだろ」
バシン!バシン!バシン!バシン!
足をよじり逃げようとしてしまう。
腰の縄が食い込み痛くなる。
鞭の当たる位置が変わる。
バシン!バシン!バシン!バシン!
太腿にあたり、いっそう身ををよじる。
「うっ・・・うっ・・・うっ」
リズム良く当てられていた鞭が、一呼吸おかれ、お尻に落とされた。
ビシッ!
「いたっ・・・い」
「痛いよね」
ビシッ!
「はぐぅっ」
「もっといい声出せないの」

明らかに打ち方が変わっている。

思いっきりの鞭を感じ始める。
(痛い)
さっきまでの甘い鞭とは全然違う。
鞭とはこんなに痛いものだったのか・・・
ビシッ!
ビシッ!
ビシッ!
無言の中、鞭が振り下ろされる。
足から臀部にかけて微妙にずれていく。

「お前はなんだ」 ビシッ!
「ど、奴隷です」
「女遊びばっかりしてるから、仕返しされてるんだろ」ビシッ!
「はい」
「お前が破った処女膜は何枚だ」
「5枚です」
「よし数えろ」
ビシッ!
「うっひとつ」
ビシッ!
「ふたつ」
ビシッ!
「みっつ」
ビシッ!
「よっつ」
ビシッ!
「いつつ」
「お前がやった女は何人だ」
「20人です」
「よし」
ビシッ!
「はっつ」
「数えるんだよ」
ビシッ!
「ふたつ」
「ばか 勝手に増やすな」
ビシッ!
「今からだ 今から」
ビシッ!
「ひとつ」・・・

20回鞭打たれた。
痛い鞭を受けているだけなのに、
少しずつペニスが硬直を始めた。
「ほぉっー、あはははっ・・・」
アカネ様の笑い声が聞こえる。
「鞭打たれて、チンポ大きくしてるんじゃないよ!!
おまえ真性のマゾなんじゃないかぁー?」
IMG_0828.jpg
前に回ったアカネ様がペニスの紐を引く。
鞭がペニスをサワサワとなでていく。
アカネ様が、少し距離をとる。
ビシッ!
今度は腹部にかけて、横に鞭を振っている。
鞭の影が見え、風を顔に感じると恐怖感と期待感が沸く。
ビシッ!

「奥歯を噛みしめろ! それっ~!」
 ビュッ!ビシッ!
腹…胸、アカネ様が鞭を真横に振り始めた。
「ヒッ! ひぃ…うぅ…ひぃぃ…うくぅ」
少しずつ力の加え方を変化させながら打たれた。
「ひぃっ! い、痛い…」
ビシッ! ビシュッ!
怖さが先にたち、アカネ様から目が離せなくなっていく。
打ち方にリズムがあり、強弱の付け方も巧みな鞭打ちが続く。
恐怖感に心地よさが加わってくる。
「ああぁ…うぐぅ」
 ビシュ! ビシィィ!
「あぁ…うぐぅ…あぁ」
 ビシュ! ビシィィ!
「鞭にお前の汁がついて糸引いたよ」
 ビシュ! ビシィィ!
「蛍光灯でキラキラしてきれいだよ」
ビシュ! ビシィィ!
「痛いと言いながら濡れているのは何故」
 ビシュ! ビシィィ!
「なんでおまえの汁が垂れてるの 言ってみろ!」
 ビシュッ!
「あぁ…か 感じているからです…」
 ビシィッ!
「そう 鞭の悦びを知り始めたんだろ」
ビシィッ!
「うぐぅ・・・あ はい」
ビシィッ!
「かっこつけててもチンポはヌレヌレでイヤらしい変態部長」
ビシィッ!
「痛いと騒いでも、汁垂れ流してチンポおっ立てる変態部長」
ビシィッ!
「変態部長に使われてる、かわいそうな部下の分もお仕置きしてやらないとね」
ビシィッ!
「部下は何人だっけ」
「20人です」
「また20か 50におまけしてやるよ 数えて」
ビシィッ!
「ひとつ」
「お前のような変態に使われている部下の分」
ビシィッ!
「ふたつ」
「お前がいやらしく見ていた女性の分」
ビシィッ!
「みっつ」・・・

リズム良く打つバラ鞭、その音に酔いしれているかのように
合間に、アカネ様から蔑まれるような言葉を投げられる。
痛みに耐えながらその蔑みを享受する。
そうすることで、恥も外聞もない反応がしやすくなっていく。
ビシィッ!
「あぁぁ じゅういち」
ビシィッ!
「ぐぁぁ じゅうに」
声にならない声をあげながら、身をよじる。
 ビシィッ!
「ぐぁぁ じゅうに」・・・

打たれ続けているうちに不思議な感覚になってきている気がした。
鞭打たれればもちろん痛い、でもそれが嫌じゃない。
痛いのが気持ちいいと感じる自分がいる。
新たな被虐嗜好が芽生えてきたと思えてきた。

鞭で打たれ、本当に痛いのは怖い。
しかし、打たれるまでの時間、それを待つ間を好きになる。
打たれた瞬間、痛みをじっと感じているのも好きになる。
苦痛の先に、肉体的な従属だけでなく、次第に精神的にも服従していくプロセスが見えてくる。
心身ともに支配されていく官能と、苦痛と屈辱の中から生まれる新たな快楽。
ビシィッ!
「ぐぁぁ ごじゅう」

IMG_0826.jpg
アカネ様が顔の上に立つ。
「このちんぽが、女を泣かせてきたんだ」
バシン!
「痛い!」
バラ鞭のいく筋かが、裏筋にヒットする。
鋭い痛みがペニスに残る。
バシン!
さっきよりもたくさんの鞭が当たる。
「ぎゃぁっ」
ひと際大きな悲鳴をあげてしまった。
鞭先がペニスから袋までを弾いた。
痛い。とにかく痛い。
「どうだ ちんぽを打たれる気分は?」
「ひ、ヒリヒリして痛いです。もうやめて下さい」
「女の子もそうやって痛い痛いって言ってたろ」
バシン!
「ぎゃぁっ」
「それをこのちんぽは、貫いてきたんだろうが」
バシン!バシン!バシン!バシン!
短く持った鞭を回し、リズミカルにペニスに当てる。
「ぎゃぁっ はぁぁ おおお」
一回一回にさっきほどの鋭い痛みはないが、痛みが引くことがなく、
紐に当たるので、弾くように引かれる紐の痛みとあいまって、いろいろな痛みをペニスに与えられる。
「いい声出る出る」


「お前の尻穴は誰の物だ」
「ああうっ、御主人様の物です」
「よし、いい答えだ」鞭を振り下ろされた。
ピシッ、「ぎゃああっ」

IMG_0825.jpg

「お前のペニスは誰の物だ」
「御主人様の物です」
「もっと大きな声で言え」
「は、はいっ、御主人様の物です」
「よし、ご褒美だ」
また、鞭が振るわれた。
「ぎゃあっ」
「なんだお前、礼は言えないのか」
シュッ、ピシッ、また鞭が振り下ろされた。
「ひいっ! あ、ありがとうございます」

「今日は、このままこれの快感を覚える。」
アカネ様が離れ、体の周りを回りながら鞭を振るわれた。
ビシィッ!
背中に
「うぐぅ…うぅ…あはぁ~」
ビシィッ!
右の腰から腹に
「あはぁ~ぅ」
ビシィッ!
腹から胸に
「はぁ~ぅ」
ビシィッ!
左横腹から背中にかけて
3周4周と位置が変わり、鞭打たれた。
「喘ぎ交じりに躰の反応が変わってきた」
「はい・・・そうです」
 ビシィッ!
「鞭の悦びを知り始めたからだろ 言ってみろ!」
「アカネ様に鞭の悦びを教えていただきました」
ビシィッ!
また鞭を落とされる。
「飲みこみがいいな 変態の才能が目覚めてきただろ?」
ビシィッ!
「あ ありがとうございます・・・うぅ・・・・熱くて・・・いたくて・・・気持ちいいです」
ビシィッ!
「そうか? 満足できそうかぁ」
ビシィッ!
「苦痛の中に快感を見つけたろ」
ビシィッ!
「ううぅぅ…はいぃ」
大きな声で答える。
傍らに近づきペニスを刺激しながら尻頬を鞭打つ。
ビシィ! ピシッ!
「うぐぅ・・・あぁぁぁ~」
「イキたいのか? もっと我慢できるだろう?」
ピシッ!
このまま、いつまでも鞭打たれていたい・・・こんな感情は初めてだ。
ピシッ!
痛いのはつらいし怖い。
ピシッ!
打たれる間に、ふわっと浮き上がるような心地よい感覚が包み込む。
ピシッ!
こういう時を、ずっと待ち焦がれていたような、懐かしいような。
ピシッ!
アカネ様の声が遠くに聞こえる。
ピシッ!
「我慢しないで、言ってごらん どんななってるのよ」
ピシッ!
「痛くて・・・体の奥から、なんか沸いてきて・・・アカネ様の鞭が待ち遠しくて」
叫ぶように声が出る。
ピシッ!
「私の鞭が待ち遠しいの」
「はい こ、こんな世界 はじめて・・・」
ピシッ!
「ほれ! もっと先にいってごらん それっ!」
ビシュッ ビシィー! 
ビシュッ ビシィー! 
ビシュッ ピシィー!

最後に何回も乱打され、厳しい鞭打ちがとまった。
「はあ すっとした」

沈黙の時間が訪れた。
アカネ様の荒い息が少しだけ聞こえた。
甘美な痛みに陶酔した。
全身の力が抜けて、アカネ様のくださった快感に支配されていた。 
心の中はアカネ様に対する服従心で満たされていた。 

この時 完全に アカネ様の鞭打ちの虜になった。

IMG_0827.jpg  
     
SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 吊り責め 逆さ吊り 鞭打ち

鞭打ちの跡がほしかった。

「今日はこっちは使えなかったからね」
アカネ様は尻たぶを押し開いて、肛門を剥き出した。
「太さは何センチくらいまで入れたことあるんだっけ」
「たぶん2~3センチかと」
「そんなもん もっといけんだろ」 
吊られ揺れる腰を、楽しそうに引き寄せる。IMG_0822.jpg

IMG_0824.jpg


「オマンコみたいな立て筋がはいった、いやらしいケツの穴、

今度のときは、花でいっぱいにしてやるな」


IMG_0821.jpg

縄が解かれ始め、ベッドに上に降ろされる。
右腰がむず痒いように痛い。
赤い筋がついている。
(跡になるな)
鞭打ちではなく、吊られた縄跡が残ることになった。
少し残念に思った。
鞭打ちの跡がほしかった。


「お前そこで横になってろ」
アカネ様は床を指し示され、シャワーを浴びにいかれる。
しばらくして戻ってこられた時は、会った時と同じスーツ姿。
「よいしょっと 」
顔の上にお尻が降りてくる。
「舐めたりすんなよ」
かろうじて呼吸ができる程度に口をはずしてやわらかい尻肉が目の上にある。
カチン
化粧を始められたような音がし、甘いにおいがかすかに漂う。
簡単に化粧を直されたようだった。
「変態部長今度はペニバンで犯して、人間花瓶な。もっとみっともない姿をさらさせてやるよ」
「はいお待ちしてます」
「ここにも花刺してやるな」
ペニスを足で示されそう宣言された。
鞭も・・・そう言いそうになった。 

SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 逆さ吊り アナル

逆さ吊り アナル花瓶 鞭

アカネ様がスマホを操作している間、休憩をいただいた。
「さあ もうワンプレイ行こうか」
「えっ まだですか」
ぱぁぁん
気持ちよいくらい振り切った平手打ちを食らう。
「お前の返事は はい 」
「はい 申し訳ありません」
じぃいーーんとした頬をそのままに、土下座して謝る。
正直体力的にはもう限界に近い。何より2回も抜かれた後では気持ちの高ぶりがない。
逝って逝かせて終わりと思っていたが、甘かったと思いなおし、気持ちを立て直す。
「この間はうまくできなかったからリベンジだ」
逆さ吊りのことだと、ピンとくる。
前回同様後ろ手に縛られる。腰にハーネスのように縄を巻かれ、両足に縄がけされ、ペニスも前回と同じ赤い紐で縛られる。
前回と違うのは、足首と手首にサポーターがない。
このほうがじかに縄を感じられて心地よい。
痛みがなく、拘束感がある縛り、手際良くかけられていく縄が本当に気持ちいい。
天井の梁に縄を通しカラビナを垂らす。
「さあ行くよ」
両腰に縄を結び針を通し引き上げられる。足が浮くようになる。精一杯のつま先立ちで補助する。
これもまた前回同様、足を両肩に抱えられ、ブランコの状態から後ろに倒される。
頭を支えられながらゆっくり頭が下がる。頭は畳につく。
「お前の脚が短いから、ひっくり返しても頭がついちゃうんだ」
お尻をパチンとたたかれ、アカネ様がペニス縄をひく。
ベッドの上でない分天井が遠く見え、脚先の縄が長く吊るされた感が強い。
IMG_0874.jpg
「おお きれいきれい この間は失敗したけどまだ腕は落ちてないと証明できたな」
赤いペニス縄を引きながらアカネ様は満足げにつぶやく。
IMG_0876.jpg
「せっかくだから写真に撮っとこう」
前回よりも恐怖感はない。性的な興奮は少しずつ高まってくる。
顔の上をアカネ様がまたいでいく。ノーパンのミニスカートの中がちら見えする。
IMG_0875.jpg
「はい」
口に花を一本くわえさせられる。
IMG_0879.jpg
「さあつぎはこっちか」
後ろに回ったアカネ様は、尻肉を広げアナルの位置を確認し、つばをはきかけ、申し訳程度に塗りたくる。
「このくらい入るだろ。せっかくお花屋さんがきれいにまとめてくれたんだから」
束ねたままコンドームをつけ、ねじ込むようにアナルに入れてきた。
「ぐ 痛い あ 無理です ああ」
「ちっ めんどくせぇなぁ」
舌うちしローションを手に取りアナルに塗りこむ、指を入れ奥まで流し込むと再び花束をねじ込む。
「あああ あ」
一気にねじ込まれるが、今度はするりと入り込んでくる。括約筋がまだ緩んでいる。
「おお だいぶゆるゆるのケツマンコ 花束落とすなよ」
IMG_0880.jpg
IMG_0877.jpg
IMG_0882.jpg
IMG_0883.jpg
IMG_0881.jpg
「さあ お前は今日いくつミスをしたでしょう」
不意にアカネ様が聞いてくる。
顔の前にはがひらひらしている。
「え あ 3つくらい」
花を咥えた口で答える。
「バ~カ 私を玄関でお迎えしたこと 畳を我慢汁で汚したこと フェラが下手くそだったこと 私の許可なく逝ったこと 私のあそこを見たこと 舐めたこと さっきまたとか言ったこと 10はあるな ということは」
バチイィン
「うんぐぅ 1回」
思い切りよくを腹に受ける。
バチィイン
「ぐうぅう 2回」
「100回受けられるかな  というより私が振れるかなだな」
バチィィン
アナルの花が落ちる。
「花を落としたな 10追加だ」
バチィイ バチィイ 
体の周りを回りながら、まんべんなくが振り下ろされる。集中しない分痛みが少ないが、全身がほてってくる。
何より体力のない体は、叩かれるたびに反射的に身をよじるのだが、それも限界が来る。
腹筋が落ち、縄に寄りかかるようになり、ペニスに足首に引っ張られる痛みが増してくる。
バチィイ バチィイ 
「15」
口に咥えた花が落ちる。
「もっとがほしいんだ」
バチィイ バチィイ 
背中に回られると、右に左に乱打される。
「あああ ぎゃあ」
恥も外聞もない声を張り上げ叫ぶ。
「いいね いい叫びだ もっと聞かせろ」
「うんぎゃあ ゴホ」
むせかえりながら叫び声を上げ続ける。
そうすることが、自分もプレイに酔い、アカネ様ものってくださることをさっき躾けられている。
長い時間と思われる打ちが終わった。
体はあちこち特に背中からお尻がジンジンとしほてっている。
無言で、縄を解かれ下ろされる。
後ろ手を解かれるが、もう動く元気はない。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 逆さ吊り アナル花瓶

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部