FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナル花瓶で射精

「ちょっと寒くなったね。閉めておこう」
窓を閉められ、
「私だけ楽しんじゃ悪いもん。あなたも楽しんでもらわなきゃ」
いったん全部解かれた縄を、再び後手にかけられる。
「ベッドに乗って」
両足を持ち上げられ、梁に縛られる。楓様がお尻の脇に座り、その場に花束を置いたのは気配でわかった。
「すっごい お尻の穴丸見え 恥ずかしくない?」
「恥ずかしいです」
楓様がお尻を指先でなぞる。
「じゃあ もっと恥ずかしがって。」
さらに手のひらでお尻を無で回しながら、
「アナル丸見え。わかるでしょ?」
アナルという言葉を耳にした瞬間、括約筋がキュッと締まったのを感じた。
「あっ締まったね もっと動かしてみて」
お尻の穴に力を入れ、閉じたり開いたり。
「ここに指入れるのは、別の勇気がいるね」
「一応、綺麗にはしてきております。ゴムを使われれば」
「そうね」
ゴムごしの指の感触が、肛門に押し当てられる。
ゆっくりと力がこもり、アナルを広げられていく。
「もっと、声を出して」
「あああ 恥ずかしいです。もう止めてください」
「ダメ まだ ダメ」
細い指が、するりと一番狭いところを抜けた。
「あっ入った。こんなことするの初めてだから、こっちがすごいドキドキする」
指が曲げられ、腸壁をかく。
「ああそんなことしないでください」
「へへ 感じ出てきた。」
曲げられた指が、アナルをひっかけるようにして抜かれる。
「肛門の弾力がいいわね」
再び指が入ってくると、中で曲げアナルをひっかくように抜けていく。
何度か同じようにされた後
「もう一本入るかな」
2本目の指を肛門に押し当てられ、一層押し広げられ入ってくる。
「体の中って温かい。濡れてていやらしさを感じるとこなんだ。男の人があそこに指を突っ込むとこういう感じなんだって、よくわかるわ。穴に入れてくなる気持ちわかる気がする」
そんなことをいいながら、上下に指を動かされる。
「あ あ あ ああ あ気持ちいです」
「気持ちいなんだ ハハ もっと気持ちよくなっていいわよ」
「あ ありがとうございます。 あ 気持ちいい」
「でも、こっちは大きくはならないんだ」
「申し訳ありません」
「でも気持ちいいんだよね。ホントに」
「はい ほんとに気持ちいでいす あ あ」
「いく?」
「いえ まだ・・・」
楓様は指を動かす速度を上げ、お尻の中を掻き混わし、そして指を出したり入れたりする挿入運動を繰り返し始めた。
「ああああああああああぁぁ」
「あぁぁん」
指でアナルを嬲られるという屈辱的な羞恥の快感の淵に、だんだんと堕ちていく。
楓様の指をしっかりと咥え込み、締め付けているのがわかる。
「ほんとに、気持ちいいんだ、お尻の穴が指を締めつけてくる。中に吸い込まれていくみたい」
「あぁぁ・・・気持ち・・・ぃぃぃ・・・お尻の・・・あな・・・ぃぃ・・・」
もう我慢できず、アナルが感じていることを素直に口にする。
楓様はしたい放題にアナルと直腸を弄んでいる。
「お尻の穴で感じてる。ちんぽからも汁が垂れてきた」
楓様の顔が、恍惚とした表情を浮かべている。
「腕が疲れちゃった。やっぱり、お花を生けないといけないって。それじゃあ、楽しんでもらおっか まず一本目」
指を抜かれると、花を手に取り、穴に差し入れてくる。
「あああ」
「ぽっかり口開けてるから、どっこまで入るかな あ 結構入るもんね」
茎の先が、腸壁のあちこちにぶつかりながら入ってくる。
「二本目  三本目」
「あああ う 」
「もっと入るかな」
四本目を入れようとされたとき、全部抜けてしまった。
「あっ 申し訳ありません」
「あらら 全部抜けちゃった」
今度はまとめて押し込まれる。
アナルを大きく広げられる快感。ゴムごしに腸壁を擦りながらも茎がお尻を満たしていく快感。
どちらも興奮を呼び、高ぶりを呼び覚ます。
「ああ いいです 太い 硬い ああ素敵です楓様」
「へえこういうのがいいんだ」
まとまった花を何回か上下に動かされる。
「あ あ それ いい あ」
「あっ ちょっと大きくなってきた。お尻に穴で感じるんだ。ホントのマゾなんだ」
「あ あ はい薫はマゾです。お尻の穴犯されて感じる うっ」
射精してしまった。
「わあ 出た 垂れる すごい こんなの初めて見た」
「ああ 申し訳ありません。楓様のお許しもなくいってしまいました」
「いいわよ いいもん見せてもらったから、許してあげる」
楓様が、キスをしてくださった。
「残った花は、ここに差しとけばいいのね」
花束を口に差し入れられた。


IMG_1351.jpg
IMG_1352.jpg
IMG_1350.jpg
IMG_1353.jpg IMG_1354.jpg IMG_1355.jpg IMG_1356.jpg  
IMG_1357.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : アナル花瓶 射精

片足吊り 鞭打ち ペニス花瓶

頭に脂汗を感じ、何とか立ち上がる。
「あらら 泣いちゃってる?」
気がつかなかったが、右目から涙が落ちている。
楓様が手でぬぐってくださる。
「ああ 大丈夫です。ほんとに、申し訳ありません。お続けください」
「そう それじゃ遠慮なく。逃げられないようにね」
「はい」
天井に張り巡らされた梁に縄をかけ、後手と縛り、その場から動けなくする。
「もう少し縛ってみよう」
楓様は再び膝まづくと、腰に縄をまわし始める。
太股にも縄を回し、不十分ながら股縄が出来上がる。
「うーん 思ったのと違う  ま いっか」
バラ鞭を手に取られる。背中にまわり。
「えい」
立ち位置が近いので、うまく当たらない。
「楓様 少し離れていただいて、ご自分の前で体と平行に鞭を回されるとうまくいきます」
「少し離れて 自分の前で体と平行に鞭を回す」
声に出して確認されながら、鞭の風を切る音がする
ピシッ
「うっつ」
「こういうことね」
ピシッ
今度は遠かった鞭が、近づいてきて背中からお尻にいい感じに当たろはじめる。
「ああっ」
「ほんとに 男ってやつは 浮気ばっかして どうしようもない お仕置きよ」
ピシッ ピシッ 
バラ鞭なので心地よい音が部屋中に響き渡り、楓様も乗ってこられる。
時折鞭を横に振られ、体に巻きつくように鞭が当たる。
その一回が、ペニスに当たる。
「あっ つう」
本気の声が出てしまった。
「あちょっと低すぎた  はあ ちょっと疲れた 熱くなった 窓開けていい」
「はい」
まだ寒い時期ではあったが、暖房のきいた部屋。実際少し暑く感じていたのも事実。
楓様がベッドを乗り越え、窓を開けられる。
隣のビルの窓がすぐそこにある。すりガラスなので、中は分からないが、電気は付いていた。

「はあ もうちょっと縛ってみよう 足吊ってみていい」
「はい」
天井の梁に縄をかけられ、足を縛り縄を引いて持ち上げようとされる。
協力するのだが、縛る段になると落ちてしまう。
「楓様、あのイスを使われると・・・」
「なるほど 早く言ってよ」
洗面所のイスに足をかけ、上がった状態で縛り椅子を外す。
「うん できた ここ緩んじゃったけど」
片足吊りができて満足そうな楓様。

IMG_1345.jpg   
IMG_1344.jpg 

「もうちょっと」
足首にも縄かけをされ、あげられるところまで上げさせられる。
体が固いので、あまりきれいには上がらない。
「うんこういうの見た事ある」

IMG_1346.jpg

再びペニスを弄び始められる。
「そもそもこういうのがあるのがいけないのよ」
ペニスを握り、引き抜くような勢いで引っ張られる。
「うっつ」
次は玉ごと握り、引っ張る。
「あぐうぅ」
「このまま引っ張るんじゃ 気持いいだけよね 何かいい方法ない」
「縛られたらいかがですか」
責めを指定するのは、エゴマゾのようで気が引けたが、楓様の要望にこたえたかった。
「縛る!ここも!縛る!どうやって!大丈夫?」
全く想像されていなかったようで、大きな声で問われる。
「亀頭の下に縄をひっかければ、できると思います。」
「へえ やってみよう」
楓様が立て膝で、亀頭に縄をかけ
「普通に縛るよ」
軽く一重にされる。
「あ 弱いと抜けちゃいます。もう少しきつく」
「えー」
ギュウッと縄を締め縛った縄先を持ち上げる。
「これで抜けないね」
縄先を梁に回し、下に引く。
ペニスが引っ張られ、持ち上げられていく。
縄止めをされ。
「おおお すごい これは見たことない すごい 私がしたとは思えない」
新鮮な楓様の反応にうれしくなる。
ペニス縄をはじかれる。
「うっ」
「ふふ 弦楽器ね」
強く,弱く,ときに引き、上下に左右に揺する。
「あ う んぐ あああ」
「ふふ 面白い その反応いい 人間弦楽器 そうか」
楓様が何かを思いかれ、はじかれたように視界から消えられる。
もどられると手にコンドームと花。
「ここでも花瓶できるじゃん」
コンドームを被せられ、花を鈴口にあてられる。
「入るかな?入るよね」
ゴム越しではあるが、茎の痛みが尿道にあたりつつ
「ここでいけるかな」
先をすこしづつ差し込まれる。
「痛い お許しください ご主人様」
「少しくらい我慢しなさい」
ここは、定番のやり取り
「あっ」
何度か入口あたりを探っていた茎が、ズズッと深くはいってくる。
「おお 入った 入った」
満足げな楓様の声

IMG_1348.jpg

IMG_1347.jpg
ふと顔をあげると、窓の外、隣のビルの窓に人影がある。
すりガラス越しでは、男か女かは分からない。
隣がラブホテルだとわかっているのだろう、開ける様子はない。
それでも、窓の近くを行ったり来たりしている。
「何を見てるの」
顔をあげている事に気がつかれた楓様が聞いてこられる。
「あそこ 人影が」
「えっ あ ほんと」
楓様が、後ろに回られ自らは隠れるようにし、今までよりは少し大きな声で
「ここに変態がいますよ 縛られて、ちんぽに花指して、おっぱいいじられてますよ」
後ろから胸をもみながら、人影にそう語りかける。
「こんなこともされて喜んでます。見てくださぁい」
ペニスを握り、軽くしごく
「あ 中にあるのわかる へえ 先のほうが芯がある感じ あ新鮮」
そういいながらぐりぐりと竿を握る。
尿道の壁に茎が当たり痛い。
「っつ あ いたっつ」
恥ずかしいのと痛いのとで、興奮してくる。
「見てもらえるといいのにね。見られたいでしょ」
「はい 楓様の作品をご覧いただければ」
「うまいこと言う」


テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 片足吊り 鞭打ち ペニス花瓶

ペニスビンタ 金玉握り

「ねえ薫さんは結婚してるの?」
「えっ それは・・・」
「あ ごめんなさい。個人情報聞くのはまずいわね。じゃあ 浮気したことある?」
「それは・・・あります」
「へぇ あるんだ。ふぅーん、男ってそういうもの?」
「いやそれは・・・しない人もいるでしょうし・・・」
「そうよね。いろんな人がいるっと。浮気をした罰ね」
楓様が、縄を手に取られる。
「立って」
「はい」
楓様の前に立ち上がる。首輪をはずされる。
「手を後ろに回して」
「はい」
後ろに回られた楓様が手を縛り始める。
優しいが、きっちりと拘束感がある。
胸の上下に縄を回し、脇の下で、きれいにまとめ緊縛感をだされる。
「お上手です」
「さっきママに復習させてもらったから。これしかできないけど」
「十分だと思います」
体の横から、斜めに縄を回し、乳房を持ち上げるようにされる。
「ママの言うとおり、薫さんは胸があるから、女みたいになるね」
IMG_1341.jpg
洗面台の前に連れて行かれる。胸をもみ、乳首をいじりながら
「ほんとに男って、すぐ浮気するし、どうしようもないわよね」
乳首をつねりあげられる。
「あ 痛い」
「女の心の痛みは、こんなもんじゃないの」
「あっ つ あ はい 申し訳ありません」
IMG_1340.jpg
「もっとお仕置きしないと」
執拗に擦られて、こねくり回され、乳首の先端をクニュクニュと潰された。
楓様の指が乳輪ごと胸をギュッ!と強く摘み上げた瞬間に痛みと、体を駆け抜ける電流の様な刺激が走った。
「はあっ うん」
乳首がピリピリとして痛い。
だが、体の中で熱が篭ってきて胸が切ないような、身体の奥からムズムズする感覚が襲ってくる。
「かわいい乳首が摺れて赤くなってきて。エッチに色づいてきた。乳首おいしそう」
指で乳首を引っ張り回していた楓様が長い舌を出して、赤くなった右の乳首を乳輪から舐めまわしはじめた。
濡れた舌を這わせていたと思うと、唇を窄めて乳首に吸い付いた。
「ズッチュチルル~」
「ンッ!」
ビリビリとした鋭い快感が胸から全身に伝わり、声が漏れる。
「可愛い声、もっと聞かせて?」
左の乳首を指で突っ突いた後に、顔を近づけ乳頭の先端部分だけを高速で舐め上げた。
左乳首はくすぐったくも、もどかしい舌技を使われた。
左乳首は強くつままれ、乳輪も乳頭も鬱血しそうな程の激しい責めを受けていた。
左右の乳首でバラバラな快感を与えられた。乳首責めによる快感により確実に感じていた。
「さ こんどはもっとお仕置きしないと」
IMG_1339.jpg
鏡を背に向き直ると、楓様は股間に顔が来るようにしゃがみこんだ。
「こんなもん」
ペン
ペニスをびんたされた。
「あう」
思わぬ責めに、大きく腰を引いてしまった。
「あっ ごめん 強すぎた? 加減が分からなくて」
「いえ 申し訳ありません 平気です。 どうぞお続けください」
「そう じゃ」
ピッツ ビン
手首をきかせ、左右にはじくようにペニスに往復びんたをされる。
「垂らしてんじゃないよ。手が汚れる」
ピッツ ビン
たまに玉に当たり、揺らされる。鈍い痛みが腰に響く。
IMG_1343.jpg
「こんなもんぶら下げて」
金玉を握られる。
「ぐわぁっ」
楓様は握ったまま、顔を見上げながら
「まだ大丈夫」
力を込めてはこられないが、握り続けられる。
「うっ ぐっ」
そのうちに、ニギニギと睾丸を揉み始めた。
「うあ、ぁ、がっ・・・あぁぁあぁっ!」
楓様は睾丸のこりこりした感触を愉しむように、親指と人差し指で玉を挟み込む。
IMG_1342.jpg
右側を、左側を交互に。
かと思えば、玉袋ごと思い切り握り締めたり、苦痛が増すような指の動き。
「うがぁあっ、あぁっ、あぁぁああっ・・・!」
悲鳴をあえて無視するように黙って、 ただ、自分の手の中にある二つの玉にしか興味がないとでもいうように、もてあそばれる。
腰を引かないよう必死に力をこめるが、耐えきれず、しゃがみこんでしまった。
「うぎゃ」
楓様の手が抜ける瞬間、最高の痛みが腰から背中へ抜けた。
「ごめん。やりすぎ?」
「大丈夫です。耐えられなくて申し訳ありません」
初めてのプレイだから、たいしたことはないだろと、たかをくくっていたことを恥じ、
同時に初めてだからこそ加減もないのだと思い知った。

テーマ : SM・緊縛
ジャンル : アダルト

tag : 睾丸責め

プロフィール

薫

Author:薫
接待奴隷 薫
マゾタイプ  
肉体的精神的苦痛で、羞恥心や屈辱を与えてください
お勧めのプレイ 
・責めどころ 
 前立腺 ペニスの裏筋  
・虐げるには 
 チングリ返し バック
・嬲りものに 
 人間花瓶 アナルファック
奴隷挨拶
華道の心得のある方、花瓶としてお使いください。
お待ちしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クロック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
13281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
574位
アクセスランキングを見る>>
ユーザータグ

顔面踏みつけ 口枷 初女王様 奴隷宣誓 ディルド フェラ 吊り責め 女装外出 オナニー命令 アナル花瓶 アナルオナニー 洗濯バサミ 睾丸責め マゾ奴隷 舌奉仕 聖水 片足吊り ペニバンファック おしおき アナル指姦 足舐め 野外女装 奴隷紹介 セルフ飲精  ペニス飾り ペニス縄 言葉責め アナルチェック 羞恥撮影 強制オナニー 逆さ吊り アナル アナルビーズ 異物挿入 股縄 人間花瓶 下着女装 アナルバイブ 連続射精 潮吹き アナル責め 股縄歩き 女装撮影 アナルセックス 強制射精 射精 パンティ 聖水飲み メイド服 見せつけオナニー 鞭打ち ペニス花瓶 晒し者 アナル露出 調教 女装メイド オナニー鑑賞 パーティー ロウソク責め 人間椅子 女装 お掃除フェラ 格闘技 クンニ 複数プレイ ヒール踏みつけ 手こき 顔面騎乗 奴隷誓約書 

アクセスカウンター
CRAZY MANIA
CRAZY MANIA
ウィークエンダー
ウィークエンダー
Face Press
Face Press
素人女子崇拝倶楽部
素人女子崇拝倶楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。