FC2ブログ

クンニご奉仕

珍しく男が部屋までついてくる。

「全部脱いで、ベッドに横になれよ 上向きな」

「えっ」

「悪いな、大の字に縛っておけって命令なんだよ」

「そうか」

全裸でベッドに横になり、両手両足を広げる。

男が動き回って、その手足に枷をつけ、動けなくしてしまう。

最後に再び目隠しをされる。

「じゃな がんばれよ」

男が出て行く様子が聞こえる。

するといつの間に入室していたのか、入れ替わるように、

顔の横にドンとベッドの沈む感触があり、

顔に、柔らかく、きつい匂いのする股間が押し付けられた。

前を向いて座っていることが、締め付けてくるひざがはっきりとわからせてくる。

縮れた陰毛が、じょりじょりと鼻先をくすぐる。

舌を出す余裕もなく、押し付けられる股間はすでにぐちゃぐちゃにぬれていた。

鼻から口から目の辺りまで激しく前後し、時折深く顔の凹凸の使える場所を探るように

こすりつけられ、都合のいい場所で何度もグラインドする。

「あんなの見せられたら、我慢できなくなるよね」

ただ一方的に、快楽のために顔を使われている。

ひとしきり動いた後に、動きが止まる。鼻奥にツーンっと来るアンモニアと

チーズのような濃厚な香りを感じさせながらねっとりした襞が口と鼻をふさぐように下りてくる。

ご奉仕の番だと判断し、割れ目の先に舌を当てる。

頭を少しだけ動かし、ミドリ様の体の位置を探る。

鼻筋に陰毛の毛先が当たり、鼻孔が体の恥丘の端を感じたところで、

ゆっくりと頭を前後しながら、鼻筋を端から割れ目に沿ってなぞるように動かす。

「もっと舌を出して、舌先と裏のやわらかい部分を使って下から上に舐めて。」

言われるままに、下から上に、舌の表裏を使いながら舐めあげる。

「あぁあっ、気持ちいぃ すごく気持ちぃい  舌が、舌がめっちゃあったかくて気持ちいい
 
もっと奥まで、もっと深くまで舌入れてっ!」

精一杯、奥まで舌を入れてみる。

「ビラビラも、もっと吸って~!」

動かせる範囲で首を左右に動かし、唇で左右の襞をつかむように吸いつき、

軽く引く。

「はぁあん…。気持ちいぃ…。」

「めっちゃ気持ちいい、もっとおまんこの中まで舌入れて…」

「あんっ、気持ちぃい…!舌を尖らせて奥までもっと入れて~!」

吐息が荒くなり、感じているのが伝わってくる。

舌を精一杯長く伸ばして、舐めれば舐めるほど開かれた陰唇の中央からは、

愛液があふれ出てくるようだった。

ミドリ様は、体を後方にずらし、顔の下に移動すると両手で自らの陰唇を開いたようだった。

「フフッ、愛液美味しい?言っとくね。穴をなめられるのは好きだよ。クリも大好きだからね」

その言葉を聴き、左右に柔らかい襞の感触を感じながら、舌を上に伸ばす。

唇にピンと張った襞のすべりを感じつつ、一本の割れ目のその先のむき出しであろう

クリトリスを見つけに舌を動かし・・・尖りを探り当てる。

「あん」

今度は舌を固定し、頭を前後に振り舌と鼻がクリトリスに当たるようにしてみる。

ミドリ様はクリトリスの刺激をすべて享受するように、腰を押し付け始めた。

「はぁぁぁぁん。ヤバい。気持ちいいぃ。」

「もっと、もっとしてえぇ。。!!」

頭を手で掴みながら太ももでガッチリと顔を固定し、ものすごい勢いで顔面の上で

腰を振りはじめた。


「あっあっ、気持ちいいっ、気持ちいいっよ。もっと、もっとクリ舐めて、もっともっとぉぉ」 

ミドリ様は激しく腰を振ってくる。

両手両足を縛られて、目隠しをされている分、全神経が口と舌そして鼻に集中している。

ミドリ様の太ももがギュウと締め付けられよりいっそう顔が股間に押し付けられ、

息ができなくなった。

そのとき腰が大きく跳ねた。

「あぁ・・・ダメ。   あ、あぁ~・・・いくっ くっ」

何度かビクビクと痙攣しながら絶頂に達したのを、顔全体で感じた。



「ごめんなさいね。息苦しかったよね」

不意に股間が離れ、顔に風があたる。足が顔をまたいでいく。

大きく息を吸う。






SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]








女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : クンニ

舐め奉仕

ママは当たり前のように足を投げ出す。

足をとってマッサージをさせて頂く。

DSC_0063.jpg

「今日は、朝からブーツを履きっぱなしだったから相当匂うよ。」

そういいながら鼻に足を押し付けられる。

親指を無理やり鼻を突っ込まれる。

「よーく匂って」

深呼吸させられました。

ツンとした匂いの後、甘い匂いがする。

「どう?」

楽しげに尋ねられる。

「ありがとうございます。とても良い香りです。」

と返す。

「舐めて!」

舌先を足に這わせる。

「指の間もね。」

DSC_0064.jpg

ストッキング越しではうまくいかないが、指の股に舌を差し入れるようにして掃除していく。

指を一本々口に含んで吸い取るようにしていく。

「あっ、それ気持ちいいかも。後 足の裏もね」

今度は足の裏を丁寧に舐めさせて頂く。


「今度はこっちね」

長い脚を大きく開き、自分の股間を指差した。

両足の間に座ると、ママの手が伸びて髪の毛を掴み、頭を引き寄せ、股間に押しつけられる。

パンティの股布のところに鼻を擦りつける。

「こっちの匂いはどう」

「かぐわしい ママの匂いです。」

「かぐわしいんだ。ふーん。ほら、私のアソコ、舐めたかったんでしょ。

 いいのよ、遠慮しないで舐めて。」

DSC_0065.jpg

黒いパンティごしにアソコを舐めさせられる。

布ごしにママの陰唇の形をなぞるようにして舐めあげる。

パンティが唾で濡れると、徐々に陰唇が浮き彫りになってくる。

「あ、そうよ。ああ、いい気持ち。」

ママの太腿が、頭を強くはさみ、自分の股間に抑えつける。

DSC_0067.jpg



SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店] 女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : クンニ

クンニ奉仕

「ほら、こっち向いて」
と言いながら足で身体の向きを変えさせられた。
天井を見上げた顔に、足の裏を乗せられた。
足裏がしっとりと濡れたように蒸れて柔らかくなってる。
足指が顎のほうに向くように顔を踏まれる、鼻の穴を広げるように土踏まずのあたりで
顔を嬲りながら、のぞきこんでくる。
「お前はね私の匂いや、味に興奮する奴隷になるの。
私の匂いを嗅いだり、舐めて味わいながら、そうやって私の物にしていくの」
そう言いながら、足指を口の中にねじ込まれる。
顎をあげ舌を出し、口の中に突っ込まれた爪先をチュパチュパ音を立て、しゃぶる。
「口だけじゃなくて、もっと鼻鳴らして嗅ぎなさい。もっと!」
かかとを鼻に押し付けられ、くんくんと鼻を鳴らしながら、足の匂いをかぐ。
足が擦るように動くと、もっと鼻の穴がめくれるように広げられた。
しばらく、足裏を味わいつくしていた。

つま先で顎のあたりをひっかけるようにされ、再びうつ伏せになる。
「次は、もっと濃厚なのを味あわさせてあげるわ。」
再びつま先で顎を持ち上げられる。
ベッドサイドに腰かけ、大きく足を開いたミホ様がいる。
目の前に、薄い緑のパンティがある。
「さ、そこでこっちの匂いも嗅ぎなさい」
鼻を鳴らし、くんくん嗅ぐ。
「ほら、こっちの方がいい匂いがするんじゃない?」
「はい いい匂いがします。」
「そうでしょ。今日は、お前のために、トイレの後拭くのを我慢して汚したから。」
「はい ありがとうございます」
「おまえはもう、この匂いを忘れてはいけないのよ。もっと嗅ぎなさい!」
股間を凝視しながら、目の前に股間がある状態で、鼻を突きだすようにし匂いを嗅ぐ。
ツーンとする強烈な臭気が鼻孔を刺激する。
「匂い覚えた?」
「はい」
「じゃ、次はこの匂いよ」
目の前の突き出された股間に食い込んだパンティ、それは布地の表側まで汚れがかすかに通っている。、
ミホ様は大きく開いた股間に自らの指を押し付ける。
 「よ~く見ててごらん」
パンティの真中に、船底のようなしみがついてくる。
その中心は、見る間に愛液がしみだすような勢いで、パンティの色を変えている。
「表面からでもシミがわかるでしょ?」
「はい。わかります」
「舌出して」
ちょろっと舌を出す。
「あら、舐めたくないって事かしら?」
精一杯舌を出す。
「私のシミを舐められるのよ。うれしいのよね。」
「はいうれしいです」
しみの跡をなぞるように、舌を動かす。

IMG_0155.jpg

クロッチの上部に舌を這わせると、何度か染み込んでは乾いた聖水の濃い塩味が、舌をピリピリと刺激する。
その臭気を吸い込みながら、ベロベロと舌で味わいながら舐めとっていった。
中心は愛液が、染み出してきている。
味と言っても特別にはない。
むしろ、ここまで近づくと、ヨーグルトのような酸性の生臭い匂いが、ミホ様の動きに合わせて匂ってくる。

「舌を、出してなさいよ」
そう言われると、頭を持たれ、舌がシミをなぞるように動かされる。
「シミを舐めさせられてる気分はどうかしら? うれしい?それとも嫌?」
顔を上向かせ、真上から、見つめるように聞かれる。
「うれしいです」
「どんな味がしたの?」
「ちょっと、しょっぱくて、いい匂いがして」
「私の愛液や、聖水の味よ。気に入った?」
「はい」

IMG_0154.jpg

「よーく味と匂いを覚えなさい」
ミホ様の股間に顔を押し付けられ、脚を後頭部に回して、両膝でロックされ圧迫されながら、匂いを覚えさせられました。
ときどき圧迫を緩めて、顔を覗き込まれ、
「どんな匂いがする?」
「いい匂いです~」
しばらくそのままあそこの味と匂いを嗅がされた。

「じゃ、もっと、味と匂いが味わえるようにしてあげる」
ミホ様はクロッチの横から手を入れ、裏返しにした。
ドロドロに汚れたクロッチが目に入る。
てかてか光っているのは、今付いた新しい愛液。
黄色や白色、かすかに茶色の部分は、トイレの後拭いてない為のシミだろう。
「よく見なさい」
クロッチの汚れを見せつけられる。
「舐めたいでしょう?」
「はい」
「違うでしょう。舐めさせてくださいって、お願いしてごらん」
「な・・舐めさせてください・・」
「もっと感情込めて、そうね、ミホ様の汚れたパンティ舐めさせて下さいって言いなさいよ」
「ミホ様の汚れたパンティー舐めさせて下さい」
IMG_0156.jpg
「はい。よく言えました。よ~く味わいなさい」
ドロドロのクロッチの裏側に舌を這わせた。
パンティの汚れを直接舐めている。
「湿って汚れたパンティ、チュウチュウ吸ってもいいのよ。ほら。」
「はい。吸わせていただきます」
言われた通り、布を口に含み、吸う。
「あ~いい。もっと、唾を出すようにして、シミは落ちないわよ」
いったん舐めだすと興奮し、言われた通り必死で舐めている。
「溶かした汚れは、飲み込むのよ」
「はい」
唾液で溶かした汚れを喉を鳴らしてのみこむ。
ほんのわずか舌先についたものが、ピリリとした苦さを残した。


SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]




 




女性の為の大人のおもちゃ通販「さくら」








テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : クンニ

舌奉仕

撮影会を終え、部屋に入る。
「薫 これちょっと動かして」
テーブルとソファを窓と平行にし、外が見えるように動かす。
「ふう 今日暑いね 汗かいちゃった」
するりとブルーのワンピースを脱ぐ。
スタイルのいい体に、白い下着が奇麗。
「それじゃあ 舐めて」
ソファに腰掛け、右腕をあげ脇を指差す。
「はい」
脇に舌をはわせる。甘い香水の香りの中に、汗の匂いが一瞬つんと鼻をさす。舌先に湿った肌の感触。
「ダメダメ 先っぽじゃなくて、全体を使ってべろんと舐めるの」
言われるままに舌を思いっきり出して、下から上に舐めあげる。
「そうそう 舐め残しの無い様にね」
やわらかな肉の感触、すべすべ舌肌の感触。味わいつくすように丁寧に舐めあげる。
「はい 反対」
左脇も同じように丁寧に丁寧に舐めつくす。
「はいつぎ」
未来様が慣れた手つきでブラを外す。きれいな乳房がこぼれ出る。
両手で、胸を隠す用に持ち上げる。
「この胸の下も汗かくのよね」
乳房の下、体を抱くようにしながら顔を横にして舌を使う。
豊かな乳房の感触が顔にあたり心地いい。
そんな役得を味わいながら、乳房の汗を舐める。
「つぎね」
未来様がテーブルの上に、右足を投げ出す。
乳房から離れる名残惜しさを感じつつ、テーブルの反対側に周り、親指から一本ずつ舌を這わせる。
指間も丁寧に舐める。ずっと運転したいた足は、すれた匂いがする。
それでもかかとから土踏まずも、ためらいもなくきれいにさせていただく。
「もういいよ」
両足を終え、未来様がさっきの水をテーブルの上に、
「飲んでいいよ」
一気に一口大きく飲む。そしてもう一口。口の中がいつものように戻る。
未来様が立ち上がり、ハンドバッグから文庫を持ち出してきて、パンティを脱いで、ソファのひじ掛けにもたれるように掛けなおす。
「テーブルをこっちに動かして」
ソファの右側にテーブルを置きなおし、前を開ける。
「後はここね」
大きく足を広げられる。オマンコなんて下品な表現をしたくない、きれいなパイパンの割れ目が目の前にある。
左右の肉の盛り上がり、きれいな一本筋。陰唇は小さく、やや赤茶色の割れ目。その真ん中に小さい膣口。
陰唇の上が赤みを帯び盛り上がってクリトリスの存在を教えている。
「こっちからね」
右の肉の盛り上がりの外、足の付け根を指差される。
ゆっくりと目で楽しませていただきながら、指示された場所に舌を這わせる。
その形を舌に感じるように、大きく使い長いストロークでゆっくりと。
むっとする体温の違い。べたついた汗の感触。甘い香水の匂い。つんとくる酸っぱい匂い。
どれもが”男”を呼び覚まし勃起してくるのがわかる。女装させられていることを忘れそうになる。
顔にかかる長い髪と熱い頭が、かろうじて自分の姿を自覚させる。女性としてふるまえるよう、優しく優しく舌を使う。
「そろそろ反対もね」
「はい」
反対側の付け根も同じように舐めあげていく。
「じゃ 真ん中 しばらくそこでいいわ でも激しくしないの。逝かすことは考えない ゆっくりと大きくただなめるだけよ」
「はい」
言われるままに、”男”を抑え”女”として、唾液をたっぷり舌に乗せ、優しく優しく舐める。
未来様が本を読み始める。
妙な孤独感を感じつつ、ご奉仕に集中する。
右の外側k、一つ内側。左の内側、外側。
そしてそのまま戻っていく。何度かそんな舐め方を繰り返した後、大きく真ん中を舐めあげる。
クリトリスを上唇に感じるが、舌を当てないよう、注意しながら舐める。
(逝かせちゃダメなんだ)
そう思いながら、何度も舌を使う。時折息継ぎをしながらひたすらにご奉仕し続ける。
強い刺激を与えないよう、舌を柔らかく使う。
(こんなのでいいのか)
疑問がわきつつも、止められないのだからと同じことを繰り返す。
(逝かせたい)
そう思う自分と
(楽しんでもらわなければ)
そう思う自分との葛藤。
勃起していたペニスがいつの間にかおさまっている。パンティの中が濡れているのがわかる。べたっともにゅるともした感触。
舌には唾液だけではない液体の味が混ざってくる。
たぶん未来様の愛液。あまり深い入りしないよう中心を舐めていく。
顔を精一杯近づけ、下側から上に顔全体を上げ下げしながら舐めあげる。
舌が疲れない工夫でもあるのだが、上まで上がるたびに未来様がピクッと動かれるのがわかる。
「少し出るわ。かおる」
口を開けて止める。
じょじょと聖水が口を潤す。
確かにほんの少し。すべて受け止めて、喉を鳴らし飲み込む。
「そのままでいいわ続けて」
舐め奉仕再開。
そのまま長い時間、奉仕が続く。幸せな思い。心は満たされていく。反面舌は疲れてくる。
体勢を変え、息継ぎをしながらひたすら奉仕。

未来様が本を置く。
両手で頭を掴み、押しつけられる。
「んぐう」
「このまま逝かせなさい」
「はい」
クリトリスを舌で探り、クリトリスの裏筋ともいえる場所から先端へ舌を細かく動かす。
頭を抱える手に力が入る。同じ場所を今度は左右に刺激する。
クリトリスが硬く、ここに奉仕しろと言わんばかりになる。吸いつき唇で押さえるようにし、周りを舌で刺激していく。
「あ あ あ」
未来様が声を上げ始める。
上下左右円運動と、唇を何度も吸いつきなおしながら舌を動かし続ける。
愛液があふれ出てくるのがわかる。
救い取りながら、唾液を混ぜながらぺちゃぺちゃ、じゅるじゅる音を立てる。
「あああ あああ あっ」
ぐうっと足が締まり、両手で押さえつけられ顔が動かなくなる。
舌の動きも制限され、吸いついたまま上下に動かし続ける。
「ふうっ」
大きく息をされ足が緩む。
しかし右手は頭から離れない。続けていいのだと判断し、もう一度左右にゆっくりとそして上下に強くそして円を描き。
舌の付け根が痛いほど伸ばし、時に強く吸いつき、知りうる限りのご奉仕を行う。
「あ あ う ああ あ く あ あ あ いく」
再び強く押し付けられ、両ももに挟まれ、持ち上げられるように顔を押し付けられる。
呼吸ができないほど強く押し付けられ、苦しくも温かく柔らかい腿とお腹の感触を顔中で味わう。
「あ もう一回 もう一回よ」
手が離れ、かかとが後頭部を押してくる。そりかえる体、腕を腰にまわして支えながら顔を振り、膣口からクリを舐め上げ吸いつく。
「あああああ いくぅ」
体が大きく跳ねあがり、戻りまた跳ね上がる。
必死に抑えついていき、クリを外さないようにする。
「いっくっぅ はぁ~」
体から力が抜けていく。

長い長いご奉仕の、幸せな時が終わる。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 舌奉仕 クンニ

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
408位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

複数プレイ 奴隷宣誓 フェラ 手こき アナルバイブ アナル 吊り責め 女装 人間椅子 おしおき 女装撮影 鞭打ち 睾丸責め 股縄歩き  奴隷紹介 ペニス花瓶 ペニバンファック ディルド 逆さ吊り 見せつけオナニー セルフ飲精 顔面踏みつけ オナニー鑑賞 アナルオナニー ヒール踏みつけ 強制射精 アナルビーズ 羞恥撮影 クンニ マゾ奴隷 格闘技 ペニス縄 野外女装 人間花瓶 女装外出 口枷 お掃除フェラ 舌奉仕 聖水 強制オナニー アナル露出 アナル花瓶 射精 洗濯バサミ 顔面騎乗 アナル責め ロウソク責め パンティ 片足吊り 女装メイド アナル指姦 パーティー 足舐め アナルセックス オナニー命令 言葉責め 初女王様 股縄 異物挿入 奴隷誓約書 メイド服 アナルチェック 連続射精 調教 潮吹き 晒し者 ペニス飾り 聖水飲み 下着女装 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部