FC2ブログ

股縄で射精

「だめだめですねぇ。そんなにそのこぶが気に入ったならね」
縄を口にくわえさせられた。
「ご自分でどうぞ。」

IMG_0316.jpg

「ご自分で好きなように動かされたらどうです?部長」
咥えさせられた縄を、首を上下にして刺激してみる。
(だめだ緩む)
今度は、足を進めながら腰をつかう。
あごにすごい圧が来る。
それでも、やめたくない。

IMG_0317.jpg

「変態部長」
背中から詩織が鞭を振るう。
「ふぐぅ」
「淫乱な奴隷部長」
「ぐっ」
「もっと腰を振りなさい」
「うぁい」
腰をを前後に振る。
大きなこぶが亀頭をカリをえぐるように刺激する。
「もっと激しくできるでしょ」
詩織が鞭を振るい続ける。
「うぁい」
激しく小刻みに腰を振り始めた。
ある瞬間、こぶがカリをめくりあげ通過し、尿道口にキンとした刺激があり
絶妙な快感を与えた。
「ぐう」
快感が腰を覆い、太ももの辺りから背中をじいぃんとしびれさせた。
「うっ」
ドクン・・・ 射精してしまった。
腰がビクビクと動き、脚がガクガク震え、力が入らない。
「うんっ うんっ」
意識してはできないような、ビクビクとした下半身の動きの中、
ペニスからザーメンが二度三度ドクドクと流れ出てくるのがわかる。
大きく崩れ、腰を引いてしまう。
「あれいっちゃった?変態部長。うっそー」
詩織が、鞭を乱打してくる。
鞭打たれての反応と射精の反応とがあわさって、
ビクビクとした腰の動きが止まらない。
「変態部長 逝くときは言ってくれなきゃ。っていうかここで逝かせるつもりじゃなかったのに」
乱打する鞭が、だんだんおざなりになる。
「そんなに縄が気に入っちゃたんですか。しょうがないですね。」
鞭を放り投げ、鞄から何かを取りにいった。
情けなく腰をかかがめ、屈辱とも羞恥ともつかないみっともない思いで、
ただ縄を咥えて立っている。
射精後の股間の生温かい感触の中、ペニスが縮んでいく。
(情けない)
本当にお漏らしをしてしまったような、いたたまれい思い。
なんでもいいからこの状況を早く終わらせてほしかった。
(次の命令を)
そんな思いのまま、腰をかがめ立ちつくしていた。
IMG_0318.jpg


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 股縄 射精

アナル花瓶で射精

「ちょっと寒くなったね。閉めておこう」
窓を閉められ、
「私だけ楽しんじゃ悪いもん。あなたも楽しんでもらわなきゃ」
いったん全部解かれた縄を、再び後手にかけられる。
「ベッドに乗って」
両足を持ち上げられ、梁に縛られる。楓様がお尻の脇に座り、その場に花束を置いたのは気配でわかった。
「すっごい お尻の穴丸見え 恥ずかしくない?」
「恥ずかしいです」
楓様がお尻を指先でなぞる。
「じゃあ もっと恥ずかしがって。」
さらに手のひらでお尻を無で回しながら、
「アナル丸見え。わかるでしょ?」
アナルという言葉を耳にした瞬間、括約筋がキュッと締まったのを感じた。
「あっ締まったね もっと動かしてみて」
お尻の穴に力を入れ、閉じたり開いたり。
「ここに指入れるのは、別の勇気がいるね」
「一応、綺麗にはしてきております。ゴムを使われれば」
「そうね」
ゴムごしの指の感触が、肛門に押し当てられる。
ゆっくりと力がこもり、アナルを広げられていく。
「もっと、声を出して」
「あああ 恥ずかしいです。もう止めてください」
「ダメ まだ ダメ」
細い指が、するりと一番狭いところを抜けた。
「あっ入った。こんなことするの初めてだから、こっちがすごいドキドキする」
指が曲げられ、腸壁をかく。
「ああそんなことしないでください」
「へへ 感じ出てきた。」
曲げられた指が、アナルをひっかけるようにして抜かれる。
「肛門の弾力がいいわね」
再び指が入ってくると、中で曲げアナルをひっかくように抜けていく。
何度か同じようにされた後
「もう一本入るかな」
2本目の指を肛門に押し当てられ、一層押し広げられ入ってくる。
「体の中って温かい。濡れてていやらしさを感じるとこなんだ。男の人があそこに指を突っ込むとこういう感じなんだって、よくわかるわ。穴に入れてくなる気持ちわかる気がする」
そんなことをいいながら、上下に指を動かされる。
「あ あ あ ああ あ気持ちいです」
「気持ちいなんだ ハハ もっと気持ちよくなっていいわよ」
「あ ありがとうございます。 あ 気持ちいい」
「でも、こっちは大きくはならないんだ」
「申し訳ありません」
「でも気持ちいいんだよね。ホントに」
「はい ほんとに気持ちいでいす あ あ」
「いく?」
「いえ まだ・・・」
楓様は指を動かす速度を上げ、お尻の中を掻き混わし、そして指を出したり入れたりする挿入運動を繰り返し始めた。
「ああああああああああぁぁ」
「あぁぁん」
指でアナルを嬲られるという屈辱的な羞恥の快感の淵に、だんだんと堕ちていく。
楓様の指をしっかりと咥え込み、締め付けているのがわかる。
「ほんとに、気持ちいいんだ、お尻の穴が指を締めつけてくる。中に吸い込まれていくみたい」
「あぁぁ・・・気持ち・・・ぃぃぃ・・・お尻の・・・あな・・・ぃぃ・・・」
もう我慢できず、アナルが感じていることを素直に口にする。
楓様はしたい放題にアナルと直腸を弄んでいる。
「お尻の穴で感じてる。ちんぽからも汁が垂れてきた」
楓様の顔が、恍惚とした表情を浮かべている。
「腕が疲れちゃった。やっぱり、お花を生けないといけないって。それじゃあ、楽しんでもらおっか まず一本目」
指を抜かれると、花を手に取り、穴に差し入れてくる。
「あああ」
「ぽっかり口開けてるから、どっこまで入るかな あ 結構入るもんね」
茎の先が、腸壁のあちこちにぶつかりながら入ってくる。
「二本目  三本目」
「あああ う 」
「もっと入るかな」
四本目を入れようとされたとき、全部抜けてしまった。
「あっ 申し訳ありません」
「あらら 全部抜けちゃった」
今度はまとめて押し込まれる。
アナルを大きく広げられる快感。ゴムごしに腸壁を擦りながらも茎がお尻を満たしていく快感。
どちらも興奮を呼び、高ぶりを呼び覚ます。
「ああ いいです 太い 硬い ああ素敵です楓様」
「へえこういうのがいいんだ」
まとまった花を何回か上下に動かされる。
「あ あ それ いい あ」
「あっ ちょっと大きくなってきた。お尻に穴で感じるんだ。ホントのマゾなんだ」
「あ あ はい薫はマゾです。お尻の穴犯されて感じる うっ」
射精してしまった。
「わあ 出た 垂れる すごい こんなの初めて見た」
「ああ 申し訳ありません。楓様のお許しもなくいってしまいました」
「いいわよ いいもん見せてもらったから、許してあげる」
楓様が、キスをしてくださった。
「残った花は、ここに差しとけばいいのね」
花束を口に差し入れられた。


IMG_1351.jpg
IMG_1352.jpg
IMG_1350.jpg
IMG_1353.jpg IMG_1354.jpg IMG_1355.jpg IMG_1356.jpg  
IMG_1357.jpg

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : アナル花瓶 射精

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部